ITサービスマネージャ午前2平成27年

ITサービスマネージャ午前2平成27年

情報処理技術者試験 / ITサービスマネージャ午前2平成27年


 ITIL では,リスクを管理する際のフレームワークの一つとして,Risk IT フレーム

ワークを取り上げている。Risk IT フレームの説明はどれか。

 ア “原則”,“アプローチ,“プロセス,“組込みとレビュー”の四つの概念

  に基づくフレームワークを適用し,プロセスぱ識別”,“評価”,“計画”,

  “実施”のステップに従ってリスクを管理する。

 イ “コミュニケーション及び協議”,“組織の状況の確定”,

  “リスクアセスメント,“リスク対応”,“モニタリング及びレビュー”の

  五つのプロセスに基づき,リスクを管理する。

 ウ “リスクガバナンス,“リスク評価”,“リスク対応”の三つの領域にお

  いて,事業目標と関連付けて,リスクを管理する。

 エ “リスクマネジメントは,不確かさに明確に対処する”といった

  リスクマネジメントの 11 の原則を遵守して,効果的にリスクを管理する。

キーワード■ 

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問01

 ウ “リスクガバナンス,“リスク評価”,“リスク対応”の三つの領域にお

  いて,事業目標と関連付けて,リスクを管理する。

------------------------------------------------------------------------


 ITIL によれば,サービスポートフォリオの構成要素のうち,サービスパイプライン

に収録されるサービスはどれか。

 ア 開発が完了し,顧客に提供することが可能なサービス

 イ 今後,段階的に停止されたり,取り消されたりするサービス

 ウ サービスオペレーション段階で実行されているサービス

 エ 将来提供する予定である開発中のサービス

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問02

 エ 将来提供する予定である開発中のサービス

------------------------------------------------------------------------

 ITILインシデント管理において,インシデントモデルを定義しておくことによ

って得られるメリットはどれか。

 ア インシデント管理プロセス及びその運用の効率性と有効性を判断するため

  の基準を明確にできる。

 イ 過去のインシデントについて,履歴,カテゴリ,及び解決するために取ら

  れた処置を容易に参照できる。

 ウ 繰り返し発生するインシデントを,事前に定義した経路で,事前に定義し

  た期間内に処理できる。

 エ 根本原因が判明していない問題に対する解決策を提供できる。


キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問05

 ウ 繰り返し発生するインシデントを,事前に定義した経路で,事前に定義し

  た期間内に処理できる。

------------------------------------------------------------------------

 新システムの開発を計画している。このシステムの総所有費用 (TCO) は何千円

か。ここで,このシステムは開発された後,3 年間使用されるものとする。

単位 千円

=================================

 項目           費用

=================================

 ハードウェア導入費用  40,000

---------------------------------

 システム開発費用    50,000

---------------------------------

 導入教育費用       5,000

---------------------------------

 ネットワーク通信費用/年 1,500

---------------------------------

 システム保守費用/年   7,000

---------------------------------

 システム運営費用/年   5,000

=================================


 ア 40,500

 イ 90,000

 ウ 95,000

 エ 135,500

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問07

 エ 135,500

------------------------------------------------------------------------

 IT サービスマネジメントにおいて,サービス提供者が内部グループと取り交わ

す合意はどれか。

 ア 運用レベル合意書 (OLA)

 イ 基盤となる契約 (UC)

 ウ サービスレベル管理 (SLM)

 エ サービスレベル合意 (SLA)

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問08

 ア 運用レベル合意書 (OLA)

------------------------------------------------------------------------

 サービス提供時間帯が毎日 6 ~ 20 時のシステムにおいて,ある月の停止時間,

修復時間及びシステムメンテナンス時間は次のとおりであった。このとき,この

月の可用性は何 % か。ここで,1 か月の稼働日数は 30 日,可用性 (%)は

小数第 2 位を四捨五入するものとする。

〔停止時間,修復時間及びシステムメンテナンス時間〕

 ・システム障害によるサービス提供時間内の停止時間: 7時間

 ・システム障害に対処するサービス提供時間外の修復時間: 3 時間

 ・サービス提供時間外のシステムメンテナンス時間: 8 時間

 ア 95.7

 イ 97.6

 ウ 98.3

 エ 99.0

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問09

 ウ 98.3

------------------------------------------------------------------------

 JIS Q 20000-1 におけるサービス継続及び可用性管理プロセスで行う活動はど

れか。

 ア インシデント及び問題の影響を識別し,これを最小限に抑える,又は回避

  するための手順を採用する。

 イ サービス全体の可用性などの要求事項を,事業計画,サービスの要求事項,

  SLA 及びリスクを考慮して特定する。

 ウ サービスの容量・能力を監視し,サービスのパフォーマンスを調整して,

  かつ,十分な容量・能力を提供するための手順を明確にする。

 エ 提供する個々のサービスを定義し,これに顧客と合意して,かつ,文書化

  する。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問10

 イ サービス全体の可用性などの要求事項を,事業計画,サービスの要求事項,

  SLA 及びリスクを考慮して特定する。


------------------------------------------------------------------------

 IT サービスマネジメントにおけるインシデントの段階的取扱い (エスカレーション)

