2017年7月26日宿題解説

2017年7月26日宿題解説

[]

 MPLS の説明として,適切なものはどれか。

 ア IP プロトコル暗号化や認証などのセキュリティ機能を付加するための

  規格である。

 イ L2F と PPTP を統合して改良したデータリンク層のトンネリングプロトコル

  である。

 ウ PPP データフレームを IP パケットでカプセル化して,インターネット

  通過させるためのトンネリングプロトコルである。

 エ ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって,IP アドレスに依存しな

  いルーティングを実現する,ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送

  である。

キーワード

■解答■

  ネットワークスペシャリスト午前2平成28年問09

 エ ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって,IP アドレスに依存しな

  いルーティングを実現する,ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送

  である。

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/24A_L4/24A_L4NW_15.html

>

> ア IPsecの説明です。

> イ L2F(Layer 2 Forwarding)とPPTP(Point-to-Point Tunneling)を統合して

>   改良したデータリンク層のトンネリングプロトコル

>   L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)です。

> ウ PPTPの説明です。

> エ MPLSの説明です。

>

> MPLS(Multi-Protocol Label Switching)

> 通常、ルータが他のルータから受け取ったパケットを別のルータに転送する

> 際には、ルーティング(経路選択)情報としてIPヘッダを利用しますが、

> MPLSではIPヘッダの代わりに「ラベル」と呼ばれる短い固定長の識別子を

> 挿入してルーティングに利用します。

 どうもありがとうございます。

> MPLSとは,複数のプロトコルラベルでスイッチングする。

> http://www.itbook.info/study/mpls1.html

>

> 上記より解答は,エです。

 どうもありがとうございます。

> http://www.nw-siken.com/kakomon/28_aki/am2_9.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.infraexpert.com/study/mpls1.html

> を参考にしました。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

 シュリンクラップ契約において,ソフトウェアの使用許諾契約が成立するのは

どの時点か。

 ア 購入したソフトウェアの代金を支払った時点

 イ ソフトウェアの入った CD-ROM を受け取った時点

 ウ ソフトウェアの入った CD-ROM の包装を破った時点

 エ ソフトウェアを PC にインストールした時点

キーワード

■解答■

  ITサービスマネージャ午前2平成27年問25

 ウ ソフトウェアの入った CD-ROM の包装を破った時点

> 文字通りのシュリンクラップを破った時点でした。

> 最近多いですね。

 どうもありがとうございます。

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/24S_L3/24S_L3_78.html

>

> シュリンクラップ契約では、ソフトウェアの入ったCD-ROMの放送を破った時点

> (ウ)で、ソフトウェアの使用許諾契約が成立したとみなします。

> 市販のソフトウェア以外に書籍や雑誌などの付録のソフトウェア

> シュリンクラップ契約になっていることがほとんどです。

>

> シュリンクラップ契約

> 標準の使用許請条件を定め、その範囲で一定量のパッケージの包装を解いた

> ときに、権利者と購入者との間に使用許諾契約が自動的に成立したとみなす

> 契約です。

> 市販のソフトウェアで包装を開封すると当該条項に同意したものとみなされる

> 旨の記載があるものが、これになります。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/24_haru/q78.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

Which of the following is an appropriate explanation of EMS?

a) It refers to acting as the customer service desk for responding by

telephone to consumer electronics-related inquiries from general

consumers.

b) It refers to planning, design, and development of products without

owning manufacturing facilities.

c) It refers to the contract production of electronic devices, etc.

ordered by other manufacturers.

d) It refers to the dedicated selling of electronic devices, etc.

purchased from other manufacturers.

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Apr 2017 Q67.

c) It refers to the contract production of electronic devices, etc.

ordered by other manufacturers.

> EMS

> 製造業におけるEMS(イーエムエス)とは、英語

> electronics manufacturing service の略であり、

> 電子機器の受託生産を行うサービスのことである。

> 製造業務に特化したいわゆる下請けとは異なり、EMSは契約を基に量産規模での

> ロット生産業務を担う点が特徴。

> https://ja.wikipedia.org/wiki/EMS_(%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD)

>

> I think the answer is c).

 どうもありがとうございます。

> EMS

> https://www.oki.com/jp/Advanced-ems/

 どうもありがとうございます。

> electronics manufacturing service の略でした。

> 検索しても国際郵便ばっかりでした。

 どうもありがとうございます。

 どちらが先でしょうね。

Google 翻訳(一部訂正)

 EMSの適切な説明はどれですか?

 a)一般消費者からの家電関連のお問い合わせに電話で応答するためのカスタマーサービスデスクとしての役目をする。

 b)製造施設を所有していない製品の企画、設計、開発を指す。

 c)他人が注文した電子機器等の契約生産メーカー。

 d)他社から購入した電子機器等の専用販売メーカー。

------------------------------------------------------------------------

高度/English問題の解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

------------------------------------------------------------------------

[]

