2017年4月12日宿題解説

2017年4月12日宿題解説

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 業務系のデータベースから抽出したデータウェアハウスに納するために,整合

されたデータ属性やコード体系などに合うように変換及び修正を行う処理はどれ

か。

 ア クラスタリング

 イ スライシング

 ウ ダイジング

 エ データクレンジング

キーワード■ データクレンジング

■解答■

  データベーススペシャリスト平成27年午前2問19

 エ データクレンジング

> data cleansing データを洗いなおして使うイメージです。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/03_moshi/q29.html

> 「整合された」から、なんとなく。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/27S_L4/27S_L4DB_19.html

>

> ア クラスタリング(clustering)は、複数のコンピュータを連結して、

>   利用者から一台のコンピュータのように振舞う術です。

> イ スライシング(slicing)は、データ分析においてデータの切り口を変える

>   ことです。

> ウ ダイジング(dicing)は、データ分析において分析するためのデータの軸を

>   変えることです。

> エ データクレンジングは、整合されたデータ属性やコード体系などに

>   合うように変換及び修正を行う処理です。

>

> データクレンジング(data cleansing)

> 同じ対象にシステムごとに異なるデータが割り当てられたものを、統一し

> 一意なデータにすることで、管理しやすく使いやすいデータにすることです。

> システム毎に顧客や商品に異なるコードが割り当てられているデータ

> データウェアハウスでまとめても、そのままではデータマイニングなどで

> 利用できないためデータコードを統一するデータクレンジングを行います。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 IT サービスマネジメントにおいて,構成ベースラインを確立することによって

可能になることはどれか。

 ア IT サービスの存続期間を通したパフォーマンスの変化の測定

 イ インシデントが発生したときの問題管理プロセスでの状況証拠の分析

 ウ 構成監査及び切り戻しのための基準の提供

 エ サービスを機能させるために必要な最低限の利用可能レベルの定義


キーワード

■解答■

  システム監査技術者午前2平成28年問12

 ウ 構成監査及び切り戻しのための基準の提供


> http://itsiken.com/26A_L4/26A_L4SM_08.html

>

> ア サービス測定基準を確立することで可能になります。

> イ インシデント発生時にスナップショットを記録することで可能になります。

> ウ 構成ベースラインを確立することによって可能になります。

> エ サービスレベル管理を行うことで可能になります。

>

> 構成ベースライン

> 正式に合意済みで、変更管理プロセスを通して管理される構成のベースライン

> (基準)のことです。

> 構成ベースラインは、将来の構成、リリース、および変更のベースとして

> 使用します。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/26A_L4/26A_L4SM_08.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

Which of the following is an explanation of the morphing technique in

computer animation?

a) A hand-drawn outline is read with a scanner, then each enclosed area

is filled with a single color.

b) Based on the digital data collected from the actual movement of a body,

multiple images with a realistic movement are created.

c) In order to make a perspective two-dimensional animation, each image

of moving parts is superposed on the background one by one in descending

order of its distance from the viewer.

d) In order to represent a smooth transition between two images, multiple

intermediate images are created for interpolation.

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Oct 2016 Q25.

d) In order to represent a smooth transition between two images, multiple

intermediate images are created for interpolation.

> morphing(モーフィング)

> モーフィングとは、ある形状から別の形状へ徐々に変化していく様子を動画で

> 表現するために、その中間を補うための画像を作成すること。

> http://e-words.jp/w/%E3%83%A2%E3%83%BC

> %E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0.html

>

> I think the answer is d).

 どうもありがとうございます。

Google 翻訳(一部訂正)

コンピュータアニメーションのモーフィング術の説明は次のうちどれです

か?

a)手で描いた輪郭をスキャナで読み取った後、それぞれの囲まれた領域を

  単一の色で塗りつぶす。

 b)身体の実際の動きから収集されたデジタルデータに基づいて、現実的な

  動きを有する複数の画像が生成される。

 c)遠近法二次元アニメーションを作成するために、可動部分の各画像は、

  視聴者からの距離の降順に背景に1つずつ重ね合わされる。

 d)2つの画像間の滑らかな遷移を表現するために、複数の中間画像が補間用に

  作成される。

------------------------------------------------------------------------

[]

 携帯端末に搭載されているジャイロセンサが検出できるものはどれか。

 ア 端末に加わる加速度

 イ 端末の角速度

 ウ 地球上における高度

 エ 地球の磁北

キーワード■ 

■解答■

  応用情報技術者午前平成27年春問04

 イ 端末の角速度

> ジャイロセンサ=角速度センサ

> 角速度=単位時間あたりの回転角

>

> http://www5.epsondevice.com/ja/information/technical_info/gyro/

> 天橋立の展望台から竜の股のぞきの撮影を試みたところ、スマホのジャイロセン

> サが邪魔して?逆さ写真が撮影できませんでした。

 どうもありがとうございます。

 便利な機能がじゃまするってありますよね。

> http://itsiken.com/27S_L3/27S_L3_04.html

>

> ア 端末に加わる加速度は、加速度センサで計測します。

> イ 端末の角速度は、ジャイロセンサで計測します。

> ウ 地球上における高度は、高度計で計測します。

> エ 地球の磁北は、方位磁針(磁気コンパス)で計測します。

>

> ジャイロセンサ(ジャイロスコープ、gyroscope)

