2017年1月12日宿題解説

2017年1月12日宿題解説

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 関係代数における直積に関する記述として,適切なものはどれか。

 ア ある属性の値に条件を付加し,その条件を満たす全てのダブルの集合で

  ある。

 イ ある一つの関係の指定された属性だけを残して,他の属性を取り去って

  得られる属性の集合である。

 ウ ニつの関係における,あらかじめ指定されている二つの属性の2項関係

  を満たす全てのダブルの組合せの集合である。

 エ ニつの関係における,それぞれのダブルの全ての組合せの集合である。

キーワード

■解答■

  データベーススペシャリスト午前2平成28年問12

 エ ニつの関係における,それぞれのダブルの全ての組合せの集合である。

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/SW_20S_AM/SW_20S_AM_64.html

>

> ア 関係代数の“制限(選択)”の説明です。

> イ 関係代数の“差”の説明です。

> ウ 関係代数の“結合”の説明です。

> エ 関係代数の“直積”の説明です。

>

> 関係代数

> 関係データベースにおいて、集合論などによって関係のあるデータを扱うための

> 代数的な演算です。

> 関係代数の主な演算子としては、和、差、交わり、直積、制限、射影、結合、商

> の8種類があります。

 どうもありがとうございます。

> 直積とは、二つの積のすべての組み合せのこと。

> http://www.cs.reitaku-u.ac.jp/infosci/rdb/rdb02.html

>

> 上記より,解答は,エです。

>

> 参考

> http://relationalmodel.first-database.com/cartesian_product.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.db-siken.com/kakomon/28_haru/am2_12.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 社員が週に 40 時間働くソフトウェア会社がある。この会社が,1 人で開発す

ると 440 人時のプログラム開発を引き受けた。開発コストを次の条件で見積も

るとき,10 人のチームで開発する場合のコストは,1 人で開発する場合の約何倍

になるか。

[条件]

 (1) 10 人のチームでは,コミュニケーションをとるための工数が余分に発生す

   る。

 (2) コミュニケーションはチームのメンバが総当たりでとり,その工数は 2 人 1 組

   の組合せごとに週当たり 4 人時( 1 人につき 2 時間)である。

 (3) 社員の週当たりのコストは社員間で差がない。

 (4) (1)~(3) 以外の条件は無視できる。

 ア 1.2

 イ 1.5

 ウ 1.8

 エ 2.1

キーワード

■解答■

  プロジェクトマネージャ午前2平成28年問10

 ウ 1.8

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/24S_L4/24S_L4PM_06.html

>

> コミュニケーションをとるための2人1組の数 10C2 = 45

> コミュニケーションに必要な時間 45×4 = 180 人時(1人当たり18時間)

> 1週間当たりの労働時間 40 - 18 = 22 時間

> チームで作業を行った時のコスト 40/22 = 1.818…≒1.8 倍

>

> これより、正解は「ウ」です。

 どうもありがとうございます。

> ごめんなさい。当てずっぽうで選択しました。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

(出題お休み)

------------------------------------------------------------------------

[]

 定義すべき要件を業務要件とシステム要件に分けたとき,業務要件に当たるも

のはどれか。

 ア オンラインシステムの稼働率は99%以上とする。

 イ 情報漏えいを防ぐために,ネットワークを介して授受するデータ暗号

  する。

 ウ 操作性向上のために,画面表示にはWebブラウザを使用する。

 エ 物流コストを削減するために出庫作業の自動化率を高める。

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年秋問04

 エ 物流コストを削減するために出庫作業の自動化率を高める。

> 機能要件と非機能要件と呼んだりします。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28A_L1/28A_L1_04.html

