2016年12月14日宿題解説

2016年12月14日宿題解説

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 SQL で用いるカーソルの説明のうち,適切なものはどれか。

 ア COBOL,C などの親言内では使用できない。

 イ 埋込み型 SQL において使用し,会話型 SQL では使用できない。

 ウ カーソルは検索用にだけ使用可能で,更新用には使用できない。

 エ 検索処理の結果集合が単一行となる場合の機能で,複数行の結果集合は処理

  できない。

キーワード■ カーソル

■解答■

  データベーススペシャリスト午前2平成25年問08

 イ 埋込み型 SQL において使用し,会話型 SQL では使用できない。

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/25S_L4/25S_L4DB_08.html

>

> ア カーソルは、COBOL、Cなどの親言内から使用できます。

> イ カーソルは、埋込み型SQLにおいて使用し、会話型SQLでは使用できません。

> ウ カーソルは、検索用と更新用で使用できます。

> エ カーソルは、検索処理の結果集合が複数行でも処理できます。

>

> カーソル

> カーソルとは、データテーブルから取り出した結果集合を一時的に蓄えておく

> ための仮想的な作業領域のことです。

> カーソルを使用するときの手順は次のようになります。

> 1. カーソルの宣言

> 2. カーソルを開く

> 3. 一行ごとにデータを取り出す(ループ処理)

> 4. カーソルを閉じる

 どうもありがとうございます。

> SQLで用いるカーソルについて

> http://www.techscore.com/tech/sql/SQL12/12_02.html/

>

> 上記より会話型SQLでは使用できないが適切です。

> よって、解答は,イです。

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]高度向け

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

 IS0 21500 によれば,プロジェクトガバナンスを維持する責任は誰にあるか。

 ア プロジェクトの管理面でプロジェクトマネージヤを支援する

  プロジェクトマネジメントチーム

 イ プロジェクトの立上げから終結までのプロセスを指揮する

  プロジェクトマネージヤ

 ウ プロジェクトの要求事項を明確にし,プロジェクトの成果を享受する顧客

 エ プロジェクトを承認して経営的判断を下すプロジェクトスポンサ,又は

  上級経営レベルでの指導をするプロジェクト運営委員会

キーワード

■解答■

  プロジェクトマネージャ午前2平成27年問01

 エ プロジェクトを承認して経営的判断を下すプロジェクトスポンサ,又は

  上級経営レベルでの指導をするプロジェクト運営委員会

> http://itsiken.com/27S_L4/27S_L4PM_01.html

>

> プロジェクトガバナンス(project governance)は、プロジェクトに関連する

> リスクを組織的にモニタリングしながら、組織の目的に沿うように

> プロジェクトをあるべき方向へ導くための組織的な枠組みのことです。

> したがって、プロジェクトガバナンスを維持する責任はプロジェクトを承認して

> 経営判断を下すプロジェクトスポンサ、又は上級経営レベルでの指導をする

> プロジェクト運営委員会(エ)になります。

>

> ISO 21500

> 「プロジェクト管理の標準化」の国際規格で、立上げ、計画、実行、

> コントロール、終結の5つのプロセスと、統合、ステークホルダ、スコープ、

> 資源、時間、コスト、リスク、品質、調達、コミュニケーションの10個の

> サブジェクトグループからなる、39のプロセスを定義し、それぞれについて

> 標準化を行っています。

 どうもありがとうございます。

> プロジェクトガバナンス

> http://d.hatena.ne.jp/asakichy/20130917/1379368976

>

> 上記より解答は,アです。

>

> 参考

> http://www.ipa.go.jp/files/000009789.pdf

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

解説はプレミア版 http://www.mag2.com/m/P0006047.html

Which of the following is an appropriate explanation concerning a memory

leak?

a) An increase in the number of applications executed concurrently causes

excessive paging, and results in an extreme reduction of throughput.

b) In the system with a restriction on the size of memory allocated to

the running programs, each program module is loaded into main memory

only when needed.

c) Part of main memory occupied during application execution is not

released because of a bug of the application or OS, and the usable

space of main memory decreases.

d) The total amount of free space available in main memory is sufficient,

but no space can be used for loading a large program because of

noncontiguous memory blocks.