の種類のうち,階層的な取扱いに該当するものはどれか。

 ア 一次サポートグループでは解決できなかったインシデントの対応を,より

  専門的な知識をもつ二次サポートグループに委ねる。

 イ 現在の担当者では解決できなかったインシデントの対応を,広範にわたる

  関係者を招集する権限をもつ上級マネージヤに委ねる。

 ウ 自分のシフト勤務時間内に完了しなかったインシデントの対応を,次の

  シフト勤務者に委ねる。

 エ 中央サービスデスクで受け付けたインシデントの対応を,利用者が属する

  地域のローカルサービスデスクに委ねる。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問11

 イ 現在の担当者では解決できなかったインシデントの対応を,広範にわたる

  関係者を招集する権限をもつ上級マネージヤに委ねる。

------------------------------------------------------------------------


 JIS Q 20000-1 の関係プロセスの規定における,供給者,サービス提供者及び

顧客の 3 者の関係のうち,適切なものはどれか。

 ア 供給者,サービス提供者及び顧客は,それぞれ別々の組織(外部)に所属

  する。

 イ 供給者のサービスも含めて,サービス提供者が,顧客にサービスを提供す

  る。

 ウ 供給者は,サービス提供者を顧客とみなしてサービスを提供することはな

  い。

 エ 供給者はサービス提供者からサービスや製品を受領して,顧客に提供する。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問12

 イ 供給者のサービスも含めて,サービス提供者が,顧客にサービスを提供す

  る。

------------------------------------------------------------------------

 システム障害が発生したときにシステムを初期状態に戻して再開する方法であ

り,更新前コピー又は更新後コピーの前処理を伴わないシステム開始のことで,

初期プログラムロードとも呼ばれるものはどれか。

 アウォームスター

 イ コールドスター

 ウ ロールバック

 エ ロールフォワード

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問13

 イ コールドスター

------------------------------------------------------------------------

 データの追加一変更・削除が,少ないながらも一定の頻度で行われるデータペース

がある。このデータベースのフルバックアップを磁気テープに取得する時間間隔

を今までの 2 倍にした。このとき,データベースのバックアップ又は復旧に関す

る記述のうち,適切なものはどれか。

 ア フルバックアップ1回当たりの磁気テープ使用量が約2倍になる。

 イ フルバックアップ1回当たりの磁気テープ使用量が約半分になる。

 ウ フルバックアップ取得の平均実行時間が約2倍になる。

 エ ログ情報を用いて復旧するときの平均処理時間が約2倍になる。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問14

 エ ログ情報を用いて復旧するときの平均処理時間が約2倍になる。

------------------------------------------------------------------------

 システムの本番移行に支障を来すリスクに対するコントロールを監査する

チェツクポイントはどれか。

 ア システム運用段階で新システムの稼働状況がレビューされ,その結果につ

  いてシステム開発部門及び利用部門の責任者の承認が得られているか。

 イ システム開発段階で抽出された問題りの対策が,移行後のシステム改善計画

  に反映されているか。

 ウ システム企画段階で,システムの投資対効果が評価されているか。

 エ 利用部門を含めた各部門の役割と責任を明確にした移行計画が作成されて

  いるか。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問15

 エ 利用部門を含めた各部門の役割と責任を明確にした移行計画が作成されて

  いるか。

------------------------------------------------------------------------

 プロジェクト Z におけるプロジェクトとステークホルダ各社の関係の組合せの

うち,適切なものはどれか。ここで関係の呼称は,PMBOK に従う。

[プロジェクト Z の説明]

 親会社 A 社のシステムを開発・保守・運用している B 社は,A 社が吸収合併

した C 社の基幹システムを A 社の基幹システムに統合するプロジェクトを立ち

上げた。システム統合に伴う開発作業は,D 社に委託することにした。

========================================

  プロジェクトとステークホルダの関係

  ------------------------------------

    A社   B社   D社

========================================

 ア 顧客   納入者  母体組織

----------------------------------------

 イ 顧客   母体組織 納入者

----------------------------------------

 ウ 母体組織 顧客   納入者

----------------------------------------

 エ 母体組織 納入者  顧客

========================================

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問16

========================================

  プロジェクトとステークホルダの関係

  ------------------------------------

    A社   B社   D社

========================================

 イ 顧客   母体組織 納入者

========================================

------------------------------------------------------------------------



 期間 10 日のプロジェクトを 5 日目の終了時にアーンドバリュー分析したと

ころ,表のとおりであった。現在のコスト効率が今後も続く場合,

完成時総コスト見積り (EAC) は何万円か。

========================================

管理項目       金額(万円)

