ITパスポート平成30年春

ITパスポート平成30年春

参考:ITパスポート過去問題解説(平成30年春期)|ITパスポート試験.com

「問1から問 35 までは,ストラテジ系の問題です。

 製品と市場が,それぞれ既存のものか新規のものかで,事業戦略を "市場浸透",

"新製品開発","市場開拓","多角化" の四つに分類するとき,"市場浸透"の事例

に該当するものはどれか。

 ア 飲料メーカが,保有技術を生かして新種の花を開発する。

 イ カジュアル衣料品メーカが,ビジネススーツを販売する。

 ウ 食品メーカが,販売エリアを地元中心から全国に拡大する。

 エ 日用品メーカが,店頭販売員を増員して基幹商品の販売を拡大する。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問01

 エ 日用品メーカが,店頭販売員を増員して基幹商品の販売を拡大する。

------------------------------------------------------------------------

 コンピュータなどの情報機器を使いこなせる人と使いこなせない人との間に生じ

る,入手できる情報の質,量や収入などの格差を表す用語はどれか。

 ア ソーシャルネットワーキングサービス

 イ ディジタルサイネージ

 ウ ディジタルディバイド

 エ ディジタルネイティブ

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問02

 ウ ディジタルディバイド

------------------------------------------------------------------------

 システムのライフサイクルを,企画プロセス,要件定義プロセス,開発プロセス

運用プロセス,保守プロセスとしたとき、経営層及び各部門からの要求事項に基づ

いたシステムを実現するためのシステム化計画を立案するプロセスとして,適切

なものはどれか。

 ア 開発プロセス

 イ 企画プロセス

 ウ 保守プロセス

 エ 要件定義プロセス

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問03

 イ 企画プロセス

------------------------------------------------------------------------

 企業の情報システム戦略で明示するものとして,適切なものはどれか。

 ア IT ガバナンスの方針

 イ 基幹システムの開発体制

 ウ ベンダ提案の評価基準

 エ 利用者の要求の分析結果

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問04

 ア IT ガバナンスの方針

------------------------------------------------------------------------

 システムのライフサイクルプロセスの一つに位置付けられる,要件定義プロセス

で定義するシステム化の要件には,業務要件を実現するために必要なシステム機能

を明らかにする機能要件と,それ以外の技術要件や運用要件などを明らかにする

非機能要件がある。非機能要件だけを全て挙げたものはどれか。

 a. 業務機能間のデータの流れ

 b. システム監視のサイクル

 c. 障害発生時の許容復旧時間

 ア a,c

 イ b

 ウ b,c

 エ c

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問06

 ウ b,c

------------------------------------------------------------------------

 性別,年齢,国籍,経験などが個人ごとに異なるような多様性を示す言葉とし

て,適切なものはどれか。

 ア グラスシーリング

 イ ダイバーシティ

 ウ ホワイトカラーエグゼンプション

 エ ワークライフバランス

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問07

 イ ダイバーシティ

------------------------------------------------------------------------

 企業におけるマイナンバーの取扱いに関する行為 a~c のうち,マイナンバー法

に照らして適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

 a. 従業員から提供を受けたマイナンバーを人事評価情報の管理番号として利用

  する。

 b. 従業員から提供を受けたマイナンバーを税務署に提出する調書に記載する。

 c. 従業員からマイナンバーの提供を受けるときに,その番号が本人のものであ

  ることを確認する。


 ア a,b

 イ a,b,c

 ウ b

 エ b,c


キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問08

 エ b,c

------------------------------------------------------------------------

A 氏は,インターネット掲示板に投稿された情報が自身のプライバシを侵害し

たと判断したので,プロバイダ責任制限法に基づき,その掲示板を運営する X 社

に対して,投稿者である B 氏の発信者情報の開示を請求した。このとき,X 社

がプロバイダ責任制限法に基づいて行う対応として,適切なものはどれか。ここ

で,X 社は A 氏,B 氏双方と連絡が取れるものとする。

 ア A 氏,B 氏を交えた話合いの場を設けた上で開示しなければならない。

 イ A 氏との間で秘密保持契約を締結して開示しなければならない。

 ウ 開示するかどうか,B 氏に意見を聴かなければならない。

 エ 無条件で直ちに A 氏に開示しなければならない。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問09

