ITパスポート平成30年秋

ITパスポート平成30年秋

後半(テクノロジ系の問題)は,⇒ ITパスポート平成30年秋問57〜

参考:ITパスポート過去問題解説(平成30年秋期)|ITパスポート試験.com

問1から問 35 までは,ストラテジ系の問題です。

問1 表はコンピュータa~d のネットワーク接続(インターネットなどのオープンネ

------------------------------------------------------------------------

 マーケティング戦略の策定において,自社製品と競合他社製品を比較する際に,

差別化するポイントを明確にすることを表す用語として,適切なものはどれか。

 ア インストアプロモーション

 イ ターゲティング

 ウ ポジショニング

 エ リベート

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問02

 ウ ポジショニング

------------------------------------------------------------------------

 インターネットの検索エンジンの検索結果において,自社のホームページの

表示順位を,より上位にしようとするための技法や手法の総称はどれか。

 ア DNS

 イ RSS

 ウ SEO

 エ SNS

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問03

 ウ SEO

------------------------------------------------------------------------

 フレックスタイム制の運用に関する説明 a ~ c のうち,適切なものだけを全て

挙げたものはどれか。

 a. コアタイムの時間帯は,勤務する必要がある。

 b. 実際の労働時間によらず,残業時間は事前に定めた時間となる。

 c. 上司による労働時間の管理が必要である。

 ア a,b

 イ a,b,c

 ウ a,c

 エ b

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問04

 ウ a,c

------------------------------------------------------------------------


問5 機械 XとYを使用する作業 A, B,Cがあり,いずれの作業も機械 X, 機械 Y の順 に使用する必要がある。各作業における機械 X と Y の使用時間が表のとおりである とき, 三つの作業を完了するための総所要時間が最小となる作業の順番はどれか。

ここで,図のように機械 X と Y は並行して使用できるが,それぞれの機械は二つ以

上の作業を同時に行うことはできないものとする。

作業 A 「作業B 作業

表 各作業における機械 XとYの使用時間 機械X の使用時間 | 機械Y の使用時間

[8分

10分 10分

「5分 6分

8分

機械X | 作業員(8分)

作業B(10分)

作業(6分)

機械Y

「作業員(10分)

作業B(5分)

作業(8分)

| 図 機械使用スケジュール(A→B→Cの順で作業したときの例)

ア A→B→C

イ A→C→B

ウ C→A→B

エ C→B→A

-

3

-

________________

問6 ある商品の販売計画及び販売実績は表のとおりとなった。このとき,利益の計画 に対する実績の比率は何%か。ここで,比率の小数点以下は切り捨てて求めるもの

とする。

販売計画

(X)

1,000 円

仕入価格(a)

仕入数(6)

販売実績 | 販売実績/販売計画

(Y)

(YZ/X) 1,000円

100%

1,100 個

110% 1,350 円

90%

1,100 個

110%

1,000

販売価格(c) 販売数(d)

1,500 円

1,000 個

利益(e=cXd-a×b)

