脆弱性

脆弱性

ぜいじゃくせい

vulnerability

 コンピューターシステムに存在する弱点や欠陥のこと。悪意を持ったユーザーによって、システムに不具合を起こしたり、重要なデータの破壊・改ざん・盗み出しができてしまったりするようなものを指す。主にソフトウエアのバグプログラム上の欠陥)を指して使われることが多い。

出典:「日経パソコン用語事典2009」

http://pc.nikkeibp.co.jp/word/page/10103710/ より

補足

 きじゃくせい,と呼ぶこともあるが,間違いとされている。しかし,「脆」は,形声文字で,音を決めるのは「奇」であるため,きじゃくせい,の読みはあながち間違いとはいえない。

 「脆」の漢字は,もともと,「奇」でなく,「ぜい」と呼ぶつくりであったが,誤用で,「脆」が定着した。常用漢字でない漢字のため,その誤用が正されなく,現在に至っている。

* はてなダイアリーキーワード:脆弱性