キーワード■ memory leakメモリリーク

■解答■

Fundamental IT Engineer Examination (Morning) Oct 2014 Q18.

c) Part of main memory occupied during application execution is not

released because of a bug of the application or OS, and the usable

space of main memory decreases.

Google 翻訳

メモリリークに関する適切な説明はどれですか?

a)同時に実行されるアプリケーションの数が増加すると、ページングが過剰になり、スループットが極端に低下します。

b)実行中のプログラムに割り当てられたメモリのサイズに制限があるシステムでは、必要に応じて各プログラムモジュールがメインメモリにロードされます。

c)アプリケーションやOSバグにより、アプリケーションの実行中に占有されていたメインメモリの一部が解放されず、メインメモリの使用可能領域が減少する。

d)メイン・メモリで使用可能な空き領域の合計量は十分ですが、連続していないメモリブロックのために大きなプログラムをロードするための領域は使用できません。

> memory leak(メモリリーク)

> メモリリーク (Memory leak) とは、プログラミングにおけるバグの一種。

> プログラムが確保したメモリの一部、または全部を解放するのを忘れ、

> 確保したままになってしまうことを言う。プログラマによる単純なミスや

> プログラムの論理的欠陥によって発生することが多い。

> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%AA

> %E3%83%BC%E3%82%AF

>

> I think the answer is c).

 どうもありがとうございます。

> メモリリークに関する説明で適切なものは、次のうちどれか?

>

> I think the answer is c)

>

> 参考

> http://e-words.jp/w/%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 ITIL によれば,サービスデスク組織の特徴のうち,バーチャル・サービスデスク

のものはどれか。

 ア サービスデスク・スタッフは複数の地域に分散しているが,通信技術を利用す

  ることによって,利用者からは単一のサービスデスクのように見える。

 イ 専任のサービスデスク・スタッフは置かず,研究や開発,営業などの業務の

  担当者が兼任で運営する。

 ウ 費用対効果の向上やコミュニケーション効率の向上を目的として,

  サービスデスク・スタッフを単一又は少数の場所に集中させる。

 エ 利用者の拠点と同じ場所か,物理的に近い場所に存在している。

キーワード■ バーチャル・サービスデスク


■解答■

  基本情報技術者午前平成28年秋問55

 ア サービスデスク・スタッフは複数の地域に分散しているが,通信技術を利用す

  ることによって,利用者からは単一のサービスデスクのように見える。

> 日本語を話せる人は同じ時間帯に集中しているのでメッリトは少ないですが、

> 英語のようにあらゆる時間帯に話す人がいる言でサービスすれば

> 夜間勤務なしで24時間サービスが可能です。

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28A_L2/28A_L2_55.html

>

> バーチャル・サービスデスクは各地域に設置されたサービスデスクが連携する

> ことで、統合された1つのサービスデスクのように機能するものです。(ア)

> ワールドワイドな事業を行っている航空業界やインターネットショップでは、

> 時差を利用し24時間サービスの提供を容易に行うことが可能になります。

>

> サービスデスク

> 利用者の問い合わせなどに対応する機関(組織)であり、様々な問合せに対し、

> それを記録し、問題解決を行います。

> 利用者とサービス提供者間の唯一の窓口であり、顧客満足度の向上に

> 大きな影響があります。

> ITIL(Information Technology Infrastructure Library)のサービスサポート

> 中にプロセスとして定義されています。

 どうもありがとうございます。

> バーチャル・サービスデスクとは、インターネットの利用および

> 企業向けサポートツールによって、実際には複数の要員が複数の地域や

> 別部門に分散していても、単一の中央サービスデスクがあるかのような

> 印象を持たせる形態

> https://www.newton-consulting.co.jp/itilnavi/glossary/service_desk.html

>

> 上記より、解答はア,だと思います。

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/28_aki/q55.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 ファイルサーバについて、情報セキュリティにおける "可用性” を高めるた