50 万円 注記 網掛けの部分は, 表示していない。

ア 77

イ 99

110

129

@@

------------------------------------------------------------------------

 開発したプログラム及びそれを開発するために用いたアルゴリズムに関して,

著作権法による保護範囲の適切な組合せはどれか。

  ====================================

    プログラム    アルゴリズム

  ====================================

  ア 保護されない  保護されない

  ------------------------------------

  イ 保護されない  保護される

  ------------------------------------

  ウ 保護される   保護されない

  ------------------------------------

  エ 保護される   保護される

  ====================================

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問07

  ====================================

    プログラム    アルゴリズム

  ====================================

  ウ 保護される   保護されない

  ====================================

@@

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

 小売業 A 社は,自社の流通センタ近隣の小学校において,食料品の一般的な

流通プロセスを分かりやすく説明する活動を行っている。A 社のこの活動の背景に

ある考え方はどれか。

 ア CSR

 イ アライアンス

 ウ コアコンピタンス

 エ コーポレートガバナンス

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問08

 ア CSR

------------------------------------------------------------------------

 "クラウドコンピューティング" に関する記述として,適切なものはどれか。

 ア インターネットの通信プロトコル

 イ コンピュータ資源の提供に関するサービスモデル

 ウ 仕様変更に柔軟に対応できるソフトウェア開発の手法

 エ 電子商取引などに使われる電子データ交換の規格

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問09

 イ コンピュータ資源の提供に関するサービスモデル


------------------------------------------------------------------------

 コーポレートガバナンスに基づく統制を評価する対象として,最も適切なもの

はどれか。

 ア 執行役員の業務成績

 イ 全社員の勤務時間

 ウ 当該企業の法人株主である企業における財務の健全性

 エ 取締役会の実効性

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問10

 エ 取締役会の実効性

------------------------------------------------------------------------

 企業が,他の企業の経営資源を活用する手法として,企業買収や企業提携があ

る。企業買収と比較したときの企業提携の一般的なデメリットだけを全て挙げた

ものはどれか。

 a. 相手企業の組織や業務プロセスの改革が必要となる。

 b. 経営資源の活用に関する相手企業の意思決定への関与が限定的である。

 c. 必要な投資が大きく,財務状況への影響が発生する。

 ア a

 イ a,b,c

 ウ a,c

 エ b

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問11

 エ b

------------------------------------------------------------------------

 コンプライアンスに関する事例として,最も適切なものはどれか。

 ア 為替の大幅な変動によって,多額の損失が発生した。

 イ 規制緩和による市場参入者の増加によって,市場シェアを失った。

 ウ 原材料の高騰によって,限界利益が大幅に減少した。

 エ 品質データの改ざんの発覚によって,当該商品のリコールが発生した。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問12

 エ 品質データの改ざんの発覚によって,当該商品のリコールが発生した。

------------------------------------------------------------------------

 A 社では,受注から納品までの期間が,従来に比べて長く掛かるようになった。

原因は,各部門の業務の細分化と専門化が進んだことによって,受注から出荷ま

での工程数が増え,工程間の待ち時間も増えたからである。経営戦略として,

リードタイムの短縮とコストの削減を実現するために社内の業務プロセスを抜本的

に見直したいとき,適用する手法として,適切なものはどれか。

 ア BCM

 イ BPR

 ウ CRM

 エ SFA

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問13

 イ BPR

------------------------------------------------------------------------

 ISO (国際標準化機構) によって規格化されているものはどれか。

 ア コンテンツマネジメントシステム

 イ 情報セキュリティマネジメントシステム

 ウ タレントマネジメントシステム

 エ ナレッジマネジメントシステム

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問14

 イ 情報セキュリティマネジメントシステム

------------------------------------------------------------------------

問15 RFP に基づいて提出された提案書を評価するための表を作成した。最も評価点が

高い会社はどれか。ここで, Oは4点, Oは3点, Aは2点, Xは1点の評価点を表す。 また、評価点は,金額, 内容 実績の各値に重み付けしたものを合算して算出する ものとする。

