ITパスポート平成28年春

ITパスポート平成28年春

情報処理技術者試験 / 情報処理技術者試験平成28年春 / ITパスポート平成28年春 

問題https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/openinfo/pdf/questions/2016h28h_ip_qs.pdf

解答:https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/openinfo/pdf/questions/2016h28h_ip_ans.pdf


問1から問34までは,ストラテジ系の小問です。

 連結会計システムの開発に当たり,機能要件と非機能要件を次の表のように分類

した。【 a 】に入る要件として,適切なものはどれか。

機能要件

・国際会計基準に則った会計処理が実施できること

・決算処理結果は,経理部長が確認を行うこと

・決算処理の過程を,全て記録に残すこと

非機能要件

・最も処理時間を要するバッチ処理でも,8時間以内に終了すること

・【 a 】

・保存するデータはすべて暗号化すること


 ア 故障などによる年間停止時間が,合計で 10 時間以内であること

 イ 誤入力した伝票は,訂正用伝票で訂正すること

 ウ 法定帳票以外に,役員会用資料作成のためのデータ自動抽出できること

 エ 連結対象とする会社は毎年変更できること

キーワード

■解答

  ITパスポート平成28年春問01

 ア 故障などによる年間停止時間が,合計で 10 時間以内であること

------------------------------------------------------------------------


 不正アクセス禁止法で規制されている行為だけを全て挙げたものはどれか。

 a Webサイト利用者IDパスワードを,本人に無断で第三者に提供した。

 b ウイルスが感染しているファイルを,誤って電子メールに添付して送信した。

 c 営業秘密の情報が添付されている電子メールを,誤って第三者に送信した。

 d 著作権を侵害している違法なサイトを閲覧した。

 ア a

 イ a,b

 ウ a,b,c

 エ a,d

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問02

 ア a

------------------------------------------------------------------------

 インターネットショッピングにおいて,個人がアクセスしたWebページの閲覧履歴

や商品の購入履歴を分析し,関心のありそうな情報を表示して別商品の購入を促す

マーケティング手法はどれか。

 ア アフィリエイト

 イ オークション

 ウ フラッシュマーケティング

 エ レコメンデーション

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問03

 エ レコメンデーション

------------------------------------------------------------------------

 健全な資本市場の維持や投資家の保護を目的として、適切な情報開示のために

整備されたものはどれか。

 ア クーリングオフ制度

 イ 製造物責任法

 ウ 内部統制報告制度

 エ 不正アクセス禁止法

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問04

 ウ 内部統制報告制度

------------------------------------------------------------------------

 ERP パッケージの特徴として適切なものはどれか。

 ア 業界独特の業務を統合的に支援するシステムなので,携帯電話事業などの

  一部の業種に限って利用されている。

 イ 財務会計業務に限定したシステムであるので,一般会計処理に会計データ

  を引き渡すまでの機能は,別途開発又は購入する必要がある。

 ウ 種々の業務関連アプリケーションを処理する統合業務システムであり,様々な

  業種及び規模の企業で利用されている。

 エ 販売,仕入,財務会計処理を統合したシステムであり,個人商店などの

  小規模企業での利用に特化したシステムである。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問05

 エ 販売,仕入,財務会計処理を統合したシステムであり,個人商店などの

  小規模企業での利用に特化したシステムである。

------------------------------------------------------------------------

 情報システムの構築に当たり,要件定義から開発作業までを外部に委託し,

開発したシステムの運用は自社で行いたい。委託の際に利用するサービスとして,

適切なものはどれか。

 ア SaaS(Software as a Service)

 イ システムインテグレーションサービス

 ウ ハウジングサービス

 エ ホスティングサービス

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問06

 イ システムインテグレーションサービス

------------------------------------------------------------------------

 情報テラシに該当するものはどれか。

 ア PC の新製品情報,各機種の性能を知っていること

 イ 術革新が社会に及ぼす影響を洞察できること

 ウ 業務に必要なデータを検索し,目的に合わせて活用できること

 エ 高度なプログラムを使ってソフトウェアを開発できること

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問07

 ウ 業務に必要なデータを検索し,目的に合わせて活用できること

------------------------------------------------------------------------

 著作権法による保護の対象となるものはどれか。

 ア アルゴリズム

 イ 操作マニュアル

 ウ プログラム

 エ プロトコル

キーワード

■解答

  ITパスポート平成28年春問08

 イ 操作マニュアル

------------------------------------------------------------------------

 大手システム開発会社A社からプログラムの作成を受託している B 社が

下請代金支払遅延等防止法(以下,下請法)の対象会社であるとき,下請法に基づ

く代金の支払いに関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア A 社はプログラムの受領日から起算して 60 日以内に,検査の終了にかか

  わらず代金を支払う義務がある。

 イ A 社はプログラムの受領日から起算して 60 日を超えても,検査が終了し

  ていなければ代金を支払う義務はない。

 ウ B 社は確実な代金支払いを受けるために,プログラム納品日から起算して

  60 日間は A 社による検査を受ける義務がある。

 エ B社は代金受領日から起算して 60 日後に,納品したプログラムに対する

  A 社の検査を受ける義務がある。

キーワード

■解答

  ITパスポート平成28年春問09

 ア A 社はプログラムの受領日から起算して 60 日以内に,検査の終了にかか

  わらず代金を支払う義務がある。

------------------------------------------------------------------------

 図のソフトウェアライフサイクルを,運用プロセス,開発プロセス,企画プロセス

保守プロセス,要件定義プロセスに分類したとき,【 a 】に当てはまるものは

どれか。ここで,【 a 】と 網掛けの部分(斎藤中 * で表現) には,開発,企画,

保守,要件定義のいずれかが入るものとする。

( 【 a 】) → (*) → (*) → (運用) → (*)