 ウ 開示するかどうか,B 氏に意見を聴かなければならない。

------------------------------------------------------------------------


 著作物の使用事例のうち,著作権を侵害するおそれのある行為はどれか。

 ア 音楽番組を家庭で DVD に録画し,録画者本人とその家族の範囲内で使用し

  た。

 イ 海外の Web サイトに公表された他人の闘病日記を著作者に断りなく翻訳し,

  自分の Web サイトに公開した。

 ウ 行政機関が作成し,公開している,自治体の人口に関する報告書を当該機関

  に断りなく引用し,公立高校の入学試験の問題を作成した。

 エ 専門誌に掲載された研究論文から数行の文を引用し,その引用箇所と出所

  を明示して論文を作成した。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問10

 イ 海外の Web サイトに公表された他人の闘病日記を著作者に断りなく翻訳し,

  自分の Web サイトに公開した。

------------------------------------------------------------------------


問11 貸借対照表から求められる,自己資本比率は何%か。

単位 百万円

資産の部

負債の部

流動資產合計

100

流動負債合計

160

固定資產合計

500 | 固定負債合計

200

純資産の部

株主資本

240

|

40

80

ウ 125

125

エ 150

150

-

6

@@

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

 A 社では営業部員の行動予定を把握したい。このとき利用するソフトウェア

バリューチェーンの説明として,適切なものはどれか。

 ア 企業が提供する製品やサービスの付加価値が事業活動のどの部分で生み

  出されているかを分析するための考え方である。

 イ 企業内部で培った中核的な力(企業能力)のことであり,自社独自の価値を

  生み出す源泉となるものである。

 ウ 製品や市場は必ず誕生から衰退までの流れをもち,その段階に応じてとる

  べき戦略が異なるとする考え方である。

 エ 全社的な観点から製品又は事業の戦略的な位置付けをして,最適な経営資源

  の配分を考えようとするものである。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問12

 ア 企業が提供する製品やサービスの付加価値が事業活動のどの部分で生み

  出されているかを分析するための考え方である。

------------------------------------------------------------------------

 A 社では営業部員の行動予定を把握したい。このとき利用するソフトウェア

して,最も適切なものはどれか。

 ア CRM ソフトウェア

 イ ERP ソフトウェア

 ウ SCM ソフトウェア

 エ グループウェア

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問13

 エ グループウェア

------------------------------------------------------------------------

 ある業界への新規参入を検討している企業が SWOT 分析を行った。分析結果の

うち,機会に該当するものはどれか。

 ア 既存事業での成功体験

 イ 業界の規制緩和

 ウ 自社の商品開発力

 エ 全国をカバーする自社の小売店舗網

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問17

 イ 業界の規制緩和

------------------------------------------------------------------------

 勤務先の法令違反行為の通報に関して,公益通報者保護法で規定されているも

のはどれか。

 ア 勤務先の監督官庁からの感謝状

 イ 勤務先の同業他社への転職のあっせん

 ウ 通報したことを理由とした解雇の無効

 エ 通報の内容に応じた報奨金

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問18

 ウ 通報したことを理由とした解雇の無効


------------------------------------------------------------------------

 ブレーンストーミングの進め方のうち,適切なものはどれか。

 ア 自由奔放なアイディアは控え,実現可能なアイディアの提出を求める。

 イ 他のメンバの案に便乗した改善案が出ても,とがめずに進める。

 ウ メンバから出される意見の中で,テーマに適したものを選択しながら進め

  る。

 エ 量よりも質の高いアイディアを追求するために,アイディアの批判を奨励

  する。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問20

 イ 他のメンバの案に便乗した改善案が出ても,とがめずに進める。

------------------------------------------------------------------------

問21 不正アクセス禁止法る

