2017年8月21宿題解説

2017年8月21宿題解説

[]

 ネットワークの QOS を実現するために使用されるトラフィック制御方式に

関する説明のうち,適切なものはどれか。

 ア 通信を開始する前にネットワークに対して帯域などのリソースを要求し,

  確保の状況に応じて通信を制御することを,アドミッション制御という。

 イ 入力されたトラフィックが規定された最大速度を超過しないか監視し,

  超過分のパケットを破棄するか優先度を下げる制御を,シェーピングという。

 ウ パケットの送出間隔を調整することによって,規定された最大速度を超過

  しないようにトラフィックを平準化する制御を,ポリジンクという。

 エ フレームの種類や宛先に応じて優先度を変えて中継することを,

  ベストエフォートという。

キーワード

■解答■

  ネットワークスペシャリスト午前2平成28年問05

 ア 通信を開始する前にネットワークに対して帯域などのリソースを要求し,

  確保の状況に応じて通信を制御することを,アドミッション制御という。

> QoS(Quality of Service)

> QoS(Quality of Service)とはネットワーク上で提供するサービス品質

> のこと。ネットワーク機器にQoSを実装することで、ある特定の通信を優先して

> 伝送させたり、帯域幅を確保することができます。

> http://www.infraexpert.com/study/telephony6.html

>

> アドミッション制御

> アドミッション制御(アドミッションせいぎょ)とは、これから通信をおこなう

> 2者間で、その通信のために指定された通信帯域が確保できるかどうかを

> 判断することをいう。より一般化された表現をすれば、資源の動的な配分方法を

> 判断することをいう。電話網で言えば、呼び出し時に発信元から着信先までの

> ネットワークパスを確保することに相当する。

> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%9F

> %E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%88%B6%E5%BE%A1

>

> これより、正解は「ア」です。

 どうもありがとうございます。

> http://www.nw-siken.com/kakomon/28_aki/am2_5.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

 OLAP によって,商品の販売状況分析を商品軸,販売チャネル軸,時間軸,

顧客タイプ軸で行う。データ集計の観点を,商品,販売チャネルごとから,商品,

顧客タイプごとに切り替える操作はどれか。

 ア ダイス

 イ データクレンジング

 ウ ドリルダウン

 エ ロールアップ

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問21

 ア ダイス

> サイコロの面を変えるようなイメージ

> OLAP

> http://www.zetta.co.jp/products/adam_webolap_designer/aboutolap1.shtml

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/27A_L4/27A_L4SA_21.html

>

> ア ダイスは、複数の項目で集計したデータの切り口を変えることです。

> イ データクレンジングは、業務システムごとに異なっているデータ属性

>   コード体系を統一する処理です。

> ウ ドリルダウンは、データの集計レベルを細かくしたり詳細なデータ

>   見ることです。

> エ ロールアップは、ドリルダウンの反対に元のデータを抽出することです。

>

> OLAP(OnLine Analytical Processing)

> 顧客データや販売データなどを蓄積したデータベースを多次元的に解析し、

> 視覚化するシステムのことです。

> データウェアハウスなどを使って集められた大量のデータを多次元データベース

> に格納し、これを様々な角度から検索・集計して問題点や解決策を発見するのに

> 使用します。

>

> ダイスは振ると六面体の目(軸)が変わるので、

> 切り口を変えることに通じるのかなと思いました。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

Which of the following is an appropriate feasibility evaluation when

checking whether the lifetime benefits of the proposed information system

is greater than its lifetime costs?

a) Economic feasibility

b) Operational feasibility

c) Scheduling feasibility

d) Technical feasibility

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Apr 2017 Q62.


a) Economic feasibility

> フィジビリティスタディ(feasibility study)

> フィジビリティスタディ(feasibility study)とは、プロジェクトの実現可能性

> を事前に調査・検討することで、「実行可能性調査」「企業化調査」

> 「投資調査」「採算性調査」とも呼ばれ、「F/S」と略記される。

> https://ja.wikipedia.org/wiki/

> %E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%93%E3%83%AA

> %E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A3

>

> I think the answer is a).

 どうもありがとうございます。

Google 翻訳(一部訂正)

 提案された情報システムの生涯利益がその生涯コストよりも大きいかどうかを

チェックする際、適切な実現可能性評価はどれですか?

a)経済的実現可能性

b)業務上の実現可能性

c)実行可能性のスケジューリング

d)技術的実現可能性

------------------------------------------------------------------------

高度/English問題の解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

------------------------------------------------------------------------

[]

 サーバアプリケーションの開発のための,オブジェクト指向技術に基づいた

コンポーネントソフトウェアの仕様はどれか。

 ア EAI(Enterprise Aplication Integration)

 イ EJBEnterprise JavaBeans

 ウ ERP(Enterprise Resource Planning)