 ア 開発

 イ 企画

 ウ 保守

 エ 要件定義

キーワード

■解答

  ITパスポート平成28年春問10

 イ 企画

------------------------------------------------------------------------

 CRM に必要な情報として,適切なものはどれか。

 ア 顧客データ,顧客の購買履歴

 イ 設計図面データ

 ウ 専門家の知識データ

 エ 販売日時,販売店,販売商品,販売数量

キーワード

■解答

  ITパスポート平成28年春問11

 ア 顧客データ,顧客の購買履歴

------------------------------------------------------------------------

 BPM (Business Process Management) の考えに基づいた業務改善に関する説明

として,最も適切なものはどれか。

 ア 企業内のデータを統合し,これを用いて業務上の意思決定の支援を図る。

 イ 業務と経営資源を統合的に管理し,経営資源活用方法の改善を図る。

 ウ 業務の実行結果などから業務プロセス自体を見直し,継続的な改善を図る。

 エ 業務プロセスの分業化を進め,作業効率の向上を図る。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問13

 ウ 業務の実行結果などから業務プロセス自体を見直し,継続的な改善を図る。

==========================================================================


 紙に書かれた過去の文書や設計図を電子ファイル化して,全社で共有したい。

このときに使用する機器として,適切なものはどれか。

 ア GPS 受信機

 イ スキャナ

 ウ ディジタイザ

 エ プロッタ

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問14

 イ スキャナ

==========================================================================

 術開発戦略の策定に当たって,分析を行うために用いるポートフォリオ

の説明として,適切なものはどれか。

 ア 術水準や術の成熟度を軸にしたマトリックスに,市場における自社の

  術の位置づけを示したもの

 イ 自社製品の開発開始から損益分岐点に達するまでの期間,投資の累計,

  利益の累計などを示したもの

 ウ 自社で開発すべき術の開発日程や到達目標,開発術と新製品や

  ビジネスプランとの関連などを示したもの

 エ 自社の保有する術を要素術に分解し,木構造の形式で体系的に示し

  たもの

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問15

 ア 術水準や術の成熟度を軸にしたマトリックスに,市場における自社の

  術の位置づけを示したもの

==========================================================================

 術開発戦略の策定に当たって,分析を行うために用いるポートフォリオ

の説明として,適切なものはどれか。

 ア 術水準や術の成熟度を軸にしたマトリックスに,市場における自社の

  術の位置づけを示したもの

 イ 自社製品の開発開始から損益分岐点に達するまでの期間,投資の累計,

  利益の累計などを示したもの

 ウ 自社で開発すべき術の開発日程や到達目標,開発術と新製品や

  ビジネスプランとの関連などを示したもの

 エ 自社の保有する術を要素術に分解し,木構造の形式で体系的に示し

  たもの

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問15

 ア 術水準や術の成熟度を軸にしたマトリックスに,市場における自社の

  術の位置づけを示したもの

 企業が ISO 9001 を導入することによって期待できるメリットのうち,適切な

ものはどれか。

 ア 企業の貿易手続が標準化され,効率の向上や非関税障壁の減少につながる。

 イ 業界で術仕様が標準化され,製品の品質の向上や市場の拡大が進む。

 ウ 情報資産の取扱方法が標準化され,情報セキュリティの品質が向上する。

 エ 品質管理に関する業務運営が標準化され,管理の質や効率が向上する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問16

 エ 品質管理に関する業務運営が標準化され,管理の質や効率が向上する。

==========================================================================


 SNS をマーケティングに活用した事例として,最も適切なものはどれか。

 ア インターネットで注文された商品の引渡しとその代金の受取りを支障なく

  行う。

 イ 書込み機能を利用して,登録会員に自社商品の評価内容を記載してもらう。

 ウ 検索エンジンによる検索結果の上位に自社サイトを表示させて,訪問者増

  を狙う。

 エ 同業他社よりも安い価設定して,顧客の購入意欲を高める。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問17