 DNS キヤツシュサーバに対して外部から行われるキヤツシュポイズニング攻撃

への対策のうち,適切なものはどれか。

 ア 外部ネットワークからの再帰的な問合せにも応答できるように,

  コンテンツサーバにキャッシュサーバを兼ねさせる。

 イ 再帰的な問合せに対しては,内部ネットワークからのものだけに応答するよ

  うに設定する。

 ウ 再帰的な問合せを行う際の送信元のポート番号を固定する。

 エ 再帰的な問合せを行う際のトランザクション ID を固定する。

キーワード

■解答■

  応用情報技術者午前平成29年春問41

 イ 再帰的な問合せに対しては,内部ネットワークからのものだけに応答するよ

  うに設定する。

> DNSキャッシュポイズニングの対策

> 1. キャッシュを無効にする

> 2. コンテンツサーバとキャッシュサーバの分離を図る

> 3. 再帰問い合わせは内部セグメントのみ許可する

>

> http://sc.seeeko.com/archives/3809477.html

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/s/26A_L4/26A_L4SC_09.html

>

> DNSキャッシュポイズニング攻撃は、DNSサーバの問合せ結果のドメイン

> IPアドレスを一時的に記憶(キャッシュ)する機能を汚染させる攻撃手法なので、

> 対策としては外部からの問い合わせでキャッシュを書き換えるのを抑止し、

> 再帰的な問合せに対しては、内部ネットワークからのものだけに応答するように

> 設定(イ)します。

>

> DNSキャッシュポイズニング(DNS cache poisoning)

> DNSサーバには問合せがあり検索したドメインIPアドレスを一時的に記憶

> (キャッシュ)する機能があり、DNSキャッシュポイズニング

> このキャッシュ情報DNSサーバのセキュリティホールを利用して書換え、

> DNSサーバの利用者からの問合せに対し偽の情報を返すようにすることで、

> PC利用者を偽装されたWebサーバに誘導する攻撃方法です。

 どうもありがとうございます。

> https://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No40/0800.html

> がとても参考になりました。

> DNSは長年使われていることもあって、結構脆弱性があるのですね。

 どうもありがとうございます。

> http://www.sc-siken.com/kakomon/26_aki/am2_9.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 セル生産方式の特徴はどれか。

 ア 作業指示と現場管理を見えるようにするために,かんばんを使用する。

 イ 生産ライン上の作業場所を通過するに従い製品の加工が進む。

 ウ 必要とする部品,仕様,数量が後工程から前工程へと順次伝わる。

 エ 部品の組立てから完成検査まで,ほとんどの工程を1人又は数人で作業す

  る。

キーワード

■解答■

  応用情報技術者午前平成29年春問70

 エ 部品の組立てから完成検査まで,ほとんどの工程を1人又は数人で作業す

  る。

> キャノンのカメラもセル生産をしているとテレビで見ました。

 どうもありがとうございます。

> 昔テレビでどこかのプリンタ工場にて、一人で全部の工程を組み立てている

> のを観ました。私の今使っている複合機も、そうやって製造されたのかな?

 トヨタ生産方式もセル化の流れあります。作る方のやる気アップ,人・ものの移動

が減らせるなどメリットあります。

> http://itsiken.com/29S_L3/29S_L3_70.html

>

> ア 生産現場の改善で行うかんばん方式の説明です。

> イ ライン生産方式の説明です。

> ウ 後工程引き取り方式の説明です。

> エ セル生産方式の説明です。

>

> セル生産方式

> 1人または小人数のグループ(チーム)で製品の組立てを完成まで行う

> 生産方式です。

> ライン生産方式と比較し、1人当たりの作業内容の範囲が広いのが特徴です。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/29_haru/q70.html

> セル生産方式

> https://www.ipros.jp/technote/basic-cell-production/

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 システムのライフサイクルを,企画プロセス,要件定義プロセス,開発プロセス

運用プロセス及び保守プロセスとしたとき,企画プロセスシステム化計画で明ら

かにする内容として,適切なものはどれか。

 ア 新しい業務へ切り替えるための移行手順,利用者の教育手段

 イ 業務上実現すべき業務手順,入出力情報及業務ルール

 ウ 業務要件を実現するために必要なシステムの機能,システム構成条件

 エ システム化する機能,開発スケジュール及び費用と効果

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成29年春問19

 ウ 業務要件を実現するために必要なシステムの機能,システム構成条件

> http://itsiken.com/29S_L1/29S_L1_19.html

>

> ア 新しい業務へ切り替えるための移行手順、利用者の教育手段は、

>   要件定義プロセスで明らかにします。

> イ 業務上実現すべき業務手順、入出力情報及び業務ルールは、

>   要件定義プロセスで明らかにします。

> ウ 業務要件を実現するために必要なシステムの機能、システムの構成条件は、

>   要件定義プロセスで明らかにします。

> エ システム化する機能、開発スケジュールおよび費用と効果は、

>   企画プロセスで明らかにします。

>

> 企画プロセス

> 経営事業の目的、目標を達成するために必要とされるシステムへの要求事項を

> まとめ、実施計画を得るプロセスで、企画プロセス完了時の状態は以下のように

> なります。

> ・経営層及び各部門からシステムに関係する要求事項が集められ、

>  かつ、合意される。

> ・要求事項に基づいたシステム化の範囲およびシステム構成、

>  基本的なアーキテクチャが定義される。

> ・システムを実現するための実施計画が策定され、かつ、合意される。

 どうもありがとうございます。

http://www.itpassportsiken.com/word/%E4%BC%81%E7%94%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9.html

> 最近はググるとすぐ出てくるので、便利なような手を抜いてしまうような。

 どうもありがとうございます。