重み

| B社 | C社 | D社 | @ | A

3

| 評価項目 |

金額

内容 | 実績 |

|

A1019

1

ア A社

イ B社

ウ C社

エ D社

------------------------------------------------------------------------

 ある会社の昨年度の売上高は 3,000 万円,年度末の在庫金額は 600 万円,

売上総利益率は 20 % であった。このとき,在庫回転期間は何日か。ここで,

在庫回転期間は簡易的に次の式で計算し,小数第 1 位を四捨五入して求める。

 在庫回転期間=(期末の在庫金額÷1年間の売上原価)×365

 ア 58

 イ 73

 ウ 88

 エ 91

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問16

 エ 91

------------------------------------------------------------------------

 A 社は,営業担当者が日々のセールス活動で利用する営業部門内システム

構築プロジェクトを進めている。このプロジェクトは,システム開発部門長が

プロジェクトマネージャとなり,システム開発部門から選ばれたメンバによって

編成されている。当該システムの業務要件定義を完了するための主要な手続とし

て,適切なものはどれか。

 ア 営業活動方針を基にプロジェクトメンバが描いたシステムのあるべき姿を,

  営業企画担当者に提出する。

 イ 営業部門長と営業担当者から聴取した業務ニーズをプロジェクトメンバが

  整理・要約し,営業部門長と合意する。

 ウ 業務要件としてプロジェクトメンバが作成したセールス活動の現状の

  業務フローを,営業担当者に報告する。

 エ ブレーンストーミングによってプロジェクトメンバが洗い出した業務要件

  を,プロジェクトマネージャが承認する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問17

 イ 営業部門長と営業担当者から聴取した業務ニーズをプロジェクトメンバが

  整理・要約し,営業部門長と合意する。

------------------------------------------------------------------------

 バランススコアカードを用いて戦略立案する際, 策定した戦略目標ごとに,その

実現のために明確化する事項として,適切なものはどれか。

 ア 企業倫理

 イ 経営理念

 ウ 重要成功要因

 エ ビジョン

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問18

 ウ 重要成功要因

------------------------------------------------------------------------

 複数の店舗をもつ小売業A社の業績推移を示す表から読み取れるものはどれか。

 =============================================

         2015 年  2016 年  2017 年

 ---------------------------------------------

 売上高(億円)  6,000   5,500   5,000

 ---------------------------------------------

 営業利益(億円)  600   1,000   1,200

 ---------------------------------------------

 店舗数      300    250    200

 =============================================

 ア 1 店舗当たりの売上高は減少し,営業利益率は増加している。

 イ 1 店舗当たりの売上高は減少し,営業利益率も減少している。

 ウ 1 店舗当たりの売上高は増加し,営業利益率も増加している。

 エ 1 店舗当たりの売上高は増加し,営業利益率は減少している。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問19

 ウ 1 店舗当たりの売上高は増加し,営業利益率も増加している。



------------------------------------------------------------------------

 ある製造販売会社の経営戦略の策定において,取引先との協力の下で,"調達か

ら製造,配送及び販売に至る一連のプロセスの最適化" という戦略目標が掲げら

れた。この戦略目標を実現するために構築する情報システムとして,適切なもの

はどれか。

 ア CRM

 イ POS

 ウ SCM

 エ SFA

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問20

 ウ SCM

------------------------------------------------------------------------

 X 社では,現在開発中である新商品 Y の発売が遅れる可能性と,遅れた場合に

おける今後の業績に与える影響の大きさについて,分析と評価を行った。この取組み

に該当するものとして,適切なものはどれか。

 ア ABC 分析

 イ SWOT 分析

 ウ 環境アセスメント

 エ リスクアセスメント

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問21

 エ リスクアセスメント

 イ 製品の品質が向上する。

------------------------------------------------------------------------

 製品の製造におけるプロセスイノベーションによって,直接的に得られる成果は

どれか。

 ア 新たな市場が開拓される。

 イ 製品の品質が向上する。

 ウ 製品一つ当たりの生産時間が増加する。

 エ 歩留り率が低下する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問22

 イ 製品の品質が向上する。

------------------------------------------------------------------------

 Just In Time の導入によって解決が期待できる課題として,適切なものはどれ

か。

 ア 営業部門の生産性を向上する。

 イ 顧客との長期的な関係を構築する。

 ウ 商品の販売状況を単品単位で把握する。

 エ 半製品や部品在庫数を削減する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問23

 エ 半製品や部品在庫数を削減する。

------------------------------------------------------------------------

 次の計算式で算出される財務指標はどれか。

 当期純利益/自己資本 * 100

 ア ROA

 イ ROE

 ウ 自己資本比率

 エ 当座比率

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問24

 イ ROE

------------------------------------------------------------------------

次の事例のうち,個人情報保護法の規制の対象にならないものはどれか。

 ア 金融商品販売会社の社員が,有名大学の卒業生連絡網を入手し,利用目的

  を公表又は本人に通知することなく,電話で金融商品の勧誘をした。

 イ 自治会の会長が,高層マンション建築の反対署名活動で収集した署名者宛て

  に,自らが経営する商店の広告用チラシを送付した。

 ウ 自動車修理工場の社員が,故障車のレッカー移動の際に知った顧客情報

  基に,後日,その顧客宅に代理店契約している衛星放送の勧誘に訪れた。

 エ 徘徊 (はいかい) していた認知症の老人が所持していたクレジットカード

  を基に,警察が本人の身元を特定して老人を自宅に送り届けた。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問25

