2017年10月4日宿題解説

2017年10月4日宿題解説

[]

 IP ネットワークのルーティングプロトコルの一つであるBGP-4の説明として,

適切なものはどれか。ここで,自律システムとは,単一のルーティングポリシに

よって管理されるネットワークを示す。

 ア 経由するルータの台数に従って最短経路を動的に決定する。サブネットマスク

  の情報を通知できないなどの理由で,大規模なネットワークに適用しにくい。

 イ 自律システム間を接続するルーティングプロトコルとして規定され,経路

  が変化したときだけ,その差分を送信する。

 ウ 自律システム内で使用され,距離ベクトルとリンクステートの両アルゴリズム

  を採用したルーティングプロトコルである。

 エ ネットワークをエリアと呼ぶ小さな単位に分割し,エリア間をバックボーン

  で結ぶ形態を採り,伝送路の帯域幅をパラメタとして組み込むことができる。

キーワード

■解答■

  ネットワークスペシャリスト午前2平成25年問06

 イ 自律システム間を接続するルーティングプロトコルとして規定され,経路

  が変化したときだけ,その差分を送信する。

> https://itsiken.com/25A_L4/25A_L4NW_06.html

>

> ア RIP(Routing Information Protocol)の説明です。

> イ BGP-4の説明です。

> ウ EIGRP(Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)の説明です。

> エ OSPF(Open Shortest Path First)の説明です。

>

> BGP(Border Gateway Protocol)

> AS間の接続(経路)情報ルータ間で交換するためのプロトコルです。

> BGPではルータ間の通信の信頼性を上げるため、TCPが使用されています。

>

> AS(Autonomous System、自律システム)

> インターネットに接続する特定のルーティングポリシ配下にあるIPネットワーク

> やルータの集合のことです。

> ASにはIPアドレスとともに番号が割り当てられていて、このAS番号は

> インターネット上において各ネットワークを認識するために利用されています。

 どうもありがとうございます。

> BGPとは

> https://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No35/0800.html

>

> BGPは経路制御プロトコルです。問題文「イ」には、経路」と記載ありますので、

> 回答を「イ」にするのですが。

 どうもありがとうございます。

> http://www.nw-siken.com/kakomon/25_aki/am2_6.html

 どうもありがとうございます。

> https://www.alaxala.com/jp/techinfo/archive/manual/AX7800S/HTML/10_10_/APGUIDE/0255.HTM

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

 マーケットバスケット分析を説明したものはどれか。

 ア POS システムなどで収集した販売情報から,顧客が買物をした購入商品の

  組合せを分析する。

 イ 網の目状に一定の経線と緯線で区切った地域に対して,人口,購買力など

  様々なデータを集計し,より細かく地域の分析を行う。

 ウ 一定の目的で地域を幾つかに分割し,各地域にオピニオンリーダを選んで

  反復調査を行い,地域の傾向や実態を把握する。

 エ 商品ごとの販売金額又は粗利益額を高い順に並べ,その累積比率から商品

  を三つのランクに分けて商品分析を行い,売れ筋商品を把握する。

キーワード

■解答■

  ITストラテジスト午前2平成27年問11

 ア POS システムなどで収集した販売情報から,顧客が買物をした購入商品の

  組合せを分析する。

> https://itsiken.com/27A_L4/27A_L4ST_11.html

>

> ア マーケットバスケット分析の説明です。

> イ マーケティングの地域メッシュ統計の説明です。

> ウ マーケティングの地域分析の説明です。

> エ ABC分析の説明です。

>

> マーケットバスケット分析(market basket analysis)

> データの関連性を調べるデータマイニング(data mining)の分析手法の一つで、

> POSデータなどの売買データから一緒に買われる商品の組合せを探すことです。

> 小売業ではマーケットバスケット分析を行い見つかった、一緒に買われる商品を

> 並べて陳列するなどを行います。

 どうもありがとうございます。

> マーケットバスケット分析とは、データマイニングの利用法の1つで、

> POSデータやECサイトのトランザクション(取引)データを分析して、

> “一緒に買われる商品”の組み合わせを発見する探索的データ分析のこと。

> http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0504/18/news087.html

>

> 上記より、POS システムなどで収集した販売情報からから、

> 解答はアです。

>

> 参考

> https://www.gixo.jp/blog/3919/

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

Which of the following is a database design that consists of multiple

tables, with rows and columns that are linked together through matching

data stored in each table?