めの管理策として、適切なものはどれか。

 ア ストレージを二重化し、耐障害性を向上させる。

 イ ディジタル証明書を利用し、利用者の本人確認を可能にする。

 ウ ファイルを暗号化し、情報漏えいを防ぐ。

 エ フォルダにアクセス権を設定し、部外者の不正アクセスを防止する。

キーワード■ 耐障害性,可用性

■解答

  情報セキュリティマネジメント午前平成28年秋問05

 ア ストレージを二重化し、耐障害性を向上させる。

> 情報セキュリティ 可用性

> 情報資産を必要な時に使用できること

> 例:電源対策、システムの二重化などの対策

>

> http://www.jnsa.org/ikusei/basis/02_02.html

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28A_SG/28A_SG_05.html

>

> ア ストレージを二重化し、耐障害性を向上させるのは、

>   可用性を高める対策です。

> イ ディジタル証明書を利用し、利用者の本人確認を可能にするのは、

>   機密性を高める対策です。

> ウ ファイルを暗号化し、情報漏えいを防ぐのは、機密性を高める対策です。

> エ フォルダにアクセス権を設定し、部外者の不正アクセスを防止するのは、

>   機密性を高める対策です。

>

> 可用性管理

> 可用性管理にはリアクティブな活動とプロアクティブな活動があります。

> ・リアクティブな活動

>   非可用性の原因を取り除くための活動

> ・プロアクティブな活動

>   将来の可用性を保証するための活動

 どうもありがとうございます。

> http://www.gtc.co.jp/glossary/cia.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.fe-siken.com/kakomon/28_aki/q55.html

 どうもありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

[]

 電子メールに関する説明のうち,適切なものはどれか。

 ア IMAP4 は,メールサーバ上で管理されている電子メールを閲覧するための

  プロトコルであり,PCとスマートフォンなど複数の端末で一つのメールアカウント

  を使用する場合は便利である。

 イ MIME は,電子メールを受信するプロトコルであり,受信したメッセージ

  PC などの端末上で管理される。

 ウ POP3 は,企業や学校に設置した特定のPCで電子メールを送信する場合に

  利用されるプロトコルである。

 エ SMTP は,電子メールテキスト以外のデータフォーマットを扱えるように

  するための仕組みである。

キーワード■ IMAP4

■解答■

  ITパスポート平成28年秋問85

 ア IMAP4 は,メールサーバ上で管理されている電子メールを閲覧するための

  プロトコルであり,PCとスマートフォンなど複数の端末で一つのメールアカウント

  を使用する場合は便利である。

> http://www.itpassportsiken.com/kakomon/28_aki/q85.html

> イ:POP3

> ウ:SMTP

> エ:MIME

 どうもありがとうございます。

> http://itsiken.com/28A_L1/28A_L1_85.html

>

> ア IMAP4は、メールサーバ上で管理されている電子メールを閲覧するための

>   プロトコルであり、PCとスマートフォンなど複数の端末で

>   一つのメールアカウントを使用する場合は便利です。

> イ MIMEは、電子メールテキスト以外のデータフォーマットを扱えるように

>   するための仕組みです。

> ウ POP3は、電子メールを受信するプロトコルであり、受信したメッセージ

>   PCなどの端末上で管理します。

> エ SMTPは、電子メールを送信したり、メールサーバ間で転送するための

>   プロトコルです。

>

> 電子メール

> 電子メールで使用されるプロトコルには

> ・クライアントからのメールの送信、メールサーバ間のメールの転送は、

>  SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)

> ・クライアントがメールサーバからメールを取り出すには、

>  POP3(Post Office Protocol 3)やIMAP(Internet Message Access Protocol)

> が使われている。

> また、テキスト以外のデータを送るには、MIME(Multipurpose Internet Mail

> Extensions)という規格がある。

 どうもありがとうございます。

> ア 正

> IMAP4とは

> http://atnetwork.info/tcpip2/tcpip235.html

> イ 誤 MIME は,電子メールを送信する場合には利用されません。

> MIMEとは

> http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0104/10/news002.html

> ウ 誤 POP3 によって,メールサーバから電子メールを取り出す

>     プロトコルです。

> POP3とは

> http://yamanjo.net/knowledge/internet/internet_14.html

> エ 誤 SMTP では,電子メールを配信する仕組みです。

> SMTPとは

> http://www.infraexpert.com/study/tcpip17.html

>

> 上記より解答は,アです。

>

> 参考

> http://www.sophia-it.com/content/IMAP4

> http://enterprisezine.jp/iti/detail/1451

 どうもありがとうございます。