 イ 書込み機能を利用して,登録会員に自社商品の評価内容を記載してもらう。

==========================================================================


 小売業を営むある企業の当期の売上高は 1,500 万円,商品仕入高は 1,00O 万円

であった。期首の商品棚卸高が 100 万円,期末の商品棚卸高が 200 万円である

とき,当期の売上総利益は何万円か。

 ア 200

 イ 400

 ウ 500

 エ 600

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問19

 エ 600

==========================================================================

 次の損益計算資料から求められる経常利益は何百万円か。

==============================================

               単位 百万円

----------------------------------------------

     項目           金額

----------------------------------------------

 売上高             2,000

----------------------------------------------

 売上原価            1,500

----------------------------------------------

 販売費及び一般管理費       300

----------------------------------------------

 営業外収益             30

----------------------------------------------

 営業外費用             20

----------------------------------------------

 特別利益              15

----------------------------------------------

 特別損益              25

----------------------------------------------

 法人税,住民税及び事業税      80

==============================================

 ア 120

 イ 190

 ウ 200

 エ 210

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問20

 エ 210

==========================================================================

 一定の条件に該当する会社に対して,取締役の職務に関するコンブライアンス

を確保するための体制整備を義務付けている法令はどれか。

 ア 会社法

 イ 金融商品取引法

 ウ 公益通報者保護法

 エ 民法

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問21

 ア 会社法

==========================================================================

問22 導入予定のシステムについて,3種類の実現方式を検討している。各実現方式で見

  込まれる費用の内訳が表のとおりであるとき,導入後の運用期間を10年とした場合

  の開発・導入,運用,保守の総費用の大小関係を表したものはどれか。ここで,利

  用者は毎年4,0叩人で一定とする。また,記載のない条件(10年後の除却費,更改費

  用など)は考慮しない。

単位 円

実現方式

初期費用

年間費用

運用

保守

A案

自主開発

4億

5叩万

2叩万

B案

パッケージ適用

2億

初期費用の15%

C案

SaaS利用

5,00e万

利用者1人当たり1万

3叩万

A案>B案>C案

B案>C案>A案

A案>C案>B案

C案>B案>A案

 知的財産権のうち,全てが産業財産権に該当するものの組合せはどれか。

 ア 意匠権,実用新案権,著作権

 イ 意匠権,実用新案権,特許権

 ウ 意匠権,著作権,特許権

 エ 実用新案権,著作権,特許権

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問23

 イ 意匠権,実用新案権,特許権

==========================================================================

 部下の育成・指導事例のうち,OJTに当たるものはどれか。

 ア 部下に進路と目標を設定させ,その達成計画を立てさせた。

 イ 部下の進路を念頭において,人事部主催の管理者養成コースを受講させた。

 ウ 部下の設計能力の向上のために,新規開発のプロジェクトに参加させた。

 エ 部下の専門分野と進路に合った外部主催の講習会を選定し,受講させた。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問24

 ウ 部下の設計能力の向上のために,新規開発のプロジェクトに参加させた。

==========================================================================


 個人情報保護法で定める個人情報取扱事業者の義務が適用されないものはどれか。

 ア ガス会社が検針作業で取り扱う個人情報の管理

 イ 証券会社が株式売買で取り扱う個人情報の管理

 ウ 新聞社が報道で取り扱う個人情報の管理

 エ 鉄道会社が定期券販売で取り扱う個人情報の管理

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問25

 ウ 新聞社が報道で取り扱う個人情報の管理

==========================================================================

 会社を組織的に運営するためのルールのうち、職務分掌を説明したものはどれ

か。

 ア 会社の基本となる経営組織、職制を定めたもの

 イ 各部門の職務の内容と責任及び権限を定めたもの

 ウ 従業員の労働条件などの就業に関する事項を定めたもの

 エ 法令、各種規則や社会的規範に照らして正しく行動することを定めたもの

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問26

 イ 各部門の職務の内容と責任及び権限を定めたもの

==========================================================================

 企業の業務と情報システムの現状を把握し,目標とするあるべき姿を設定して,

全体最適を図りたい。このときに用いられる手法として,適切なものはどれか。

 ア DOA (Data Oriented Approach)

 イ EA (Enterprise Architecture)

 ウ OOA (Object Oriented AnaLysis)

 エ SOA (Service Oriented Architecture)

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問27

 イ EA (Enterprise Architecture)

==========================================================================

 製品やサービスの価値を機能とコストの関係で分析し,機能や品質の向上及び

コスト削減などによって,その価値を高める手法はどれか。

 ア サプライチェーンマネジメント

 イ ナレッジマネジメント

 ウ バリューエンジニアリング

 エ リバースエンジニアリング

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問28

 ウ バリューエンジニアリング

==========================================================================

 一人一人のニーズを把握し,それを充足する製品やサービスを提供しようとす

るマーケティング手法はどれか。

 ア ソーシャルマーケティング

 イ テレマーケティング

 ウ マスマーケティング

 エ ワントゥワンマーケティング

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問29

 エ ワントゥワンマーケティング

==========================================================================


 事業コストを低減する方策として“範囲の経済”を追求する方法や“規模の経済”

