2017年4月14日宿題解説

2017年4月14日宿題解説

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 関係データベースにおいて,タプル数nの表二つに対する結合操作を,

入れ子ループ法によって実行する場合の計算量はどれか。

 ア O(2n)

 イ O(log n)

 ウ O(n^2)

 エ O(n log n)

キーワード

■解答■

  データベーススペシャリスト平成27年午前2問17

 ウ O(n^2)

> http://itsiken.com/27S_L4/27S_L4DB_17.html

>

> 入れ子ループ法による結合操作では、双方の表のタプル数の積の結合処理が

> 行われるので、タプル数n の表とタプル数n の表の結合操作の計算量は

> n×n=n^2なので、計算量はO(n^2)(ウ)になります。

>

> 入れ子ループ法

> 結合する表の一方から1行取り出して、もう一方の表の全ての行と結合していく

> 方法です。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 債権管理システムから出力された債権残高の集計処理結果を用いて,経理部門

が事後的に実施できる,異常の有無の検証に有効な方法はどれか。

 ア 債権データ生成時における,得意先コードを用いた得意先マスクとの

  自動マッチング

 イ 債権データの金額項目のフォーマットチェック

 ウ スプレッドシートを用いた売掛債権回転期間の前年同期比較チェック

 エ 正規の権限者による操作に限定するアクセスコントロール

キーワード

■解答■

  システム監査技術者午前2平成28年問10

 ウ スプレッドシートを用いた売掛債権回転期間の前年同期比較チェック


> 集計結果を使って事後にできることはウではないかと思った。


 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/s/28S_L4/28S_L4AU_10.html

>

> ア 債権データ生成時における、得意先コードを用いた得意先マスタとの

>   自動マッチングは、生成時に都度実施します。

> イ 債権データの金額項目のフォーマットチェックは、

>   生成時に都度実施します。

> ウ スプレッドシートを用いた売掛債権回転期間の前年同期比較チェックは、

>   事後的に実施可能です。

> エ 正規の権限者による操作に限定したアクセスコントロールは、

>   事前に実施します。

>

> 営業債権管理(売掛金管理)

> 企業間の取引の場合、商品の引渡し(納品)が行われてから、代金の支払いが

> 行われるまで時間がかかることが多く、納品してから代金を受け取るまでの

> 権利を営業債権といい、企業はこれを管理し確実に入金が行われているかを

> 管理することが重要になります。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

Which of the following is the name of a phenomenon where multiple ON/OFF

signals are generated within a few milliseconds after a push-button switch

with a mechanical contact is pressed once?

a) Buffering

b) Chattering

c) Sampling

d) Sharing

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Oct 2016 Q23.

b) Chattering

> 日本語がすぐに出てこないが、チャタリングのことを言っているのだろうと思った。

 どうもありがとうございます。

> Chattering(チャタリング)

> チャタリングとは、スイッチ機構やリレー機構などにおいて、オン・オフの

> 接点が切り替わる際に、オン・オフが細かく繰り返される現象のことである。

> チャタリングは装置の微細な振動などによって生じる。

> チャタリングが発生すると、ほとんど一瞬の間に複数回のオン・オフ切り替えが

> 行われたことになってしまう。デジタル回路などでは、チャタリングによる

> オン・オフも通常のオン・オフと同様の入力としてカウントされてしまうので、

> 誤動作を誘発しやすい。これを防ぐために、一般的にはチャタリングによる

> オン・オフを無視できるような回路構成を設置する措置がとられている。

> ちなみにチャタリング(chattering)とは、元々「ガタガタという」などと

> いった意味の英語である。

> http://www.sophia-it.com/content/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%BF%E3%83%AA

> %E3%83%B3%E3%82%B0

>

> I think the answer is b).

 どうもありがとうございます。


Google 翻訳(一部訂正)

 メカニカル接点を備えた押しボタンスイッチを1回押すと、数ミリ秒以内に複数の

ON / OFF信号が発生する現象の名前はどれですか?

 a)バッファリング

 b)チャタリング

 c)サンプリング

 d)共有

------------------------------------------------------------------------

[]