> 計測機器の一種で、角度や角速度を測ることができます。

> 角速度は、物体や質点の回転の速さを表す物理量で、角度と時間の商で

> 定義されます。

 どうもありがとうございます。

> ジャイロセンサとは、、別名角速度センサと呼ばれ、角速度を検出する

> デバイスです。

> http://www5.epsondevice.com/ja/information/technical_info/gyro/

>

> 上記より解答は,イです。

>

> 参考

> http://ednjapan.com/edn/articles/1406/09/news014.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/27_haru/q4.html

> アとイで迷って間違えて良かった。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 システム開発プロジェクトのテスト工程において,各担当者が報告書をチームリーダ

に提出し,チームリーダがそれらの内容をまとめてプロジェクトマネージャに報告

している。次の報告ルールを定めているとき,チームリーダの報告として適切な

ものはどれか。

[報告ルール]

・各担当者は,担当する機能のテストの進捗率を報告書に記載する。

・各担当者は,遅れがあるときに,その原因と対策内容を報告書に記載する。

・チームリーダは,各担当者の進捗率の適切さを確認した後,それらを集約して

 全体の進捗率を求め,計画との差異,今後の見通しを報告書に記載する。

・チームリーダは,遅れがあるときに,担当者にヒアリングを行い,原因と対策内容

 の妥当性を確認する。また,他チームへの影響を分析し,対応策と期限を報告書

 に記載する。


 ア 進捗に遅れのある担当者の報告だけを報告する。

 イ 担当者の報告を一覧化したものだけを報告する。

 ウ 担当者の報告を集約し,進捗に遅れがあるときはチームリーダの見解を加え

  る。

 エ チームリーダの期待する進捗に合わせて担当者の進捗率を補正する。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問40

 ウ 担当者の報告を集約し,進捗に遅れがあるときはチームリーダの見解を加え

  る。

> エはダメです。

>「だけ」と限定の副助がある選択肢ア、イは外します。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_40.html

>

> ア 進捗に遅れのある担当者がいた場合はチームリーダの見解が必要です。

> イ 担当者の報告を一覧化したものだけでなく、集約した全体の進捗率が

>   必要です。

> ウ 担当者の報告を集約し、進捗に遅れがあるときはチームリーダの見解を

>   加えます。

> エ いかなる理由があろうとも進捗率を補正を行うのは絶対にダメです。

>

> プロジェクトマネージャ(project manager)

> プロジェクトの計画と実行において総合的な責任を持つ人(職務)です。

> プロジェクトマネージャの役割で重要なのはプロジェクトの実行に影響を与える

> 様々なリスクを認識・把握するとともに、そのリスクが顕在化した時の準備を

> することです。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_haru/q40.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 SLA の合意内容を達成するために、サービス状況のモニタリングやレビュー

どを通じてサービスレベルの維持や向上を図る活動を何というか。

 ア CSR

 イ ERP

 ウ SLM

 エ SWOT

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年春問41

 ウ SLM

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_haru/q41.html

> サービスレベルマネジメントだろうなと思って選択したら正解だった。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_41.html

>

> ア CSR(Corporate Social Responsibility、企業の社会的責任)は、

>   製品の安全性、適切な情報の提供などに加えて、自然環境の保全、

>   地域との融和などを目的とした企業の社会的責任のことです。

> イ ERP(Enterprise Resource Planning、企業資源計画)は、企業が持っている

>   資源(人、物、金)を統合的に管理・配分し効率的な経営を図る手法です。

> ウ SLM(Service Level Management)は、SLAの合意内容を達成するために、

>   サービス状況のモニタリングやレビューなどを通じてサービスレベルの

>   維持や向上を図る活動です。

> エ SWOT(Strength, Weakness, Opportunity, Threat)は、外部要因、内部要因

>   の強みと弱みから事業の状態を分析する手法です。

>

> SLA(Service Level Agreement)

> そもそもは、通信サービス事業者が、利用者にサービスの品質内容を保証する

> 制度のことです。

> 通信速度や稼働率(MTBFMTTR)などの品質条件について、通信事業者と利用者

> 規定することです。また、規定で定めた品質を提供できない場合の、ペナルティ

> (利用料の減額など)についてについても規定します。

 どうもありがとうございます。