を追求する方法などがある。範囲の経済の追求に基づくコスト低減策として,

適切なものはどれか。

 ア 共通の基盤術を利用して複数の事業を行う。

 イ 継続的な業務改善を行う。

 ウ 工場での生産量を拡大する。

 エ 同一製品を複数の工場で生産する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問31

 ア 共通の基盤術を利用して複数の事業を行う。

==========================================================================

 品質管理において,測定値の存在する範囲を幾つかの区間に分け,各区間に

入るデータの度数を棒グラフで表したものはどれか。

 ア 管理図

 イ 特性要因図

 ウ パレート図

 エ ヒストグラム

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問32

 エ ヒストグラム

==========================================================================

 次の特徴をもつ組織形態として,適切なものはどれか。

 ・組織の構成員が,お互い対等な関係にあり,自律性を有している。

 ・企業,部門の壁を乗り越えて編成されることもある。

 ア アウトソーシング

 イ タスクフォース

 ウ ネットワーク組織

 エ マトリックス組織

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問34

 ウ ネットワーク組織

==========================================================================

問35から問55までは,マネジメント系の問題です。

==========================================================================

 IT ガバナンスの実現を目的とした活動の事例として,最も適切なものはどれ

か。

 ア ある特定の操作を社内システムで行うと,無応答になる不具合を見つけた

  ので,担当者ではないが自らの判断でシステムの修正を行った。

 イ 業務効率向上の経営戦略に基づき社内システムをどこでも利用できるよう

  にするために,タブレット端末を活用するIT戦略を立てて導入支援体制を

  確立した。

 ウ 社内システムが稼働しているサーバ,PC,ディスプレイなどを,地震で

  机やラツクから転落しないように耐震テープで固定した。

 エ 社内システムの保守担当者が,自己のキャリアパス実現のために

  プロジェクトマネジメント能力を高める必要があると考え,自己啓発を行った。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問35

 イ 業務効率向上の経営戦略に基づき社内システムをどこでも利用できるよう

  にするために,タブレット端末を活用するIT戦略を立てて導入支援体制を

  確立した。

==========================================================================

@@ マネージメントとITとここから2題

 IT サービスマネジメントにおける可用性管理の目的として,適切なものはど

れか。

 ア IT サービスを提供する上で,目標とする稼働率を達成する。

 イ IT サービスを提供するシステムの変更を,確実に実施する。

 ウ サービス停止の根本原因を究明し,再発を防止する。

 エ 停止したサービスを可能な限り迅速に回復させる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問36

 ア IT サービスを提供する上で,目標とする稼働率を達成する。

==========================================================================

 システム開発部門のシステム監査における実施事項はどれか。

 ア 開発委託先と締結する委託契約書の作成

 イ 外部設計書のレビューで発見された不具合の修正

 ウ システム開発手順の不備の指摘

 エ プログラマに対するプログラミング教育

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問37

 ウ システム開発手順の不備の指摘

==========================================================================


 システム利用者からの問合せを電話で受け付けるサービスデスクのサービスレベル

を評価するための項目の例として,適切なものはどれか。

 ア サービスのコスト

 イ システム障害の件数

 ウ システムの可用性

 エ 問合せの応答待ち時間

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問38

 エ 問合せの応答待ち時間

==========================================================================


 システム監査人の役割に関する記述として,適切なものはどれか。

 ア 業務の流れや内容に着目して,業務フロー,業務記述書,

  リスクコントロールマトリクスを作成し,リスクを評価し適切な統制を導入する。

 イ 情報システムの企画,開発,運用,保守などの各局面に沿って,適切な

  モニタリングや自己点検の仕組みを導入し,情報システムが安定的に運用され

  るような措置を講じる。

 ウ 情報システムリスクが適切かつ効果的にコントロールされているかについ

  て,被監査部門から独立した立場で検証し,依頼者に報告する。

 エ 情報システムリスクが適切にコントロールされるように,方針や目標を

  定め体制を整える。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問39

 ウ 情報システムリスクが適切かつ効果的にコントロールされているかについ

  て,被監査部門から独立した立場で検証し,依頼者に報告する。

==========================================================================


 システム開発プロジェクトのテスト工程において,各担当者が報告書をチームリーダ

に提出し,チームリーダがそれらの内容をまとめてプロジェクトマネージャに報告

している。次の報告ルールを定めているとき,チームリーダの報告として適切な

ものはどれか。

[報告ルール]

・各担当者は,担当する機能のテストの進捗率を報告書に記載する。

・各担当者は,遅れがあるときに,その原因と対策内容を報告書に記載する。

・チームリーダは,各担当者の進捗率の適切さを確認した後,それらを集約して

 全体の進捗率を求め,計画との差異,今後の見通しを報告書に記載する。

・チームリーダは,遅れがあるときに,担当者にヒアリングを行い,原因と対策内容

 の妥当性を確認する。また,他チームへの影響を分析し,対応策と期限を報告書

 に記載する。


 ア 進捗に遅れのある担当者の報告だけを報告する。

 イ 担当者の報告を一覧化したものだけを報告する。

 ウ 担当者の報告を集約し,進捗に遅れがあるときはチームリーダの見解を加え

  る。

 エ チームリーダの期待する進捗に合わせて担当者の進捗率を補正する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問40

