2017年9月5日宿題解説

2017年9月5日宿題解説

[]

 クラス B の IP アドレスで,サブネットマスクが 16 進数の FFFFFF80 である

場合,利用可能なホスト数は最大幾つか。

 ア 126

 イ 127

 ウ 254

 エ 255

キーワード

■解答■

  ネットワークスペシャリスト午前2平成26年問13

 ア 126

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

 JIS Q 20000-1 におけるサービス継続及び可用性管理プロセスで行う活動はど

れか。

 ア インシデント及び問題の影響を識別し,これを最小限に抑える,又は回避

  するための手順を採用する。

 イ サービス全体の可用性などの要求事項を,事業計画,サービスの要求事項,

  SLA 及びリスクを考慮して特定する。

 ウ サービスの容量・能力を監視し,サービスのパフォーマンスを調整して,

  かつ,十分な容量・能力を提供するための手順を明確にする。

 エ 提供する個々のサービスを定義し,これに顧客と合意して,かつ,文書化

  する。

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問10

 イ サービス全体の可用性などの要求事項を,事業計画,サービスの要求事項,

  SLA 及びリスクを考慮して特定する。

------------------------------------------------------------------------

[]

 Which of the following are components of a UML2.x (including 2.0 and

later versions) state diagram?

a) Message and Activity

b) Message and Transition

c) State and Message

d) State and Transition

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Apr 2017 Q47.


Google 翻訳(一部訂正)

 次のうち、UML2.x(2.0以降のバージョンを含む)状態図のコンポーネントはどれですか?

 a)メッセージと活動

 b)メッセージと遷移

 c)状態とメッセージ

 d)状態と遷移

------------------------------------------------------------------------

高度/English問題の解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

------------------------------------------------------------------------

[]

 エクストリームプログラミング (XP:eXtreme Programming) における

“テスト駆動開発”の説明はどれか。

 ア 最初のテストでバグを抽出すること

 イ テストケースを順次改善すること

 ウ テストでのカバレージを優先すること

 エ プログラムを書く前にテストケースを作成すること

キーワード

■解答■

  応用情報技術者午前平成28年春問50

 エ プログラムを書く前にテストケースを作成すること

------------------------------------------------------------------------

[]

 表は,ビジネスプロセスUML で記述する際に使用される図法とその用途を

示している。表中の b に相当する図法はどれか。ここで,ア~エ は,a ~ d

のいずれかに該当する。

====================================================================

 図法             記述用途

====================================================================

  a  モデル要素の型,内部構造,他のモデル要素との関連を記述する。

--------------------------------------------------------------------

  b  システムが提供する機能単位と利用者との関連を記述する。

--------------------------------------------------------------------

  c  イベントの反応としてオブジェクト状態遷移を記述する。

--------------------------------------------------------------------

  d  オブジェクト間のメッセージの交信と相互作用を記述する。

====================================================================

 ア クラス

 イ コラボレーション図

 ウ ステートチヤート図

 エ ユースケース図

キーワード

■解答■

  高度共通午前1平成28年春問25

  応用情報技術者午前平成28年春問66

 エ ユースケース図

------------------------------------------------------------------------

[]

 暗号方式には共通鍵暗号方式公開鍵暗号方式がある。共通鍵暗号方式の特徴

として,適切なものはどれか。

 ア 暗号化通信する相手が1人のとき,使用する鍵の数は公開鍵暗号方式よりも

  多い。

 イ 暗号化通信に使用する鍵を,暗号化せずに相手へ送信しても安全である。

 ウ 暗号化や復号に要する処理時間は,公開鍵暗号方式よりも短い。

 エ 鍵ペアを生成し,一方の鍵で暗号化した暗号文は他方の鍵だけで復号でき

  る。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成27年秋問70

 ウ 暗号化や復号に要する処理時間は,公開鍵暗号方式よりも短い。