 エ 徘徊 (はいかい) していた認知症の老人が所持していたクレジットカード

  を基に,警察が本人の身元を特定して老人を自宅に送り届けた。

------------------------------------------------------------------------

 中堅家電メーカ A 社では,自社の製品群に対する資金投資の優先度を検討する

ために,将来性と競争力によって製品をグループ分けしたい。このとき用いる

分析手法として,最も適切なものはどれか。

 ア 自社製品の価格と客層に関するクラスタ分析

 イ 自社製品の購入顧客に関する RFM 分析

 ウ 自社製品のシェアと市場成長率に関する PPM 分析

 エ 自社製品の不具合の原因に関する主成分分析

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問26

 ウ 自社製品のシェアと市場成長率に関する PPM 分析

------------------------------------------------------------------------

 ある商品を表の条件で販売したとき,損益分岐点売上高は何円か。

 ---------------------

  販売価格 300 円/個 

 ---------------------

  変動費  100 円/個

 ---------------------

  固定費  100,000 円

 ---------------------

 ア 150,000

 イ 200,000

 ウ 250,000

 エ 300,000

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問27

 ア 150,000

------------------------------------------------------------------------

 ソフトウェア開発に関するプロセスを,企画プロセス,要件定義プロセス

プロジェクト計画プロセスシステム開発プロセスソフトウェア実装プロセス

に分ける。現行業務における問題を分析し,新しく導入するシステムによって問題

を改善する業務や新規の業務を明確にして,システム化後の業務の全体像を作成

するプロセスとして,適切なものはどれか。

 ア 企画

 イ 要件定義

 ウ プロジェクト計画

 エ システム開発

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問28

 ア 企画

------------------------------------------------------------------------

 画期的なビジネスモデルの創出や技術革新などの意味で用いられることがある

用語として,最も適切なものはどれか。

 ア イノベーション

 イ マイグレーション

 ウ リアルオプション

 エ レボリューション

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問29

 ア イノベーション

------------------------------------------------------------------------

 BYOD の説明として,適切なものはどれか。

 ア 企業などにおいて,従業員が私物の情報端末を自社のネットワークに接続

  するなどして,業務で利用できるようにすること

 イ 業務プロセスを抜本的に改革し,IT を駆使して業務の処理能力とコスト効率

  を高めること

 ウ 事故や災害が発生した場合でも,安定的に業務を遂行できるようにするた

  めの事業継続計画のこと

 エ 自社の業務プロセスの一部を,子会社や外部の専門的な企業に委託し,業務

  の効率化を図ること

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問30

 ア 企業などにおいて,従業員が私物の情報端末を自社のネットワークに接続

  するなどして,業務で利用できるようにすること

------------------------------------------------------------------------

 記述 a ~ c のうち,技術戦略に基づいて,技術開発計画を進めるときなどに

用いられる技術ロードマップの特徴として,適切なものだけを全て挙げたものは

どれか。

 a.術者の短期的な業績管理に向いている。

 b. 時間軸を考慮した技術投資の予算及び人材配分の計画がしやすい。

 c. 創造性に重きを置いて,時間軸は余り考慮しない。

 ア a

 イ a,b

 ウ a,b,c

 エ b

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問31

 エ b

------------------------------------------------------------------------

 不適切な行為に関する記述 a ~ c のうち,不正競争防止法で規制されている

行為だけを全て挙げたものはどれか。

 a 営業秘密となっている他社の技術情報を,第三者から不正に入手した。

 b 会社がライセンス購入したソフトウェアパッケージを,不正に個人の PC に

  インストールした。

 c キャンペーン応募者の個人情報を,本人に無断で他の目的に利用した。

 ア a

 イ a,b

 ウ a,b,c

 エ b,c

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問32

 ア a

------------------------------------------------------------------------

 情報処理の関連規格のうち,情報セキュリティマネジメントに関して定めたも

のはどれか。

 ア IEEE 802.3

 イ JIS Q 27001

 ウ JPEG 2000

 エ MPEG1

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問33

 イ JIS Q 27001

------------------------------------------------------------------------