 ウ 担当者の報告を集約し,進捗に遅れがあるときはチームリーダの見解を加え

  る。

==========================================================================

 SLA の合意内容を達成するために、サービス状況のモニタリングやレビュー

どを通じてサービスレベルの維持や向上を図る活動を何というか。

 ア CSR

 イ ERP

 ウ SLM

 エ SWOT

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問41

 ウ SLM

==========================================================================

 システム開発のプロセスには,ソフトウェア要件定義ソフトウェア方式設計,

ソフトウェア結合テスト,ソフトウェア導入,ソフトウェア受入れなどがある。

システム開発の関係者を開発者側と利用者側に分けたとき,ソフトウェア受入れ

で実施する作業はどれか。

 ア 開発が完了したソフトウェアを,開発者側が本番環境に配置する。

 イ 開発者側が利用者側にヒアリングを行って,ソフトウェアに要求される機能,

  性能を明確にする。

 ウ ソフトウェアが要件を満たしていて,利用できる水準であることを,

  利用者側が確認する。

 エ ソフトウェア要件定義書が利用者側のニーズを満たしていることを確認す

  るために,開発者側がレビューを行う。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問42

 ウ ソフトウェアが要件を満たしていて,利用できる水準であることを,

  利用者側が確認する。

==========================================================================

 システム開発のテストを,単体テスト,結合テスト,システムテスト,運用テスト

の順に行う場合,システムテストの内容として,適切なものはどれか。

 ア 個々のプログラムに誤りがないことを検証する。

 イ 性能要件を満たしていることを開発者が検証する。

 ウ プログラム間のインタフェースに誤りがないことを検証する。

 エ 利用者が実際に運用することで,業務の運用が要件どおり実施できること

  を検証する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問43

 イ 性能要件を満たしていることを開発者が検証する。

==========================================================================


 システム開発プロジェクトにおけるリスク対応には,回避,転嫁,軽減,受容

などがある。転嫁の事例として,適切なものはどれか。

 ア 財務的なリスクへの対応として保険を掛ける。

 イ スコープを縮小する。

 ウ より多くのテストを実施する。

 エ リスク発生時の対処に必要な予備費用を計上する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問44

 ア 財務的なリスクへの対応として保険を掛ける。

==========================================================================

 IT 統制は,IT に係る業務処理統制や全般統制などに分類される。業務処理統制

は業務を管理するシステムにおいて,承認された業務が全て正確に処理,記録さ

れることを確保するための統制活動のことをいい,全般統制はそれぞれの業務処理統制

が有効に機能する環境を保証する統制活動のことをいう。購買業務システムなどの

自社システムを開発・運用などしている企業における統制活動に関する記述のうち,

業務処理統制に当たるものはどれか。

 ア アクセス管理など自社システムの安全性を確保する統制

 イ 購買業務システムに入力されるデータが重複なく入力されるような統制

 ウ 自社システムの運用・管理に関する統制

 エ 自社システムの開発・保守に関する統制

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問45

 イ 購買業務システムに入力されるデータが重複なく入力されるような統制

==========================================================================


 過去の類似プロジェクトのコスト実績を用いて,新たに開始するプロジェクト

のコストを類推し見積もった。このようなコスト見積り方法の特徴はどれか。

 ア 詳細情報から積み上げる見積り方法より作業負荷が大きい。

 イ プロジェクトの初期より後期の段階で活用されることが多い。

 ウ 他の見積り方法より正確なコスト見積り結果が期待できる。

 エ 他の見積り方法より見積りに要する費用は少ないが,正確さでは劣る。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問46

 エ 他の見積り方法より見積りに要する費用は少ないが,正確さでは劣る。

==========================================================================

 プロジェクトスコープマネジメントに関する記述として,適切なものはどれか。

 ア プロジェクトが生み出す製品やサービスなどの成果物と,それらを完成す

  るために必要な作業を定義し管理する。

 イ プロジェクト全体を通じて,最も長い所要期間を要する作業経路を管理する。

 ウ プロジェクトの結果に利害を及ぼす可能性がある事象を管理する。

 エ プロジェクトの実施とその結果によって利害を被る関係者を調整する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問47

 ア プロジェクトが生み出す製品やサービスなどの成果物と,それらを完成す

  るために必要な作業を定義し管理する。

==========================================================================

 システム開発のための施設・設備を維持・保全するために,次のことを計画し,

実施する活動として,適切なものはどれか。

 プロジェクトルームの中に,テストデータの機密性を確保するための部屋を

設置して入退室管理を行う。テスト作業用に設置したサーバは,停電時の

データ消失を防ぐために,無停電電源装置に接続する。

 ア アセットマネジメント

 イ 環境マネジメントシステム

 ウ 品質マネジメントシステム

 エ ファシリティマネジメント

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問48

 エ ファシリティマネジメント

==========================================================================

 ユーザの要求を定義する場合に作成するプロトタイプはどれか。

 ア 基幹システムで生成されたデータユーザ自身が抽出・加工するための

  ソフトウェア

 イ ユーザシステムに要求する業務の流れを記述した図

 ウ ユーザシステムのやり取りを記述した図

 エ ユーザの要求を理解するために作成する簡易なソフトウェア

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問49

 エ ユーザの要求を理解するために作成する簡易なソフトウェア

==========================================================================

 システム開発プロジェクトの工程を,システム要件定義,システム設計,

ログラミング,テストの順に進めるとき,a ~ d のうち,品質の管理を実施

する必要がある工程として,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

 a システム要件定義

 b システム設計

 c プログラミング

 d テスト


 ア a,b,c,d

 イ b,c,d

 ウ c,d

 エ d

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問50

 ア a,b,c,d

==========================================================================


 ある企業では,現在使用しているメールシステムのサポート終了に伴い,

メールシステムに移行する移行プロジェクトを実施している。プロジェクトの

要件定義工程において,新メールシステムとして採用する市販の

ソフトウェアパッケージを選定し,そのパッケージを利用する際に考慮する必要

がある条件を整理した。今回のプロジェクトは,移行作業を現行システム

ポート終了までに確実に実施する必要があるが,外部へ支出する費用はできる

だけ安くしたい。次のa~dのうち,条件を考慮した上で外部から調達する必要が

あるものだけを全て挙げたものはどれか。

[条件]

