2017年4月13日宿題解説

2017年4月13日宿題解説

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 インターネット販売などの巨大な取引データを高速に処理するために,NoSQL

と呼ばれるデータ処理方式が使われることがある。その特性のうち結果整合性

(Eventual Consistency)の説明として,適切なものはどれか。

 ア データを複製し,複数サイトに分散して保持するとき,

  コンシステントハッシング手法によって,時間帯別に納先を固定する。

 イ 複数のクライアントからの更新要求が衝突する場合,ロック機構によって

  どちらかを待たせることで整合性を保つ。

 ウ 分散した複製サイト間で更新内容を厳密に同期させずに,同期の一時的

  な遅れを許容する。

 エ 分散した複製サイト間で更新内容を整合させるために,2相ロック方式を

  採用する。

キーワード

■解答■

  データベーススペシャリスト平成27年午前2問18

 ウ 分散した複製サイト間で更新内容を厳密に同期させずに,同期の一時的

  な遅れを許容する。

> http://itsiken.com/27S_L4/27S_L4DB_18.html

>

> 結果整合性(Eventual Consistency)とは、並列プログラミング

> (分散トランザクション)の分野において、用いられるデータの一貫性に関する

> モデルのひとつで、厳密な一貫性を要求する考え方ではなく、

> 結果的に一貫性が保たれればよいという考え方になります。

>

> NoSQL(Not only SQL)

> SQLを用いず、また、関係モデルに基づかずに構築されたデータベースシステム

> の総称です。

> データベースシステムは長らくSQLを用いたシステムが利用されてきたが、

> 大規模データ納や、データが複数のサーバー間にまたがり多量の

> トランザクションが発生するような用途に対しては、性能が低下する場合が

> あり、そうしたSQLではまかないきれない領域を補完し最適化するために、

> NoSQLをデータベースシステムに組み込む場合も多くなっています。

 どうもありがとうございます。

> http://www.db-siken.com/kakomon/27_haru/am2_18.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 ITIL で定義されるサービスのライフサイクルにおける,サービストランジション段階

の説明はどれか。

 ア 規定された要件と制約に沿って,サービスを運用に移行し,確実に稼働さ

  せることである。

 イ サービスの効率,有効性,費用対効果の観点で運用状況を継続的に測定し,

  改善していくことである。

 ウ サービスの内容を具体的に決めることである。

 エ 戦略的資産として,どのようにサービスマネジメントを設計,開発,導入

  するかについての手引を提供することである。

キーワード

■解答■

  システム監査技術者午前2平成28年問11

> http://itsiken.com/26A_L4/26A_L4SM_10.html

>

> ア ITILのサービストランジションの説明です。

> イ ITILの継続的なサービス改善(continual service improvement)の説明

>   です。

> ウ ITILのサービス設計(service design)の説明です。

> エ ITILのサービス戦略(service strategy)の説明です。

>

> サービストランジション(service transition、サービス移行)

> サービスストラテジの戦略に沿ってサービスデザインで計画が作成された

> サービスを、その計画にしたがって確実に本番環境に移行し、確実に稼働する

> ことです。

 どうもありがとうございます。

> サービストランジションとは、ITサービスのライフサイクルにおける

> 段階の1つ。

> ITサービスやその他の構成アイテムが、ライフサイクル中のある

> ステータスから次のステータスに移ることに応じた状態の変化である

> 移行のための活動またはプロセス

> http://www.proseed.co.jp/word/000268.html

>

> 上記よりサービスを運用に移行しから解答は,アです。

>

> 参考

> https://www.skyarch.net/blog/?p=3581

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/26A_L4/26A_L4SM_10.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

Which of the following shows the path information from the front page

of a web site to the current page, a user is currently viewing?

a) Breadcrumbs

b) Navigation bar

c) Scroll bar

d) Site map

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Oct 2016 Q24.

a) Breadcrumbs

> パンくずリスト

> https://www.seohacks.net/basic/terms/breadcrumb-list/

 どうもありがとうございます。

> breadcrumbs(パンくずリスト)

> パンくずリストとは、あるWebページのサイト全体の中での位置を、階層構造の

> 上位ページへのリンクを順に並べて簡潔に記したもの。トップページから

> そのページまでの経路を示すことにより、訪問者がサイト内での現在位置を

> 直感的に把握するのに役立つ。名称の由来は童話「ヘンゼルとグレーテル」で、

> 森の中で帰り道が分かるようにパンくずを少しずつ落としながら歩いたという

> エピソードである。

> http://e-words.jp/w/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%81%8F%E3%81%9A%E3%83%AA

> %E3%82%B9%E3%83%88.html

>

> I think the answer is a).