 リンカの機能として,適切なものはどれか。

 ア 作成したプログラムをライブラリに登録する。

 イ 実行に先立ってロードモジュールを主記憶にロードする。

 ウ 相互参照の解決などを行い,複数の目的モジュールなどから一つのロードモジュール

  生成する。

 エ プログラムの実行を監視し,ステップごとに実行結果を記録する。

キーワード

■解答■

  基本情報技術者午前平成28年春問20

 ウ 相互参照の解決などを行い,複数の目的モジュールなどから一つのロードモジュール

  生成する。

> Linker=つなぎ

> リンケージエディタ

> 複数のモジュールなどから、一つのロードモジュールを生成

>

> http://robot.konjiki.jp/Photo/SH-3/Birud1.jpg

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/28_haru/q20.html

> 「リンク」からきてるのかなぁと思い、なんとなく。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/s/28S_L2/28S_L2_20.html

>

> ア 作成したプログラムをライブラリに登録するのは、プログラム作成ツールで

>   ソフトウェアをライブラリでビルドし、OSでライブラリのプロパティ

>   変更して行います。

> イ 実行に先立ってロードモジュールを主記憶にロードするのは、ローダです。

> ウ 相互参照の解決などを行い、複数の目的モジュールなどから

>   一つのロードモジュールを生成するのは、リンカです。

> エ プログラムの実行を監視し、ステップごとに実行結果を記録するには、

>   プログラムの作成時にトレーシング実行時コンパイルでビルドします。

>

> コンパイラ(compiler)

> プログラムで書かれたプログラムを、コンピュータで処理可能な形式

> (機械)に変換するソフトウェア

> 機械(マシン)の形式はCPUのシリーズ毎に異なるため、コンパイラも異なる

> コンパイラでの変換作業をコンパイル(compile)やビルド(build)と呼び、

> プログラムで書かれたプログラムソースコード(source code)、

> コンパイラが生成するプログラムオブジェクトコード(object code)

> と呼びます。

>

> リンカ(linker)

> コンパイラが生成した機械プログラムの断片を結合し実行可能なプログラム

> を作成するソフトウェア

>

> ローダ(loader)

> 要求された他のプログラムを読み込み、動作可能な状態にして、それを実行する

> プログラム

 どうもありがとうございます。

> リンカとは、コンパイラによって変換されたオブジェクトコードに、

> 必要なライブラリなどを付け加えて実行可能ファイルを生成するプログラム

> 最近はコンパイラにその機能が統合されていることが多い。

> http://e-words.jp/w/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB.html

>

> 上記より解答は,ウです。

>

> 参考

> http://infocenter.arm.com/help/index.jsp?topic=/com.arm.doc.dui0206gj/Cegdgeii.html

 どうもありがとうございます。


------------------------------------------------------------------------

[]

 IT サービスマネジメントにおける可用性管理の目的として,適切なものはど

れか。

 ア IT サービスを提供する上で,目標とする稼働率を達成する。

 イ IT サービスを提供するシステムの変更を,確実に実施する。

 ウ サービス停止の根本原因を究明し,再発を防止する。

 エ 停止したサービスを可能な限り迅速に回復させる。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問36

 ア IT サービスを提供する上で,目標とする稼働率を達成する。

> アとエで迷いました。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_36.html

>

> 可用性はシステムが継続して使用できる能力のことで、可用性管理の目的は

> ITサービスを提供する上で、目標とする稼働率を達成する(ア)ことです。

>

> ITサービスマネジメント

> ITサービスを提供する企業などの組織が利用顧客のニーズに合致した

> 適切なサービス提供を実現し、その運用の維持管理ならびに継続的改善を

> 行っていくための活動のことです。

> ITサービスマネジメントを実行する為のベストプラクティスを文書化したものが

> ITIL(Information Technology Infrastructure Library)です。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_haru/q36.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 システム開発部門のシステム監査における実施事項はどれか。

 ア 開発委託先と締結する委託契約書の作成

 イ 外部設計書のレビューで発見された不具合の修正

 ウ システム開発手順の不備の指摘

 エ プログラマに対するプログラミング教育

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問37

 ウ システム開発手順の不備の指摘

> http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_37.html

>

> システム監査では情報システム(ITシステム)の開発業務、運用業務、

> 利用した業務の進め方が適切かを点検・評価することなので、

> 実施事項としてはシステム開発手順の不備の指摘(ウ)になります。

>

> システム監査

> 企業や自治体などの組織体の情報システムを対象とした監査のことで、

> 情報システムの開発、運用、利用の状況を第三者が客観的に点検・評価する

> ことです。

> 情報システムが複雑になり、また、業務に深くかかわり重要性が高くなっている

> ため、情報システムの信頼性、安全性、効率性が妥当なものかを把握するために

> 行います。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_haru/q37.html


 どうもありがとうございます。