------------------------------------------------------------------------

 受発注や決済などの業務で,ネットワークを利用して企業間でデータをやり取り

するものはどれか。

 ア B to C

 イ CDN

 ウ EDI

 エ SNS

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問22

 ウ EDI

------------------------------------------------------------------------

 調達や生産,販売などの広い範囲を考慮に入れた上での物流の最適化を目指す

考え方として,適切なものはどれか。

 ア トレーサビリティ

 イ ベストプラクティス

 ウ ベンチマーキング

 エ ロジスティクス

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問23

------------------------------------------------------------------------

問24 営業秘密の要件に関する記述 a~d のうち、不正競争防止法に照らして適切なも

のだけを全て挙げたものはどれか。

a 公然と知られていないこと 5 利用したいときに利用できること

c 事業活動に有用であること d 秘密として管理されていること

a,b

a,C,od

b,c,d

I c,d

問25

------------------------------------------------------------------------


 製品の開発から出荷までの工程を開発,生産計画,製造,出荷とするとき,

FMS (Flexible Manufacturing System) の導入によって省力化,高効率化できる

工程として,適切なものはどれか。

 ア 開発

 イ 生産計画

 ウ 製造

 エ 出荷

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問25


------------------------------------------------------------------------

法律 a ~ c のうち,内部統制の整備を要請しているものだけを全て挙げたもの

はどれか。

a. 会社法

b. 金融商品取引法

c. 労働者派遣法

 ア a, b

 イ a, b, c

 ウ a, c

 エ b

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問26

 ア a, b

------------------------------------------------------------------------


問27 ある商品の前期,当期2期分の売上高と総費用は表のとおりである。この商品の1

期間の固定費は何千円か。ここで,総費用は固定費変動費の合計であり,固定費 及び売上高に対する変動費の割合は,前期,当期ともに変わらないものとする。

前期

10,000

単位 千円 当期

11,900

9,600

売上高

総費用

9,000

2,400

3,000

3,600

4,000

------------------------------------------------------------------------

 技術開発戦略の立案,技術開発計画の策定などを行うマネジメント分野はどれ

か。

 ア M&A

 イ MBA

 ウ MBO

 エ MOT

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問28

 エ MOT

------------------------------------------------------------------------

問29 航空会社 A社では、経営戦略を実現するために,バランススコアカードの四つの

視点ごとに戦略目標を設定した。b に該当するものはどれか。ここで,a〜d はア~

エのどれかに対応するものとする。

四つの視点

戦略目標

|

利益率の向上

a|

競合路線内での最低料金の提供

b|

c|

機体の実稼働時間の増加 機体整備士のチームワーク向上

d

イ 業務プロセスの視点

ア 学習と成長の視点 ウ 顧客の視点

エ 財務の視点


------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

 プロバイダが提供したサービスにおいて発生した事例のうち,プロバイダ責任制限法

によって,プロバイダの対応責任の対象となり得るものはどれか。

 ア 氏名などの個人情報が書込みサイトに掲載されて,個人の権利が侵害され

  た。

 イ 受信した電子メールの添付ファイルによってウイルスに感染させられた。

 ウ 送信に同意していない宣伝用の電子メールが幾度となく送られてきた。

 エ 無断で IDパスワードを使われて,ショッピングサイトにアクセスされ

  た。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問30

 ア 氏名などの個人情報が書込みサイトに掲載されて,個人の権利が侵害され

  た。


------------------------------------------------------------------------

 インターネットに接続する通信ネットワークを提供する事業者はどれか。