a) Hierarchical database

b) Network database

c) Object-oriented database

d) Relational database

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Apr 2017 Q27.

d) Relational database

> Relational database

> リレーショナルデータベースとは、データベースの構造の一つで、

> 一件のデータを複数の属性の値の組として表現し、組を列挙することで

> データを格納していく方式。属性を列、組を行とする表(テーブル)の形で

> 示されることが多い。最も普及している方式で、単にデータベースといった

> 場合はリレーショナルデータベースであることが多い。

> http://e-words.jp/w/%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC

> %E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF

> %E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9.html

>

> I think the answer is d).

 どうもありがとうございます。

Google 翻訳(一部訂正)

 次に示すのは、複数のテーブルで構成され、各テーブルに格納された一致する

データを介してリンクされた行と列を持つデータベース設計ですか?

 a)階層型データベース

 b)ネットワークデータベース

 c)オブジェクト指向データベース

 d)リレーショナルデータベース

------------------------------------------------------------------------

高度/English問題の解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

------------------------------------------------------------------------

[]

 次の表定義において,“在庫”表の製品番号に定義された参照制約によって拒否

される可能性のある操作はどれか。ここで,実線は主キーを,破線は外部キーを表す。

 在庫(在庫管理番号, 製品番号, 在庫量)

    ====== ――――

 製品(製品番号, 製品名, 型, 単価)

    ====

 ア “在庫”表の行削除

 イ “在庫”表の表削除

 ウ “在庫”表への行追加

 エ “製品”表への行追加

(斎藤注:主キーの実線,===,外部キーの破線は,―――― を使いました)

キーワード

■解答■

  高度共通午前1平成28年春問09

  応用情報技術者午前平成28年29

 ウ “在庫”表への行

> https://itsiken.com/28S_L3/28S_L3_29.html

>

> 参照制約が発生するのは外部キーで他の表と連携している表に行を追加した

> ときに外部キーの項目のデータが参照先にあるかどうかの場合と、

> 他の表から外部キーで参照されている表のデータを削除したときに

> 他の表が参照しているデータを削除するときです。

> 問題の“在庫”表と“製品”表では、“在庫”表が製品番号を外部キーとして

> “製品”表を参照しているので、“在庫”表への行追加(ウ)、“製品”表の

> 行削除の操作で参照制約の問題が発生する可能性があります。

>

> 参照制約

> データベースで表のレコードの追加や削除、変更を行うときは、他の表との

> 参照関係について確認する必要があります。

> 外部キーとして他の表のデータ項目を参照する場合、レコードの追加を行う

> ときは、外部キーが存在することを確認する必要があります。

> また、外部キーとして参照されている場合、削除や変更を行うときは、

> 参照している表に不整合が発生しないようにする必要があります。

 どうもありがとうございます。

> 在庫表は、「在庫管理番号」=「製品番号」となっている

> 在庫表の行を追加することは、製品表にない「製品番号」が追加となる

 どうもありがとうございます。

> 在庫表への行追加時は、製品登録されていない製品の追加する状況が想定され、

> 参照制約を逸脱する可能性あります。回答「ウ」にします。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/28_haru/q29.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 国の個人情報保護委員会が制定しだ特定個人情報の適正な取扱いに関する

ガイドライン(事業者編)”は,特定個人情報に関する安全管理措置を,

組織的安全管理措置,人的安全管理措置,物理的安全管理措置及び技術的安全管理措置

に分けて例示している。組織的安全管理措置に該当するものはどれか。

 ア 事務取扱担当者に対して,特定個人情報の適正な取扱いを知徹底するた

  めの教育を行う。

 イ 特定個人情報が記録された電子媒体を取扱区域の外へ持ち出す場合,容易に

  個人番号が判明しない措置を実施する。

 ウ 特定個人情報の取扱状況が分かる記録を保存する。

 エ 特定個人情報を取り扱う情報システムを,外部からの不正アクセスから保護

  する仕組みを導入し,適切に運用する。

キーワード

■解答■

  応用情報技術者午前平成28年秋問79

 ウ 特定個人情報の取扱状況が分かる記録を保存する。

> http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0508/03/news119_2.html