 エ UMLUnified Modeling Language

キーワード

■解答■

  応用情報技術者午前平成29年春問17

 イ EJBEnterprise JavaBeans

> http://itsiken.com/29S_L3/29S_L3_17.html

>

> ア EAIは、企業にある複数の業務で使用されるコンピュータを連携させ、

>   データプロセスを効率的に統合することです。

> イ EJBは、Java言語で作成されたシフトウェア部品を組合せて、

>   目的となるソフトウェアを作成するJavaBeansにサーバ側で処理するための

>   機能を追加したものです。

> ウ ERPは、企業全体の資源(資金、人材、設備など)を経営の観点から

>   有効利用するための手法のことです。(企業資源計画)

> エ UMLは、オブジェクト指向ソフトウェア開発における、プログラム設計図

>   の統一表記法です。(統一モデリング言語)

>   UMLには構造図や振る舞い図など複数の図(ダイアグラム)があります。

>

> コンポーネントソフトウェア(component software)

> 目的となるソフトウェアを巨大なソフトウェアとして開発するのではなく、

> 再利用なども考慮してソフトウェアを部品化し、部品化したソフトウェア

> 組み合わせることで目的となるソフトウェアを開発しようという考えに基づいて

> 開発された、ソフトウェア部品のコンポーネントソフトウェアことです。

> ハードウェアが汎用部品の組合せで作られるように、ソフトウェアも部品を

> 組合せで開発しようという考えです。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/29_haru/q17.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 ソフトウェアデータに瑕疵(かしがある場合に,製造物責任法の対象となる

ものはどれか。

 ア ROM 化したソフトウェアを内蔵した組込み機器

 イ アプリケーションのソフトウェアパッケージ

 ウ 利用者が PC にインストールした OS

 エ 利用者によってネットワークからダウンロードされたデータ

キーワード

■解答■

  応用情報技術者午前平成28年80

 ア ROM 化したソフトウェアを内蔵した組込み機器

> http://itsiken.com/28S_L3/28S_L3_80.html

>

> ソフトウェアデータは無形物なので製造物責任法で対象とする製造物に

> 当たりませんが、組込みソフトウェアについては、機器に組み込まれた“部品”

> とみなされるためPL法の対象になります。

> そのため、組込みソフトウェアでは製造物責任法を考慮した動作確認が

> 求められます。(ソフトウェアが製造物責任法の対象外だからと言って、

> 品質の悪い状態で出荷すると顧客が離れてしまいます。)

>

> 製造物責任法(PL法)

> 製造物の欠陥により損害が生じた場合の製造業者等の損害賠償責任について

> 定めた法律です。

> 民法では製造者の過失を証明できないと損害賠償請求できませんが、

> 製造物責任法では、製造物に欠陥があった場合、製造者の過失の有無に

> かかわらず製造者に損害賠償を行うことができます。

 どうもありがとうございます。

> 製造物責任法(PL法)入門

> http://www.law.co.jp/okamura/PL_Law/

>

> 上記より、この法律では製造物を「製造又は加工された動産」と

> 定義しています。一般的には,大量生産・大量消費される

> 工業製品を中心とした,人為的な操作や処理がなされ,

> 引き渡された動産を対象とします。

> ですから,不動産,未加工農林畜水産物,電気,ソフトウェア

> いったものは該当しないことになります。

>

> これに該当するのはアのROM 化したソフトウェアを内蔵した

> 組込み機器です。

>

> よって、解答はアです。

>

> 参考

> http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/seizoubutsu/pl-j.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/28_haru/q80.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 社員に対する情報セキュリティ教育の実施に関する記述 a ~ d のうち,適切

なものだけを全て挙げたものはどれか。

a. 情報セキュリティ違反をした者に対する再教育に当たっては,同じ過ちを繰り

 返さないための予防処置も含める。

b. 新入社員に対する研修プログラムに組み込む。

c. 対象は情報システム部門に所属する社員に限定する。

d. 定期的な実施に加えて,情報セキュリティに関わる事件や事故が発生した後

 にも実施する。

 ア a,b,d

 イ a,c,d

 ウ a,d

 エ b,c

 

キーワード■ 

■解答■

  ITパスポート平成27年秋問84

 ア a,b,d

> http://itsiken.com/s/27A_L1/27A_L1_84.html

>

> a 情報セキュリティ違反をした者に対する再教育に当たっては、

> 同じ過ちを繰り返さないための予防処置も含めます。

> b 新入社員に対する研修プログラムに組み込みます。

> c 情報セキュリティ教育の対象は情報システム部門に所属する従業員だけに

> 限定するのではなく、全従業員を対象にします。

> d 情報セキュリティ教育は定期的な実施に加えて、情報セキュリティに関わる

> 事件や事故が発生した後にも実施します。

>

> 情報セキュリティ教育

> 組織に属する全ての者の情報セキュリティの意識を高め、

> 守るべきルールを徹底するために定期的に行います。

> また、情報セキュリティの事故が発生した場合には、事故を起こした者だけ

> でなく、他の者にも予防措置の水平展開のため教育を行います。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/27_aki/q84.html

 どうもありがとうございます。