 ア ASP

 イ ISP

 ウ SaaS

 エ SNS

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問31

 イ ISP

------------------------------------------------------------------------

 情報セキュリティマネジメントシステムや品質マネジメントシステムなどの

標準化を行っている国際標準化機構はどれか。

 ア ANSI

 イ CEN

 ウ ISO

 エ JIS

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問32

 ウ ISO

------------------------------------------------------------------------

 情報システムの導入に当たり,ユーザがベンダに提案を求めるために提示する

文書であり,導入システムの概要や調達条件を記したものはどれか。

 ア RFC

 イ RFI

 ウ RFID

 エ RFP

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問33

 エ RFP

------------------------------------------------------------------------

 企業の業務運営における PDCA サイクルのうち,業務の実行状況を KPI に基づい

て測定,評価するものはどれか。

 ア P

 イ D

 ウ C

 エ A

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問34

 ウ C


 マネジメント系の問題です。上を出題,下に張り付け

 PL 法(製造物責任法)によって,製造者に顧客の損害に対する賠償責任が生じる

要件はどれか。

[事象 A] 損害の原因が,製造物の欠陥によるものと証明された。

[事象 B] 損害の原因である製造物の欠陥が,製造者の悪意によるものと証明され

     た。

[事象 C] 損害の原因である製造物の欠陥が,製造者の管理不備によるものと証明

     された。

[事象 D] 損害の原因である製造物の欠陥が,製造プロセスの欠陥によるものと証明

     された。

 ア 事象 A が必要であり,他の事象は必要ではない。

 イ 事象 A と事象 B が必要であり,他の事象は必要ではない。

 ウ 事象 A と事象 C が必要であり,他の事象は必要ではない。

 エ 事象 A と事象 D が必要であり,他の事象は必要ではない。

キーワード

■解答■

 ITパスポート平成30年春問35

 ア 事象 A が必要であり,他の事象は必要ではない。

 

------------------------------------------------------------------------

 システム開発プロジェクトにおけるステークホルダの説明として,最も適切な

ものはどれか。

 ア 開発したシステム利用者や,開発部門の担当者などのプロジェクトに

  関わる 個人組織

 イ システム開発の費用を負担するスポンサ

 ウ プロジェクトにマイナスの影響を与える可能性のある事象又はプラスの影響

  を与える可能性のある事象

 エ プロジェクトの成果物や,成果物を作成するために行う作業

キーワード

■解答■

 ITパスポート平成30年春問36

 ア 開発したシステム利用者や,開発部門の担当者などのプロジェクトに

  関わる 個人組織

------------------------------------------------------------------------

 システム開発プロジェクトにおける,プロジェクト人的資源マネジメントの活動

として,適切なものはどれか。

 ア 外部設計で作成する成果物の種類を決める。

 イ 結合テストのスケジュールを作成する。

 ウ システム要件定義を行うための人件費を見積もる。

 エ プログラミングのスキルを高めるためのトレーニングを行う。

キーワード

■解答■

 ITパスポート平成30年春問37

 エ プログラミングのスキルを高めるためのトレーニングを行う。

------------------------------------------------------------------------

 オンラインモールを運営する IT サービス提供者が,ショップのオーナと SLA

で合意する内容として,適切なものはどれか。

 ア アプリケーション監視のためのソフトウェア開発の外部委託及びその納期

 イ オンラインサービスの計画停止を休日夜間に行うこと

 ウ オンラインモールの利用者への新しい決済サービスの公表

 エ 障害復旧時間を短縮するために PDCA サイクルを通してプロセスを改善す

  ること

キーワード

■解答■

 ITパスポート平成30年春問38

 イ オンラインサービスの計画停止を休日夜間に行うこと

------------------------------------------------------------------------


問39 部門 A と部門 B が利用している情報システムにおいて,サポート部門が,利用者 C から,ネットワーク上のプリンタからレポートが印刷できないという障害の通報 を受けた。レポートの印刷の障害に関して SLA で次のように定めているとき,サポ ート部門の行動のうち,SLA を遵守しているものはどれか。

