2017年2月10日宿題解説

2017年2月10日宿題解説

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 UML 2.0 において、オブジェクト間の相互作用を時間の経過に注目して記述す

るものはどれか。

 ア アクティビティ図

 イ コミュニケーション図

 ウ シーケンス図

 エ ユースケース図

キーワード

■解答■

  データベーススペシャリスト午前2平成26年問24

 ウ シーケンス図

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/26S_L4/26S_L4SC_22.html

>

> ア アクティビティ図は、振る舞いを表現する図でフローチャートに似た

>   処理の流れを表すために使用します。

> イ コミュニケーション図(UML1.xでは「コラボレーション図」)は、

>   オブジェクト間のメッセージフローを表し、同時にクラス間に基本となる

>   関連(関係)が存在することを表現します。

> ウ シーケンス図は、振る舞い図でシステム内の論理的な流れを表すものです。

> エ ユースケース図は、システムに対する要件を特定するために使用する

>   振る舞い図です。

>

> UML(Unified Modeling Language、統一モデリング言語)

> オブジェクト指向ソフトウェアの設計を行うときに作成する、

> 設計資料(図)の統一的な記法のことです。

> UMLで定義されているプログラムの構造図には、クラス図、コンポーネント図、

> パッケージ図などがあり、プログラムの振る舞い図には、シーケンス図、

> ユースケース図、状態遷移図、コミュニケーション図などがあります。

 どうもありがとうございます。

> ア アクティビティ図とは,連続する「実行」の遷移、つまり一連の

>   「手続き」を表現するための図です。

> http://www.itsenka.com/contents/development/uml/activity.html

> イ コミュニケーション図とは,オブジェクト指向アプリケーションの

>   オブジェクト間のメッセージフローを表し、同時にクラス間に

>   基本となる関連(関係)が存在することを暗黙的に示します。

>   オブジェクト指向アプリケーションのオブジェクト間の

>   メッセージフローを表し、同時にクラス間に基本となる関連(関係)が

>   存在することを暗黙的に示します。

> http://www.itsenka.com/contents/development/uml/communication.html

> ウ シーケンス図とは,要素間の相互作用を時系列で表したもの。

>   相互作用図の一種で、図の上から下に向かって時間の流れが表される。

> http://e-words.jp/w/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%9B%B3.html

> エ ユースケース図とは,ユーザ(外部システムも含む)の

>   要求に対するシステムの振る舞いを表現する図です。

> http://www.itsenka.com/contents/development/uml/usecase.html

>

> 上記より、時間の流れが表されるから解答は,ウです。

>

> 参考

> https://www.ogis-ri.co.jp/otc/swec/process/am-res/am/artifacts/classDiagram.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.sc-siken.com/kakomon/26_haru/am2_22.html


 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 プロジェクトマネジメントで使用する責任分担表(RAM)の一つである,RACI チ

ヤートで示す4種類の役割及び責任の組合せのうち,適切なものはどれか。

 ア 実行責任,情報提供,説明責任,相談対応

 イ 実行責任,情報提供,説明責任,リスク管理

 ウ 実行責任,情報提供,相談対応,リスク管理

 エ 実行責任,説明責任,相談対応,リスク管理

キーワード■ RACI チャート

■解答■

  プロジェクトマネージャ午前2平成26年問07

 ア 実行責任,情報提供,説明責任,相談対応

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/26S_L4/26S_L4PM_07.html

>

> RACIチャートは、タスクを4種類の参加者の責任型に分割します。

> ・Responsible(実行責任)

>   タスク達成のために実行する(働く)責任者

> ・Accountable(説明責任)

>   タスクの正しい完了について外部からの問合せに対して対応する責任者

> ・Consulted(相談対応)

>   意見を求められる者

> ・Informed(情報提供)

>   進捗を常に把握している者

>

> 責任分担表(Responsibility Assignment Matrix、RAM)