 営業部門の組織力強化や営業活動の効率化を実現するために導入する情報システム

として,適切なものはどれか。

 ア MRP

 イ POS

 ウ SCM

 エ SFA

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問34

 エ SFA

------------------------------------------------------------------------

 販売時点で,商品コードや購入者の属性などのデータを読み取ったりキー入力

したりすることで,販売管理や在庫管理に必要な情報を収集するシステムはどれか。

 ア ETC

 イ GPS

 ウ POS

 エ SCM

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問35

 ウ POS

------------------------------------------------------------------------

問 36 から問 56 までは, マネジメント系の問題です。

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトにおけるスコープの変更に該当するものとして,最も適切なもの

はどれか。

 ア プロジェクトで利用する開発場所の変更

 イ プロジェクトに参画する開発メンバの追加

 ウ プロジェクトの一部の作業の外注先の変更

 エ プロジェクトの作業に,顧客が行う運用テストの支援を追加

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問36

 エ プロジェクトの作業に,顧客が行う運用テストの支援を追加

------------------------------------------------------------------------

 ソフトウェア保守に該当するものはどれか。

 ア システムテストで測定したレスポンスタイムが要件を満たさないので,

  ソフトウェアのチューニングを実施した。

 イ ソフトウェア受入れテストの結果,不具合があったので,発注者が開発者に

  プログラム修正を依頼した。

 ウ プログラムの単体テストで機能不足を発見したので,プログラムに機能を

  追加した。

 エ 本番システムで稼働しているソフトウェアに不具合が報告されたので,

  プログラムを修正した。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問37

 エ 本番システムで稼働しているソフトウェアに不具合が報告されたので,

  プログラムを修正した。

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトマネジメントの知識エリアには,プロジェクトコストマネジメント,

プロジェクト人的資源マネジメント,プロジェクトタイムマネジメント,

プロジェクト品質マネジメントなどがある。システム開発のプロジェクト品質マネジメント

において,成果物の品質を定量的に分析するための活動として,適切なものはど

れか。

 ア 完成した成果物の数量を基に進捗率を算出して予定の進捗率と比較する。

 イ 設計書を作成するメンバに必要なスキルを明確にする。

 ウ テストで摘出する不良件数の実績値と目標値を比較する。

 エ プログラムの規模や生産性などを考慮して開発費用を見積もる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問39

 ウ テストで摘出する不良件数の実績値と目標値を比較する。

------------------------------------------------------------------------

 自社開発して長年使用しているソフトウェアがあるが,ドキュメントが不十分

で保守性が良くない。保守のためのドキュメントを作成するために,既存の

ソフトウェアプログラムを解析した。この手法を何というか。

 ア ウォータフォールモデル

 イ スパイラルモデル

 ウ プロトタイピング

 エ リバースエンジニアリング

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問39

 エ リバースエンジニアリング

------------------------------------------------------------------------

 システムに関して "障害からの回復を3時間以内にする" などの内容を,

システム運用側と利用側の間で取り決める文書はどれか。

 ア サービスレベル合意書

 イ ソフトウェア詳細設計書

 ウ 提案依頼書 (RFP)

 エ プロジェクト憲章

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問40

 ア サービスレベル合意書

________________

問41 適切な IT ガバナンスを構築するための役割O~O に関して,それを担う経営者

情報システム部門の責任者の分担の適切な組合せはどれか。

O IT ガバナンスの方針の明確化

2 情報化投資の決定における原則の制定

3 情報システム部門内における役割分担と権限の決定

Q プロジェクト計画に基づいたシステム開発の進捗管理

経営者

情報システム部門の責任者

0, 2

アーィ|ゥ|ェ

O, O 2, 3 2, 0

|

|

0, 4 0, 3

------------------------------------------------------------------------

 1 対 1 で情報の伝達を行う必要があるプロジェクトチームにおいて,メンバが

6 人から 10 人に増えた場合,情報の伝達を行うために必要な経路の数は何倍に

なるか。

 ア 1.5

 イ 2.5

 ウ 3

 エ 6

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問42

 ウ 3

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトマネジメントの活動にはプロジェクトコストマネジメント,