・障害通報の受付後20分以内に,各利用部門の管理者に障害発生を連絡する。

・障害通報の受付後2時間以内に,障害を解決して通報者及び各利用部門の管理者

に障害復旧を連絡する。

ア 受付後すぐに原因調査を行い,対策を実施した。受付の30分後に利用者: 及び

部門Aと部門 B の管理者に障害発生と障害復旧を連絡した。

イ 受付の10分後に部門 A と部門 B の管理者に障害発生を連絡した。対策を実施し,

受付の1時間後に部門 Aと部門Bの管理者に障害復旧を連絡した。

ウ 受付の10分後に部門 A の管理者,30分後に部門 B の管理者に障害発生を連絡し

た。対策を実施し,受付の1時間後に利用者C及び部門 Aと部門 B の管理者に障害

復旧を連絡した。 エ 受付の15分後に部門 A と部門 B の管理者に障害発生を連絡した。対策を実施し,

受付の1時間後に利用者C及び部門Aと部門 B の管理者に障害復旧を連絡した。

問40

  • 18 -


------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------

  IT ガバナンスに関する記述として,適切なものはどれか。

 ア IT ベンダが構築すべきものであり,それ以外の組織では必要ない。

 イ IT を管理している部門が,全社の IT に関する原則やルールを独自に定め

  て知する。

 ウ 経営者が IT に関する原則や方針を定めて,各部署で方針に沿った活動を

  実施する。

 エ 経営者の責任であり,IT ガバナンスに関する活動は全て経営者が行う。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問40

 エ 利用者問題を自己解決できるように支援すること

------------------------------------------------------------------------

 IT サービスマネジメントにおいて利用者FAQ を提供する目的として,適切

なものはどれか。

 ア IT サービスマネジメントのフレームワークを提供すること

 イ サービス提供者側と利用者側でサービスレベルの目標値を定めること

 ウ サービスに関するあらゆる問合せを受け付けるため,利用者に対する単一

  の窓口を設置すること

 エ 利用者問題を自己解決できるように支援すること

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問41

 エ 利用者問題を自己解決できるように支援すること

------------------------------------------------------------------------

 システム監査の実施後に,評価結果を受けて被監査部門がまとめるものとして,

適切なものはどれか。

 ア 改善計画書

 イ 監査証拠

 ウ サービスレベル合意書

 エ システム監査報告書

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問42

 ア 改善計画書

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトの特徴として,適切なものはどれか。

 ア 期間を限定して特定の目標を達成する。

 イ 固定したメンバでチームを構成し,全工程をそのチームが担当する。

 ウ 終了時点は決めないで開始し,進捗状況を見ながらそれを決める。

 エ 定常的な業務として繰り返し実行される。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問44

 ア 期間を限定して特定の目標を達成する。

------------------------------------------------------------------------

 システム監査を実施することになり監査チームを編成した。チームに参画する

全ての監査人に対して,共通して求められる要件はどれか。

 ア 監査対象からの独立性

 イ 監査対象システムの詳細な技術知識

 ウ 監査対象となっている業務の実務経験

 エ 監査対象部署の問題点に対する改善能力

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問45

 ア 監査対象からの独立性

------------------------------------------------------------------------

 発注したソフトウェアが要求事項を満たしていることをユーザが自ら確認する

テストとして,適切なものはどれか。

 ア 受入れテスト

 イ 結合テスト

 ウ システムテスト

 エ 単体テスト

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問46

 ア 受入れテスト

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトにおけるリスクには,マイナスのリスクとプラスのリスクがある。

スケジュールに関するリスク対応策のうち,プラスのリスクへの対応策に該当する

ものはどれか。

 ア インフルエンザで要員が勤務できなくならないように,インフルエンザが

  流行する前にメンバ全員に予防接種を受けさせる。

 イ スケジュールを前倒しすると全体のコストを下げられるとき,プログラム作成

  を並行して作業することによって全体の期間を短縮する。

 ウ 突発的な要員の離脱によるスケジュールの遅れに備えて,事前に交代要員

  を確保する。

 エ 納期遅延の違約金の支払に備えて、損害保険に加入する。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問47

 イ スケジュールを前倒しすると全体のコストを下げられるとき,プログラム作成

  を並行して作業することによって全体の期間を短縮する。

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトマネジメントにおける WBS の作成に関する記述のうち,適切な