 どうもありがとうございます。

Google 翻訳(一部訂正)

 次のうち、現在表示しているWebサイトのフロントページから現在のページまで

パス情報を示します。

 a)パンくずリスト

 b)ナビゲーションバー

 c)スクロールバー

 d)サイトマップ

------------------------------------------------------------------------

[]

 静的テストツールの機能に分類されるものはどれか。

 ア ソースコードを解析して,プログラムの誤りを検出する。

 イ テスト対象モジュールに必要なドライバ又はスタブを生成する。

 ウ テストによって実行した経路から網羅度を算出する。

 エ プログラムの特定の経路をテストするためのデータを生成する。

キーワード

■解答■

  基本情報技術者午前平成28年春問21

 ア ソースコードを解析して,プログラムの誤りを検出する。

> ソフトウェアテスト

> 静的テスト→「プログラムを実行せず、ソフトウェアの内部をチェックするテスト」

> ドキュメントやソースコードを作成者以外が見る

> ソースコードなどをコンピュータにより自動解析する

>

> 動的テスト→「プログラムを実際に実行して結果を確認するテスト」

> ホワイトボックステスト、ブラックボックステストなど

>

> http://www.techvan.co.jp/media/quality/test-improvement

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28S_L2/28S_L2_21.html

>

> ア 静的テストツール(静的解析ツール)は、プログラムソースコード

>   解析して、プログラムの誤りを検出します。

>   検出する誤りとしては初期化しない変数の参照や実行されないコードの

>   検出などがあります。

> イ テスト対象モジュールに必要なドライバ又はスタブを生成する、

>   テスト支援ツールがあるようです。

> ウ テストによって実行した経路から網羅度を算出するのは、カバレージ解析

>   ツールです。

> エ プログラムの特定の経路をテストするためのデータを生成するのは、

>   テストデータ生成ツールです。

>

> 静的解析ツール

> プログラムソースコードを実行することなくチェックし、矛盾点や誤りなどの

> 検出を行います。

> また、ソースコードが決められた規則どおりに書かれているかのチェックや、

> プログラムの複雑度の計測なども行います。(複雑なプログラムバグが発生

> しやすい。)

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/28_haru/q21.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 システム利用者からの問合せを電話で受け付けるサービスデスクのサービスレベル

を評価するための項目の例として,適切なものはどれか。

 ア サービスのコスト

 イ システム障害の件数

 ウ システムの可用性

 エ 問合せの応答待ち時間

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問38

 エ 問合せの応答待ち時間

> SLA(Service Level Agreement)のことです。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_38.html

>

> サービスデスクは利用者の問い合わせなどに対応する部署なので、

> この業務のサービスレベルを評価する項目としては問合せの応答待ち時間(エ)

> が適切です。

>

> サービスデスク

> 利用者の問い合わせなどに対応する機関(組織)であり、様々な問合せに対し、

> それを記録し、問題解決を行います。

> 利用者とサービス提供者間の唯一の窓口であり、顧客満足度の向上に大きな影響

> があります。

> ITIL(Information Technology Infrastructure Library)のサービスサポート

> 中にプロセスとして定義されています。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_haru/q38.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 システム監査人の役割に関する記述として,適切なものはどれか。

 ア 業務の流れや内容に着目して,業務フロー,業務記述書,

  リスクコントロールマトリクスを作成し,リスクを評価し適切な統制を導入する。

 イ 情報システムの企画,開発,運用,保守などの各局面に沿って,適切な

  モニタリングや自己点検の仕組みを導入し,情報システムが安定的に運用され

  るような措置を講じる。

 ウ 情報システムリスクが適切かつ効果的にコントロールされているかについ

  て,被監査部門から独立した立場で検証し,依頼者に報告する。

 エ 情報システムリスクが適切にコントロールされるように,方針や目標を

  定め体制を整える。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問39

 ウ 情報システムリスクが適切かつ効果的にコントロールされているかについ

  て,被監査部門から独立した立場で検証し,依頼者に報告する。

> http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_39.html

>

> システム監査人の役割は、情報システムリスクが適切かつ効果的に

> コントロールされているかについて、被監査部門から外観的、精神的に

> 独立した立場で検証し、依頼者(主に組織の経営者)に報告(ウ)します。

>

> システム監査人の独立性

> “システム監査基準”にはシステム監査人の独立性について以下のように

> 書かれています。

> ・外観上の独立性

>   システム監査人は、システム監査を客観的に実施するために、監査対象から

>   独立していなければならない。監査の目的によっては、被監査主体と

>   身分上、密接な利害関係を有することがあってはならない。

> ・精神上の独立性

>   システム監査人は、システム監査の実施に当たり、偏向を排し、常に公正

>   かつ客観的に監査判断を行わなければならない。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_haru/q39.html


 どうもありがとうございます。