・新メールシステムは自社の既存サーバで稼働させる。

・採用するソフトウェアパッケージは自社で保有していない。

・採用するソフトウェアパッケージを利用して新メールシステムを構築するスキル

 をもった要員が,自社にはいない。

・移行するメールデータには,機密データが含まれている。

メールデータを移行するためのツールが市販されており,そのツールは自社の

 要員が使用することができる。


 a 新メールシステムが稼働するサーバ

 b 新メールシステムの構築作業

 c 新メールシステムソフトウェアパッケージ

 d 新メールシステムへのデータ移行作業


 ア a,b,c

 イ a,b,c,d

 ウ b,c

 エ c


キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問51

 ウ b,c

==========================================================================

 次の表に示す作業全体の最短の所要日数を増やすことなく作業 E の所要日数を

増やしたい。最大何日増やすことができるか。

========================

作業 前提作業 所要日数

========================

 A   -    7

------------------------

 B   -    4

------------------------

 C   -    2

------------------------

 D   C    1

------------------------

 E  B, D    1

========================

 ア 0

 イ 1

 ウ 2

 エ 3

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問52

 ウ 2

==========================================================================

 システム開発作業を実施するに当たり,生産性が同じメンバ 6 名で 20 日間掛け

て完了する計画を立てた。しかし,15 日間で作業が終わるように計画を変更する

ことになり,新たなメンバを増員することとした。新メンバの生産性は当初予定

していたメンバの半分であるとき,15 日間で作業を終わらせるために必要な

新メンバは最低何人か。

 ア 1

 イ 2

 ウ 4

 エ 6

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問53

 ウ 4

==========================================================================

@@

 システム開発プロジェクトにおけるステークホルダに関する記述のうち,適切

なものはどれか。

 ア システム開発プロジェクトに参画するプロジェクトチームのメンバは

  ステークホルダである。

 イ システム開発プロジェクトの実行又は完了によって,売上の増加や

  システム化による作業効率向上などの恩恵を受ける人及び組織だけが

  ステークホルダである。

 ウ システム開発プロジェクトの費用を負担するプロジェクトスポンサだけが

  ステークホルダである。

 エ システム開発プロジェクトのプロジェクトマネージャ自身はステークホルダ

  に含まれない。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問54

 ア システム開発プロジェクトに参画するプロジェクトチームのメンバは

  ステークホルダである。

==========================================================================

 情報システムの要件は,業務要件を実現するための機能を記述した機能要件と,

性能や保守のしやすさなどについて記述した非機能要件に分類することができる。

機能要件に該当するものはどれか。

 ア システムが取り扱う入出力データの種類

 イ システム障害発生時の許容復旧時間

 ウ システムの移行手順

 エ 目標とするシステムの品質と開発コスト

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問55

 ア システムが取り扱う入出力データの種類

==========================================================================

問56から問100までは,テクノロジ系の問題です。

 ブラウザと Web サーバ間の通信プロトコルを,HTTP から HTTPS に変更した。

これによって実現できることとして,適切なものはどれか。

 ア クライアントPCとWebサーバ間の通信速度の向上

 イ コンピュータウイルス感染の防止

 ウ 通信の機密性の確保

 エ ブラウザの表示速度の向上

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問56

 ウ 通信の機密性の確保

==========================================================================

 情報セキュリティにおけるPKIに必要不可欠な構成要素はどれか。

 ア VPN

 イ 認証局

 ウ バイオメトリクス認証

 エ ファイアウォール

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問57

 イ 認証局

==========================================================================

 情報セキュリティにおけるソーシャルエンジニアリングへの対策の例として,

適切なものはどれか。

 ア ウイルスを検知,除去する機能を電子メールシステムに導入する。

 イ サーバヘの攻撃を想定した擬似アタック試験を実施し,発見された脆弱性

  への対策を行う。

 ウ 従業員のセキュリティ意識を高めるため,セキュリティ教育を行う。

 エ 停電に備えて,サーバルーム向けの自家発電装置を導入する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問58


------------------------------------------------------------------------


 次のソフトウェアの組合せのうち,OSS (Open Source Software)だけの組合せはどれか。

 ア Internet ExplorerLinuxPostgreSQL

 イ Internet ExplorerPostgreSQLWindows

 ウ FirefoxLinuxThunderbird

 エ FirefoxThunderbirdWindows

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問59

 ウ FirefoxLinuxThunderbird

------------------------------------------------------------------------

 ランサムウェアに関する記述として,適切なものはどれか。

 ア PC やファイルを使用不能にするなどして,回復のための金銭を要求する。

 イ コンピュータの画面へ自動的に広告を表示する。

 ウ 利用者キーボードから入力した情報を記録し,外部に送信する。

 エ ワープ口ソフトや表計算ソフトの文書ファイルに感染する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問61

 ア PC やファイルを使用不能にするなどして,回復のための金銭を要求する。

------------------------------------------------------------------------


 電子メールに関するプロトコルの説明のうち,適切な記述はどれか。

 ア IMAP4 によって,画像のようなバイナリデータASCII 文字列に変換して,

  電子メールで送ることができる。

 イ POP3 によって,PC から電子メールを送信することができる。

 ウ POP3 や IMAP4 によって,メールサーバから電子メールを受信することが

  できる。

 エ SMTP によって,電子メール暗号化することができる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問62