>

> ア オンラインシステムの稼働率は、システム要件です。

> イ 情報漏えいを防ぐために、ネットワークを介して授受するデータ

>   暗号化するのは、システム要件です。

> ウ 操作性向上のために、画面表示にはWebブラウザを使用するのは、

>   システム要件です。

> エ 物流コストを削減するために出庫作業の自動化率を高めるのは、

>   業務要件です。

>

> 要件定義

> システムソフトウェアを開発するときに、開発依頼元が求める機能や性能を

> 明確にし、開発依頼元と開発者間で合意することが目的です。

> 要件定義を作成するためには、システムの概要などが書かれた文書が

> インプットになる。

> また、要件定義では現状の業務の調査をしっかりと行うことが必要である。

 どうもありがとうございます。

> 業務要件とは、システム開発やソフトウェア開発の初期の工程で、

> システム化の対象となる業務の流れを明確化したもの。

> http://e-words.jp/w/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E8%A6%81%E4%BB%B6.html

>

> 上記より、出庫作業の自動化率を高めるが正しいです。

> 解答はエです。

>

> 参考

> http://process-design-eng.com/contents/general/post-29.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_aki/q4.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 8 ビットのビット列の下位 4 ビットが変化しない操作はどれか。

 ア 16 進表記 0F のビット列との排他的論理和をとる。

 イ 16 進表記 0F のビット列との否定論理積をとる。

 ウ 16 進表記 0F のビット列との論理積をとる。

 エ 16 進表記 0F のビット列との論理和をとる。

キーワード■ 

■解答■

  基本情報技術者午前平成28年秋問01

 ウ 16 進表記 0F のビット列との論理積をとる。

> 理論積 → 両方が1であれば「1」

>       それ以外は「0」

>

> 16進数0Fを2進数表記に直すと → 0000 1111

> 下位ビットに「0」でも「1」でも同じ結果となる

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/s/28A_L2/28A_L2_01.html

>

> 1101 1001 を例にとって演算してみます。

> 0F = 0000 1111

>

> ア  1101 1001 イ  1101 1001

> XOR) 0000 1111       NAND) 0000 1111

> ----------------- ------------------

> 1101 0110 1111 0110

>

> ウ  1101 1001 エ    1101 1001

> AND) 0000 1111 OR) 0000 1111

> ----------------- ------------------

> 0000 1001 1101 1111

>

> これより、正解は「ウ」です。

 どうもありがとうございます。

> 下位 4 ビットが変化しない操作は、0F のビット列との

> 論理積です。

>

> よって、解答はウです。

>

> 参考

> http://d.hatena.ne.jp/m-tokunaga/20101021/1287648304

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/28_aki/q1.html

> なんだか難しかった。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 地球規模の環境シミュレーションや遺伝子解析などに使われており,大量の計算

を超高速で処理する目的で開発されたコンピュータはどれか。

 ア 仮想コンピュータ

 イ スーパコンピュータ

 ウ 汎用コンピュータ

 エ マイクロコンピュータ

キーワード

■解答■

  ITパスポート平成28年秋問69

 イ スーパコンピュータ

> http://itsiken.com/28A_L1/28A_L1_69.html

>

> 地球規模の環境シミュレーションや遺伝子解析などに使われており、

> 大量の計算を超高速で処理する目的で開発されたコンピュータは

> スーパコンピュータ(イ)です。

> スーパコンピュータには、日本の東京工業大学のTSUBAMEや理化学研究所の京、

> 中国NUDTの天河、アメリカ合衆国オークリッジ国立研究所のタイタンなどが

> あります。

>

> スーパコンピュータ(super computer)

> 大規模な科学技術計算を行うための超高性能コンピュータのことです。

> (気象予測シミュレーション、自動車などの構造(空力・強度)解析、チェス・

> 将棋などゲームの対戦、など)

> 技術的には複数個のCPUを並列して動作させることで、処理速度の向上を

> 図っています。

 どうもありがとうございます。

> 大量の計算を超高速で処理する目的で開発されたコンピュータは

> スーパーコンピュータです。

>

> スーパーコンピュータとは,大規模な科学技術計算に用いられる

> 超高性能コンピュータ。

> http://e-words.jp/w/E382B9E383BCE38391E383BCE382B3E383B3E38394E383A5E383BCE382BF.html

>

> 上記より,解答はイ,です。

>

> 参考

> http://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/k/column/

 どうもありがとうございます。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_aki/q69.html


 どうもありがとうございます。