========================================

完成時総予算(BAC)   100

----------------------------------------

プランドバリュー(PV) 50

----------------------------------------

アーンドバリュー(EV) 40

----------------------------------------

実コスト(AC)     60

========================================


 ア 110

 イ 120

 ウ 135

 エ 150

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問17

 エ 150


------------------------------------------------------------------------

 プロジェクトのスケジュールを管理するときに使用する“クリティカルチェーン法”

の特徴はどれか。

 ア クリティカルパス上の作業に生産性を向上させるための開発ツールを導入

  する。

 イ クリティカルパス上の作業に要員を追加投入する。

 ウ クリティカルパス上の先行作業が終了する前に後続作業に着手し,並行し

  て実施する。

 エ クリティカルパスを守るために,フィーディングバッファと所要期間バッファ

  を設ける。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問18

 エ クリティカルパスを守るために,フィーディングバッファと所要期間バッファ

  を設ける。

------------------------------------------------------------------------

 SVC (SuperVisor Call) 割込みが発生する要因として,適切なものはどれか。

 ア OSシステム異常を検出した。

 イ ウォツチドッグタイマが最大カウントに達した。

 ウ システム監視 LSI が割込み要求を出した。

 エ ユーザプログラムカーネルの機能を呼び出した。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問19

 エ ユーザプログラムカーネルの機能を呼び出した。

@@

------------------------------------------------------------------------

 システムの信頼性評価項目である RASIS のうち,Integrity (完全性) を高め

る方法を説明したものはどれか。

 ア データベースが格納されている磁気ディスクの障害情報を,保守業者に

  自動通報することによって,故障発生から復旧までの時間を短縮する。

 イ データベースに格納されている個人情報暗号化するなど,不正アクセス

  による個人情報の盗難に備える。

 ウ 排他制御を行うことによって,複数の利用者が同時にデータベース

  更新処理を行う場合でも,データの整合性を保証する。

 エ 複数のコンピュータに同じ処理を実行させ,処理結果をデータベース

  格納しておくことによって,内容の一致を確認しながら処理を進める。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問20

 ウ 排他制御を行うことによって,複数の利用者が同時にデータベース

  更新処理を行う場合でも,データの整合性を保証する。


------------------------------------------------------------------------

 OLAP によって,商品の販売状況分析を商品軸,販売チャネル軸,時間軸,

顧客タイプ軸で行う。データ集計の観点を,商品,販売チャネルごとから,商品,

顧客タイプごとに切り替える操作はどれか。

 ア ダイス

 イ データクレンジング

 ウ ドリルダウン

 エ ロールアップ

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問21

 ア ダイス

------------------------------------------------------------------------


 TCP/IP ネットワークで使用される ARP の説明として,適切なものはどれか。

 ア IP アドレスから MAC アドレスを得るためのプロトコル

 イ IP アドレスからホスト名 (ドメイン名) を得るためのプロトコル

 ウ MAC アドレスから IP アドレスを得るためのプロトコル

 エ ホスト名 (ドメイン名) から IP アドレスを得るためのプロトコル

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問22


------------------------------------------------------------------------

 JIS Q 27000 において,“エンティティは,それが主張するとおりのものであ

るという特性”と定義されているものはどれか。

 ア 真正性

 イ 信頼性

 ウ 責任追跡性

 工 否認防止


キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問23

 ア 真正性

------------------------------------------------------------------------


 JIS Q 22301:2013 (事業継続マネジメントシステム-要求事項)において,

“製品・サービスを提供しない,又は事業活動を行わない結果として生じる可能性

のある悪影響が,許容不能な状態になるまでの時間”と定義されているものはど

れか。

 ア MTBF (Mean Time Between Failures)

 イ MTPD (Maximum Tolerable Period Disruption)

 ウ RPO (Recovery Point Objective)

 エ RTO (Recovery Time Objective)

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問24

 イ MTPD (Maximum Tolerable Period Disruption)

------------------------------------------------------------------------

 シュリンクラップ契約において,ソフトウェアの使用許諾契約が成立するのは

どの時点か。

 ア 購入したソフトウェアの代金を支払った時点

 イ ソフトウェアの入った CD-ROM を受け取った時点

 ウ ソフトウェアの入った CD-ROM の包装を破った時点

 エ ソフトウェアを PC にインストールした時点

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問25


------------------------------------------------------------------------