 ウ POP3 や IMAP4 によって,メールサーバから電子メールを受信することが

  できる。

==========================================================================


 フィッシングの説明として,適切なものはどれか。

 ア ウイルスに感染している PC へ攻撃者がネットワークを利用して指令を送り,

  不正なプログラムを実行させること

 イ 金融機関などからの電子メールを装い,偽サイトに誘導して暗証番号や

  クレジツトカード番号などを不正に取得すること

 ウ パスワードに使われそうな文字列を網羅した辞書データを使用してパスワード

  を割り出すこと

 エ 複数のコンピュータから攻撃対象のサーバへ大量のパケットを送信し,サーバ

  の機能を停止させること

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問63

 イ 金融機関などからの電子メールを装い,偽サイトに誘導して暗証番号や

  クレジツトカード番号などを不正に取得すること

==========================================================================

 SQL インジェクションの対策などで用いられ,処理の誤動作を招かないように,

利用者が Web サイトに入力した内容に含まれる有害な文字列を無害な文字列

置き換えることを何と呼ぶか。

 ア サニタイジング

 イ ストリーミング

 ウ テザリング

 エ リバースエンジニアリング

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問64

 ア サニタイジング

==========================================================================

 顧客の氏名,住所などが記載された住所録の取扱いa~dのうち,個人情報保護

の観点から適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

 a 顧客から本人の登録内容の確認希望があっても,情報の保護を理由に開示し

  ない。

 b 住所録から全員の氏名と住所を抽出した一覧を作成し,それを顧客全員に配布

  して誤りがないことを確認してもらう。

 c 住所録のデータを書き込んだCD-ROMを破棄するときには破砕する。

 d 住所録のデータをファイルに保存するときには暗号化する。


 ア a,c,d

 イ a,d

 ウ b,c

 エ c,d

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問65

 エ c,d

==========================================================================

 インターネットの Web メールに関する記述 (1) ~ (3) のうち、適切なものだ

けを全て挙げたものはどれか。

 1) PC に、電子メールの作成や送受信、受信した電子メールの保存や管理を行う

  専用のソフトウェアをインストールしておく必要がある。

 2) PC を買い替えた場合でも、過去の電子メールの移行が不要である。

 3) ブラウザが動作し、インターネットに接続できる PC があれば、電子メール機能

  を利用することができる。

 ア 1), 2)

 イ 1), 3)

 ウ 2), 3)

 エ 3)

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問66

 ウ 2), 3)

==========================================================================

 PC やサーバ,通信機器,プリンタなどの間での通信を行う事例のうち,WAN を

利用する必要があるものはどれか。

 ア 大阪支社内の LAN に複数の PC と1台のファイルサーバを接続し,

  ファイルサーバに納されたファイルを,その LAN に接続されたどの PC か

  らでもアクセス可能とする。

 イ 家庭内で,PC とプリンタを Bluetooth で接続し,PC で作成した資料を

  プリンタで印制する。

 ウ サーバルーム内で,PC と Web サーバをハブに接続し,PC から Web サーバ

  のメンテナンスを行う。

 エ 福岡営業所内の LAN に接続された PC から,東京本社内のサーバにアクセス

  し,売上情報をアップロードする。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問67

 エ 福岡営業所内の LAN に接続された PC から,東京本社内のサーバにアクセス

  し,売上情報をアップロードする。

==========================================================================

 MAC アドレスに関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア 同じアドレスをもっ機器は世界中で一つしか存在しないように割り当てら

  れる。

 イ 国別情報が含まれており,同じアドレスをもつ機器は各国に一つしか存在

  しないように割り当てられる。

 ウ ネットワーク管理者によって割り当てられる。

 エ プ口バイダ (ISP) によって割り当てられる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問68

 ア 同じアドレスをもっ機器は世界中で一つしか存在しないように割り当てら

  れる。

==========================================================================


 ソフトウェアの不具合を修正するために提供されるファイルのことを何と呼ぶ

か。

 ア パターンファイル

 イ バックアップファイル

 ウ バッチファイル

 エ パッチファイル

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問69

 エ パッチファイル

==========================================================================


 サブネットマスクの役割として,適切なものはどれか。

 ア IP アドレスから Ethernet 上の MAC アドレスを割り出す。

 イ IP アドレスに含まれるネットワークアドレスと,そのネットワークに属す

  る個々のコンピユータのホストアドレスを区分する。

 ウ インターネットと内部ネットワークを中継するときのグローバル IP アドレス

  とプライベート IP アドレスを対応付ける。

 エ 通信相手先のドメイン名と IP アドレスを対応付ける。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問70

 イ IP アドレスに含まれるネットワークアドレスと,そのネットワークに属す

  る個々のコンピユータのホストアドレスを区分する。

==========================================================================


 ネットワークの変換方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア 回線交換方式では,通信利用者間で通信経路を占有するので,接続速度や