> ア⇒人的安全管理措置

> イ⇒物理的安全管理措置

> ウ⇒組織的安全管理措置

> エ⇒技術的安全管理措置

 どうもありがとうございます。

> https://itsiken.com/s/28A_L3/28A_L3_79.html

>

> ア 事務取扱担当者に対して、特定個人情報の適正な取扱いを知徹底する

>   ための教育を行うのは、組織的安全管理措置です。

> イ 特定個人情報が記録された電子媒体を取扱区域の外へ持ち出す場合、

>   容易に個人番号が判明しない措置を実施するのは、物理的安全管理措置

>   です。

> ウ 特定個人情報の取扱状況が分かる記録を保存するのは、

>   組織的安全管理措置です。

> エ 特定個人情報を取り扱う情報システムを、外部からの不正アクセスから

>   保護する仕組みを導入し、適切に運用するのは、技術的安全管理措置です。

>

> 個人情報保護委員会

> 個人情報の保護に関する法律に基づき設置された合議制の機関です。

> その使命は、独立した専門的見地から、個人情報の適正かつ効果的な活用が

> 新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資する

> ものであることその他の個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を

> 保護するため、個人情報の適正な取扱いの確保を図ることです。

 どうもありがとうございます。

> http://www.ap-siken.com/kakomon/28_aki/q79.html

> ア:人的

> イ:物理的

> エ:技術的

 どうもありがとうございます。

> 組織的安全管理措置とは、

> http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0508/03/news119_2.html

>

> 上記より、特定個人情報の取扱状況が分かる記録を保存から

> 解答はウです。

>

> 参考

> https://keiei.freee.co.jp/2015/05/06/anzenkanrisochi_mynumber/

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 要件定義後の外部設計内部設計,プログラミング,結合テスト,システムテスト

を行う開発プロジェクトにおいて,生産性を規模÷工数で表すものとする。

ログラミングの生産性を 1 とした場合の内部設計と結合テストの生産性は 2,

外部設計システムテストの生産性は 4 である。外部設計に 1 人月を要するとき,

プロジェクト全体の工数は何人月必要か。

 ア 5

 イ 7

 ウ 10

 エ 13

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成27年秋問44

 ウ 10

> 外部設計に関する条件、1人月、生産性4 を、式「生産性を規模÷工数」に代入

> し、規模を求める、規模=4

>

> 規模=4をもとに、各工程生産性を求める。

> 外部設計    1

> 内部設計    4÷2=2

> プログラミング 4÷1=4

> 結合テスト   4÷2=2

> システムテスト 4÷4=1

> --------------------------

> 合計 10人月

>

> 回答 ウ

 どうもありがとうございます。

> 外部設計の生産性が4で工数が1人月かかるということは、

> 内部設計⇒2人月(外部設計の生産性の半分=外部設計の2倍かかる)

> プログラミング⇒4人月(外部設計の生産性の4分の1=外部設計の4倍かかる)

> 結合テスト⇒2人月(内部設計と同じ)

> システムテスト⇒1人月(外部設計と生産性が同じ=1人月)

> 従ってプロジェクト全体の工数は10人月

 どうもありがとうございます。

> https://itsiken.com/27A_L1/27A_L1_44.html

>

> 生産性=規模÷工数 ⇒ 工数=規模÷生産性

> ・外部設計の生産性 4、工数 1人月 ⇒ 規模 4

> ・内部設計の生産性 2、工数 4/2 = 2人月

> ・プログラミングの生産性 1、工数 4/1 = 4人月

> ・結合テストの生産性 2、工数 4/2 = 2人月

> ・システムテストの生産性 4、工数 4/4 = 1人月

> よって、全体の工数は、1 + 2 + 4 + 2 + 1 = 10人月

> これより、正解は「ウ」です。

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/27_aki/q44.html

> 問題文を丁寧に読み込めば正解できる問題だと気がついた。

 どうもありがとうございます。