> ある目的を達成するために、複数の要員(組織)が実施する仕事において、

> 要員(組織)の役割や責任の分担や割り当てをまとめた表になります。

 どうもありがとうございます。

> 責任分担表とは,プロジェクト・スコープ・マネジメントで作成された

> WBSの作業項目ごとに,資源と責任の関係をまとめた表のことで,

> RAM (Responsibility Assignment Matrix)や

> TRM (Task Responsibility Matrix)等と呼ばれるものである。

> RACI図は,プロジェクトを要員又は組織に役割分担させる際に使用される図である。

>

> 役割 説明

> Responsible 実行責任者 タスク達成のために働く責任者

> Accountable 説明責任者 タスクの正しい完了について外部からの

> 問合せに対して責任を持って対応する

> Consulted 協業先 意見を求められる者

> Informed 報告先 進捗を常に把握している者

> http://itref.fc2web.com/management/

>

> 上記より,最も適するのは,アだと思います。

> よって、解答は,アです。

>

> 参考

> http://www.consulting-skill.com/framework/raci.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

When data in the business operations department is entered in a data

sheet by the information system department, which of the following is an

appropriate task executed by the information system department?

a) In order to prevent unauthorized use or leakage of confidential

information, data sheets are disposed of immediately after the completion

of data entry.

b) The data sheets are retained in the information system department

until the due date for processing, and confirmation including a check

of the number of sheets received is performed for all sheets collectively

just before the due date.

c) To enable the business operations department to check the processing

results of each data sheet, the processing results list is sent to the

business operations department.

d) When the data sheet contains an error, and only when the error is

obvious, the data sheet is corrected and an entry is made based on

the judgment of only the person in charge of data entry.

キーワード

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Oct 2016 Q56.

c) To enable the business operations department to check the processing

results of each data sheet, the processing results list is sent to the

business operations department.

Google 翻訳(一部訂正)

 業務システム部門がデータシートにデータシートを入力すると、情報システム部門

が実行する適切なタスクは次のどれですか?

 a)機密情報の不正利用や漏洩を防止するため、データ入力が完了した直後

  にデータシートを廃棄する。

 b)データシートは、処理期日まで情報システム部門に保持され、期日の直前

  にすべてのシートについて受信されたシート数の確認を含む確認が実行される。

 c)事業部が各データシートの処理結果を確認できるようにするため、

  処理結果リストを事業部に送る。

 d)データシートにエラーが含まれており、エラーが明白である場合にのみ、

  データシートが訂正され、データ入力担当者の判断に基づいて記入されます。


> c) To enable the business operations department to check the processing

> results of each data sheet, the processing results list is sent to

> the business operations department.

> ビジネスオペレーション部門が各データシートの処理結果をチェックできる

>   ようにするために、処理結果のリストがビジネスオペレーション部門に

>   送られる。

>

> I think the answer is c).

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 蓄積された販売データなどから,天候と売れ筋商品の関連性などの規則性を

見つけ出す手法を表す用語はどれか。

 ア データウェアハウス

 イ データプロセッシング

 ウ データマイニング

 エ データモデリング

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年秋問27

 ウ データマイニング

> mining:名詞で「採鉱、採掘、鉱山業」とありますので、

> mine:「私のモノ」といういう意味以外にも、動詞として、「鉄鋼、石炭」

> を採掘する、「・・・を利用して・・・を得ようとする」などがありますので、

> そこからもminingを覚えてます。

> 埋もれたデータから、販売に役立つデータを取り出すのが、data mining

> 私は覚えてます。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28A_L1/28A_L1_27.html

>

> これまでの企業活動で得られた販売データなどを蓄積し、これらのデータ

> 分析し天候と売れ筋商品の関連性などの規則性を見つけ出す手法を

> データマイニング(ウ)と呼びます。

> 小売り業ではデータマイニングを行い、関連商品をそばに置くなど商品の陳列を

> することが一般的です。

>

> データマイニング(data mining)