ものはどれか。

 ア 最下位の作業は1人が必ず1日で行える作業まで分解して定義する。

 イ 最小単位の作業を一つずつ積み上げて上位の作業を定義する。

 ウ 成果物を作成するのに必要な作業を分解して定義する。

 エ 一つのプロジェクトでは全て同じ階層の深さに定義する。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問48

 ウ 成果物を作成するのに必要な作業を分解して定義する。


------------------------------------------------------------------------

 IT ガバナンスの説明として,適切なものはどれか。

 ア IT サービスの運用を対象としたベストプラクティスのフレームワーク

 イ IT 戦略の策定と実行をコントロールする組織の能力

 ウ IT や情報を活用する利用者の能力

 エ 各種手続に IT を導入して業務の効率化を図った行政機構

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問49

 イ IT 戦略の策定と実行をコントロールする組織の能力

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトマネジメントの知識エリアには,プロジェクトコストマネジメント,

プロジェクトスコープマネジメント,プロジェクト品質マネジメント,

プロジェクトリスクマネジメントなどがある。プロジェクト品質マネジメントで

行う活動として,適切なものはどれか。

 ア 成果物の受入れ基準などを遵守するために,必要な作業の手順や達成の

  度合いを測る尺度を定めて管理する。

 イ プロジェクトが予算内で完了できるように管理する。

 ウ プロジェクトにマイナスの影響を及ぼす潜在的な事象を特定し,分析した

  上で,対応策を策定し,監視とコントロールを行う。

 エ プロジェクトの成功のために実施する必要がある作業を定義し,管理する。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問50

 ア 成果物の受入れ基準などを遵守するために,必要な作業の手順や達成の

  度合いを測る尺度を定めて管理する。

------------------------------------------------------------------------

 新しく開発した業務システムのテストに,利用部門の立場で参画することになっ

た。利用部門の立場で確認すべき事項として,適切なものはどれか。

 ア 業務上の要件が満たされていること

 イ 個々のプログラムプログラム仕様書どおりに動作すること

 ウ システムが利用するネットワークの監視が決められた手順どおりに実施で

  きること

 エ プログラム間のデータの受渡しが設計書の規定どおりに行われること

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問51

 ア 業務上の要件が満たされていること

------------------------------------------------------------------------

 内部統制における相互けん制を働かせるための職務分掌の例として,適切なも

のはどれか。

 ア 営業部門の申請書を経理部門が承認する。

 イ 課長が不在となる間,課長補佐に承認権限を委譲する。

 ウ 業務部門と監査部門を統合する。

 エ 効率化を目的として,業務を複数部署で分担して実施する。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問52

 ア 営業部門の申請書を経理部門が承認する。

------------------------------------------------------------------------

 情報システムの施設や設備を維持・保全するファシリティマネジメントの施策

として,適切なものはどれか。

 ア 自家発電装置の適切な発電可能時間を維持するために,燃料の補充計画を

  見直す。

 イ 自社のソフトウェアを一元管理するために,資産管理ソフトウェアを導入

  する。

 ウ PC の不正利用を防止するために,スクリーンセーバの設定方法を標準化す

  る。

 エ 不正アクセス防止を強化するために,ファイアウォール設定内容を見直す。

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問53

 ア 自家発電装置の適切な発電可能時間を維持するために,燃料の補充計画を

  見直す。

------------------------------------------------------------------------

 1,800 万円の予算でプログラムを 60 本作成するプロジェクトにおいて,開始後 20 日

経った現在の状況を確認したところ,60 本中 40 本のプログラムが完成し,1,500万円

のコストが掛かっていた。このままプロジェクトを進めた場合,予算に対する

超過コストは何万円か。ここで,プログラムの規模及び生産性は全て同じである

とする。

 ア 300

 イ 450

 ウ 600

 エ 750

キーワード■ 

■解答■

 ITパスポート平成30年春問55

 イ 450


ITパスポート平成30年春問56〜