高速解き

高速解き

問題文をじっくり読まずに解くやり方。

手順

  1. 問題とその設問をざっとみる。
  2. 問題に題名と副題*1を付ける,例:題:アルゴリズム,副題:マージソートプログラムのバク修正する。
  3. 設問をじっくり読み。問題を適当に高速に解く。
  4. 問題を理解してから解くという発想は捨てる。
  5. 答えはノートに書きだす。
  6. 目安時間は,5分から15分。本来その問題にかけることができる時間の半分の時間を目安。
  7. 答え合わせをする。50%の正答率であれば,かなりよい。
  8. 答え合わせの後,解説,問題をじっくり読み,理解する。
    • 実装,作図できる問題なら実際にやってみる。

秘伝あり

*1:副題とは,その問題を要約するような文にする