> 販売実績や電話の通話記録、インターネットのアクセス実績、クレジットカード

> の利用実績などの、企業で蓄積されるデータを解析して、その中にある因果関係

> などを導き出す技術のことです。

> データマイニングを行うことで、2つの製品の売上の関係や、気温(天気)と商品の

> 因果関係などを求めて、商品の仕入れや陳列などに生かすことができます。

> (商品Aを買う人の多くが同時に商品Bを買うことがわかれば、商品AとBは近くに

> 陳列する。最低気温がx℃以上になると商品Cが売れるということがわかれば、

> 天気予報を見て商品Cの仕入れ量を調整する。)

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_aki/q27.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 ある工場では,同じ製品を独立した二つのライン A,B で製造している。ライン A

では製品全体の 60% を製造し,ライン B では 40% を製造している。ラインA で

製造された製品の 2% が不良品であり,ライン B で製造された製品の 1 %が不良品

であることが分かっている。いま,この工場で製造された製品の一つを無作為に

抽出して調べたところ,それは不良品であった。その製品がライン A で製造さ

れた確率は何%か。

 ア 40

 イ 50

 ウ 60

 エ 75

キーワード

■解答■

  基本情報技術者午前平成28年秋問02

 エ 75

> ラインAの不良品率 0.6x0.02=0.012

> ラインBの不良品率 0.4x0.1 =0.004

> 不良品の比率は 0.012 : 0.00 4 = 3 : 1

> よって 75% の確立となる

 どうもありがとうございます。

> 1000個製造したと考えると

> 製造 ラインA 60% 600個 ラインB 40% 400個

> 不良品     2% 12個      1%  4個

> 1000個中 16個が不良品で そのうち12個がラインAと推定されるので

> 12/(12+4)=0.75 75%がラインAの不良品

> 見方を変えると1個の不良品が見つかったときに、ラインAのものである

> 確率は75%となる

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/s/28A_L2/28A_L2_02.html

>

> (1) ラインAにおける不良率 0.6×0.02 = 0.12

> (2) ラインBにおける不良率 0.4×0.01 = 0.04

> 見つかった不良品がラインAのものである確率は、

>  (1)/[(1) + (2)] = 0.12 / (0.12 + 0.04) = 0.12 / 0.16 = 0.75

>

> これより、正解は「エ」です。

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/28_aki/q2.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 プロジェクトで発生するリスクの対応策は回避,軽減,受容,転嫁に分類でき

る。あるシステム開発プロジェクトにおいて,設計及び開発工程をA杜に委託し

たい。A 社は過去のシステム開発で納期遅延が発生したことがあるので,今回も

納期が遅れる可能性が考えられる。納期遅れのリスクの軽減に該当する対応策はどれか。

 ア A 社に過去の納期遅延の原因分析とそれに基づく予防策を今回の開発計画

  に盛り込ませる。

 イ A 社への委託を取りやめる。

 ウ 納期遅れ時には A 社が遅延損害金を支払う契約を締結する。

 エ 納期遅れ時の対策費用をあらかじめプロジェクトに計上しておく。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年秋問42

 ア A 社に過去の納期遅延の原因分析とそれに基づく予防策を今回の開発計画

  に盛り込ませる。

> http://itsiken.com/28A_L1/28A_L1_42.html

>

> ア A社に過去の納期遅延の原因分析とそれに基づく予防策を今回の開発計画に

>   盛り込ませるのは、軽減です。

> イ A社への委託を取りやめるのは、回避です。

> ウ 納期遅れ時にはA社が遅延損害金を支払う契約を締結するのは、転嫁です。

> エ 納期遅れ時の対策費用をあらかじめプロジェクトに計上しておくのは、

>   受容(保有)です。

>

> リスクマネジメント(risk management)

> 発生(顕在化)する恐れのあるリスクを把握、特定し、そのリスクの発生頻度と

> 影響度から評価を行い、対策を講じることです。

> 対策には

> ・移転:リスクが発生した場合の責任所在を他者に移す。

> ・回避:リスクのある事業から撤退する。

> ・低減:リスクが発生しても被害が少なくなるような対策を取る。

> ・保有:何もせず、発生したリスクを受け入れる。

> があります。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_aki/q42.html

 どうもありがとうございます。