プロジェクトスコープマネジメント,プロジェクトタイムマネジメント,

プロジェクト統合マネジメントなどがある。プロジェクト統合マネジメントにお

いて作成されるものはどれか。

 プロジェクト全体の開発スケジュール

 イ プロジェクト全体の成果物の一覧

 ウ プロジェクト全体の予算書

 エ プロジェクト全体を,実行,監視,コントロールするための計画書

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問43

 エ プロジェクト全体を,実行,監視,コントロールするための計画書

------------------------------------------------------------------------

問44 プログラムのテスト手法に関して,次の記述中の a, bに入れる字の適切な組合

せはどれか。

プログラムの内部構造に着目してテストケースを作成する技法を口と呼 び, b]において活用される。

ァ | ブラックボックステスト |システムテスト

ブラックボックステスト 単体テスト ウ | ホワイトボックステスト | システムテスト エ|ホワイトボックステスト | 単体テスト


@@

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

 監査役が行う監査を,会計監査,業務監査,システム監査情報セキュリティ監査

に分けたとき,業務監査に関する説明として,最も適切なものはどれか。

 ア 財務状態や経営成績が財務諸表に適正に記載されていることを監査する。

 イ 情報資産の安全対策のための管理・運用が有効に行われていることを監査

  する。

 ウ 情報システムを総合的に点検及び評価し,IT が有効かつ効率的に活用され

  ていることを監査する。

 エ 取締役が法律及び定款に従って職務を行っていることを監査する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問45

 エ 取締役が法律及び定款に従って職務を行っていることを監査する。

------------------------------------------------------------------------


 プロジェクトの管理を進捗管理,品質管理,コスト管理と分けた場合,進捗管理

の確認事項として,最も適切なものはどれか。

 ア 結合テストが様々な観点で網羅的に行われているかどうか。

 イ 今後の費用増加はどの程度見込まれるか。

 ウ 作業の遅れが全体日程に与える影響はどの程度か。

 エ 設計の不備を発見するための設計レビュー手順が確立しているかどうか。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問46

 ウ 作業の遅れが全体日程に与える影響はどの程度か。

------------------------------------------------------------------------

 IT サービスを提供するために,データセンタでは建物や設備などの資源を最適

な状態に保つように維持・保全する必要がある。建物や設備の維持・保全に関す

る説明として,適切なものはどれか。

 ア IT ベンダと顧客の間で不正アクセスの監視に関するサービスレベルを合意

  する。

 イ 自家発電機を必要なときに利用できるようにするために,点検などを行う。

 ウ 建物の建設計画を立案し,建設工事を完成させる。

 エ データセンタで提供している IT サービスに関する,利用者からの問合せ

  への対応, 一次解決を行う。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問47

 イ 自家発電機を必要なときに利用できるようにするために,点検などを行う。

------------------------------------------------------------------------

 システム開発プロジェクトにおいて,同じ規模のプログラムを 36 本作成する

計画がある。1 週間当たり 6 本のプログラムを作成できる A 氏だけに依頼する

予定であったが, 計画変更によって, A 氏と, A 氏の半分の生産性の B 氏の 2

名に依頼すること にした。A 氏と B 氏の 1 週間当たりの費用がそれぞれ 30

万円と 20 万円であるとき,当初の計画に比べた費用の変更は幾らか。ここで,

A 氏と B 氏は作業を並行して実施し, A 氏と B 氏の作業効率は常に一定である

ものとする。

 ア 80 万円の減少

 イ 30 万円の減少

 ウ 20 万円の増加

 エ 120 万円の増加

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問48

 ウ 20 万円の増加


------------------------------------------------------------------------

 インシデント管理の目的について説明したものはどれか。

 ア IT サービスで利用する新しいソフトウェアを稼働環境へ移行するための

  作業を確実に行う。

 イ IT サービスに関する変更要求に基づいて発生する一連の作業を管理する。

 ウ IT サービスを阻害する要因が発生したときに, IT サービスを一刻も早く

  復旧させて,ビジネスへの影響をできるだけ小さくする。

 エ IT サービスを提供するために必要な要素とその組合せの情報を管理する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問49

