基本情報午前対策

基本情報午前対策

午前対策

  • 授業でフォロー

午後対策

休講

  • 7/3 休講 ← 通常授業をやることになりました。
  • 原則:学校のルールとは別に,「警報」が授業開始の2時間前に出ていたら,この授業は休講

出席はオンラインで行う

  • 授業が開始したらすぐに出席を登録すること

7/3

  • 演習:40分
  • 講義:補数,浮動小数点
    • コンピュータ信号を数値に置き換えたら,0から始まる正の整数
    • マイナスの数値を表す約束が,「2の補数」表現
      • 10進数で言うと,0000 から 1 小さい数は,9999 とするという約束。繰り上がる(補数)のに必要な数で,マイナスする。2進数の場合,「2の補数」の「2」とは,繰り上がるという意味。10進数なら,10の補数という。
    • 実数(小数点を含む数)を表す約束が,浮動小数点形式(IEEE 754)
      • 小数点が動くので,浮動小数点形式,という。
      • やり方がいろいろあり,IEEE で統一化。IEEE で決まってから,ISO で認定する。テストに出るのは,ここ20年ほどは,IEEE 754 のやり方。
    • π,虚数などは,標準化されていない。プログラムごとにだいたい決まっている。

6/26

  • 演習:40分
  • 講義:基数変換(進数変換)

基数変換

  • 2 進数,10 進数,16 進数といったときの,2, 10, 16 を基数(きすう)と呼ぶ
  • 人間には,10 進数が分かり易いが,コンピュータは,2 数数が都合がよい
    • 2 進数は,電気で簡単に表せる
    • 2 数数は,単純なことを高速に処理しやすい
    • 16 進数で表すと,人間とコンピュータに都合がよい
  • 進数の原理
    • 桁上り,桁下がり
  • 書けるようにしておく,暗記しておく
    • 10-2-16 進表?(1 から 16 まで書けるようにしておく)
    • 210 = 1024(約1000で,1000よりちょっと大きい)
    • 1010(2) = 10
    • F(16) = 15
    • FF(16) = 255
    • 256(=162, 28)
    • さらに,65536(=216) たまに使う。256*256 で計算してもよいが時間がかかる。
次回講義

6/19

6/12

6/5

5/29

5/22


5/15

基本情報技術者午前平成28年春 配布

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2016h28_1/2016h28h_fe_am_qs.pdf

  • 演習 40分:平成27年秋午前問51ー80 //試験は,平均 1.88 分/問,30問だと56.4分。

講義

講義

開発工程

用語がいろいろで,標準化されているとは言えない。

用語に振り回されるずに,以下のどこに属するかを見極める


ソフトウェア・ライフサイクル

5/8

  • 演習 30分:平成27年秋午前問31ー50 //試験は,平均 1.88 分/問,20問だと37分。
  • 講義 暗号方式(暗号と電子署名)
    • ○○方式,○○,と区別をする
    • 公開暗号方式(公開鍵,秘密鍵),共通鍵方式(共通鍵は,秘密)
    • 公開鍵と秘密鍵は,閉める鍵,開く鍵のペア
      • 閉める鍵を秘密に,開く鍵を公開すると,電子署名
      • 閉める鍵を公開に,開く鍵を秘密にする,暗号

暗号の例:学生から先生がいじめの報告のメールをもらう

先生が公開鍵を告知して,生徒がそれでメールに鍵をかけて,先生に送る。先生は,秘密鍵でそれを開いて読む。内容が第三者にもれないが,生徒のなりすましができる。

電子署名の例:あなたが,好きな人にラブレターを送る

あなたは,署名の公開鍵を公開しておく。メールに署名をつける。署名は,あなたの秘密鍵で署名する。

彼女は,あなたの公開鍵で,あなたからきたことを確認できる。ただし,メールの内容は第三者にもれる場合あり。

余談

  • 後読み 映画を見た後に原作(or小説化されたもの)を読むと,右脳訓練となる。映画の面白さも倍増す る。
    • 文字→イメージ 訓練
    • イメージを文字で再認識


5/1

基本情報技術者午前平成29年春問題配布,5部のみ。

春試験を受験された方を優先。

CPU の構造


4/24


 自然数 n に対して、次のように再帰的に定義される関数 f(n) を考える。f(5)の値はどれか。

 f(n):if n <= 1 then return 1 else return n + f (n - 1)

 ア 6

 イ 9

 ウ 15

 エ 25

■キーワード■

■解答■
  基本情報技術者午前平成27年秋問08

 ウ 15

5大機能

その他

プロトコル

ISO の OSI 7層

OSI参照モデルの構造(7階層で構成)

Unix の 4 層 //インターネット

  • アプリケーション
  • トランスポート(OSI 第4層に対応
  • インタネット (OSI 第3層に対応
  • リンク