  回線品質の保証を行いやすい。

 イ 回線交換方式はメタリック線を使用するので,アナログ信号だけを扱える。

 ウ パケット交換方式は,複数の端末で伝送路を共有しないので,通信回線の

  利用効率が悪い。

 エ パケット交換方式は無線だけで利用でき,回線交換方式は有線だけで利用

  できる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問71

 ア 回線交換方式では,通信利用者間で通信経路を占有するので,接続速度や

  回線品質の保証を行いやすい。

==========================================================================

 機械的な可動部分が無く,電力消費も少ないという特徴をもつ補助記憶装置

どれか。

 ア CD-RW ドライブ

 イ DVD ドライブ

 ウ HDD

 エ SSD

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問72

 エ SSD

==========================================================================

 情報セキュリティマネジメントシステムを構築した企業において,情報セキュリティ方針

を改訂したことを知する範囲として,適切なものはどれか。

 ア 機密情報を扱う部署の従業員

 イ 経営者

 ウ 全ての従業員及び関連する外部関係者

 エ セキュリティ管理者

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問73

 ウ 全ての従業員及び関連する外部関係者

==========================================================================

 無線 LAN のアクセスポイントに備わるセキュリティ対策のうち,自身の ESSID

の発信を停止するもどれか。

 ア MAC アドレスフィルタリング

 イ WEP

 ウ WPA

 エ ステルス機能

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問74

 エ ステルス機能

====================================================================広告==


 デュアルシステムの特徴を説明したものはどれか。

 ア 同じ処理を行うシステムを二重に用意し,処理結果を照合することで処理

  の正しさを確認する方式であり,一方に故障が発生したら,故障したシステム

  を切り離して処理を続行する。

 イ 同じ装置を2台使用することで,シンプレックスシステムに対し,処理能力

  を 2 倍に向上させることができる。

 ウ オンライン処理を行う現用系システムと,バッチ処理などを行いながら待機

  させる待機系のシステムを用意し,現用系に障害が発生した場合は待機系に

  切り替え,オンライン処理を起動してサービスを続行する。

 エ 複数の装置を直列に接続し,それらの間で機能ごとに負荷を分散するよう

  に構成しているので,処理能力は高いが,各機能を担当する装置のうちどれ

  か一つでも故障するとサービスが提供できなくなる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問75

 ア 同じ処理を行うシステムを二重に用意し,処理結果を照合することで処理

  の正しさを確認する方式であり,一方に故障が発生したら,故障したシステム

  を切り離して処理を続行する。

====================================================================広告==

 認証方式を"知識による認証","所持品による認証"及び"個人の身体的・行動的特徴

による認証"の三つに分類したとき,"個人の身体的・行動的特徴による認証"に

分類されるものはどれか。

 ア ID カードによる認証

 イ ニーモニック認証

 ウ バイオメトリクス認証

 エ パスワード認証

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問76

 ウ バイオメトリクス認証

====================================================================広告==


 セキュリティリスクへの対応には,リスク移転,リスク回避,リスク受容,

リスク低減などがある。リスク移転に該当する事例はどれか。

 ア セキュリティ対策を行って,問題発生の可能性を下げた。

 イ 問題発生時の損害に備えて,保険に入った。

 ウ リスクが小さいことを確認し,問題発生時は損害を負担することにした。

 エ リスクの大きいサービスから撤退した。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問77

 イ 問題発生時の損害に備えて,保険に入った。

====================================================================広告==

 Web サイトによっては,ブラウザで閲覧したときの情報を,ブラウザを介して

閲覧者の PC に保存することがある。以後この Web サイトにアクセスした際は

保存された情報を使い,閲覧の利便性を高めることができる。このような目的で

利用される仕組みはどれか。

 ア Cookie

 イ SQL

 ウ URL

 エ XML

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問79

 ア Cookie

====================================================================広告==

 PC に接続された辺装置と,OS やアプリケーションソフトとを仲介して,

辺装置を制御・操作するソフトウェアはどれか。

 ア アーカイバ

 イ インストーラ

 ウ デバイスドライバ

 エ ミドルウェア

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問81

 ウ デバイスドライバ

====================================================================広告==

 ファイルを 4 冊まで置くことができる机で,A~F の 6 冊のファイルを使って

仕事をする。机上に 5 冊目のファイルを置きたいときは,机上の 4 冊のファイル

のうち,最後に参照してから最も時間が経過しているファイルを引き出しにしま

うことにする。ファイルを A,B,C,D,E,C,B,D,F,B の順で机上に置いて

参照するとき,最後に引き出しにしまうファイルはどれか。

 ア A

 イ B

 ウ D

 エ E

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問82

 エ E

====================================================================広告==



 情報セキュリティにおいて,可用性が損なわれる事象はどれか。

 ア 機密情報のコピーが納されたUSBメモリが盗難にあった。

 イ 顧客情報管理システムの顧客情報が誤った内容のまま運用されていた。

 ウ 社内のサーバに不正侵入されて,社外秘の情報が漏えいした。

 エ 取引先との電子決済システムがDoS攻撃を受け,処理ができなくなった。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問83

 エ 取引先との電子決済システムがDoS攻撃を受け,処理ができなくなった。

====================================================================広告==

 データベースを設計するときに,データの関連を整理して表現することを目的

として使われるものはどれか。

 ア E-R 図

 イ アローダイアグラム

 ウ ガントチャート

 エ フローチャート

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問84

 ア E-R 図

====================================================================広告==

 利用者が PC の電源を入れてから,その PC が使える状態になるまでを四つの

段階に分けたとき,最初に実行される段階はどれか。

 ア BIOS の読込み

 イ OS の読込み

 ウ ウイルス対策ソフトなどの常駐アプリケーションソフトの読込み

 エ デバイスドライバの読込み

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問85

 ア BIOS の読込み