 ウ IT サービスを阻害する要因が発生したときに, IT サービスを一刻も早く

  復旧させて,ビジネスへの影響をできるだけ小さくする。

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトリスクマネジメントは,リスクの特定,リスクの分析,リスク

コントロールという流れで行う。リスクの特定を行うために,プロジェクトに影響

を与えると想定されるリスクを洗い出す方法として,適切なものはどれか。

 ア 許容できる管理限界を設定し,上限と下限を逸脱する事象を特定する。

 イ デシジョンツリーダイアグラムを作成する。

 ウ 発生確率と影響度のマトリクスを作成する。

 エ ブレーンストーミングを関係者で行う

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問50

 エ ブレーンストーミングを関係者で行う

------------------------------------------------------------------------

 メールサービスにおける IT サービスマネジメントの可用性の要件に関する事例

として,適切なものはどれか。

 ア Web ブラウザだけでメールサービスを使用できるようにする。

 イ 定められたメンテナンス時間以外はいつでもメールサービスを使用できる

  ようにする。

 ウ 自分宛てのメールを他人が勝手に読むことができないようにする。

 エ 送信したメールが改ざんされてしまうことがないようにする。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問51

 イ 定められたメンテナンス時間以外はいつでもメールサービスを使用できる

  ようにする。

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトマネジメントの活動には,プロジェクトタイムマネジメント,

プロジェクトコストマネジメント,プロジェクト人的資源マネジメントなどがあ

り,これらの調整を行うプロジェクト統合マネジメントがある。

システム開発プロジェクトにおいて,納期の前倒しを決定した場合の

プロジェクト統合マネジメントの活動として,適切なものはどれか。

 ア クリティカルパスの期間を短縮するために, 作業順序の変更を検討する。

 イ スケジュールを短縮するための増員,費用,短縮可能日数などを比較検討

  する。

 ウ スケジュールを短縮する場合の費用への影響を見積もる。

 エ 要員の投入時期を見直して要員計画を変更する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問52

 イ スケジュールを短縮するための増員,費用,短縮可能日数などを比較検討

  する。

------------------------------------------------------------------------

 情報システム部がシステム開発を行い,品質保証部が成果物の品質を評価する

企業がある。システム開発の進捗は管理部が把握し,コストの実績は情報システム

から経理部へ報告する。現在,親会社向けの業務システムの開発を行っているが,

親会社からの指示でシステム開発業務に対するシステム監査を実施することにな

り,社内からシステム監査人を選任することになった。システム監査人として,

最も適切な者は誰か。

 ア 監査経験がある開発プロジェクトチームの担当者

 イ 監査経験がある経理部の担当者

 ウ 業務システムの品質を評価する品質保証部の担当者

 エ システム開発業務を熟知している情報システム部の責任者

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問53

 イ 監査経験がある経理部の担当者

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトの計画段階で行う作業で,プロジェクトで実施しなければならな

い全ての作業を洗い出し階層構造に整理し,同時にプロジェクトの管理単位を明確化

する手法はどれか。

 ア CRM

 イ ERP

 ウ PPM

 エ WBS

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問54

 エ WBS

------------------------------------------------------------------------

 ある食品メーカでは,食品業界で示された安全基準にのっとって業務を行って

いる。安全基準の改定があったので,社内の基準も対応して改定した。これは

内部統制の四つの目的のうち,どれに該当するか。

 ア 業務の有効性と効率性

 イ 財務報告の信頼性

 ウ 事業活動に関わる法令等の遵守

 エ 資産の保全

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問55

 ウ 事業活動に関わる法令等の遵守

------------------------------------------------------------------------

 サービスデスクの顧客満足度に関するサービスレベル管理において,PDCA サイクル

の A に当たるものはどれか。

 ア 計画に従い顧客満足度調査を行った。

 イ 顧客満足度の測定方法と目標値を定めた。

 ウ 測定した顧客満足度と目標値との差異を分析した。

 エ 目標未達の要因に対して改善策を実施した。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成30年秋問56

 エ 目標未達の要因に対して改善策を実施した。