イベント・ドリブン

イベント・ドリブン

プログラムを逐次処理でなく,イベントが発生したつど,それぞれの処理をするやりかた。

イベントは,発生源(イベントソース),それを処理するイベント処理(イベント・リスナ) で定義される。

イベント処理は,イベント発生時に,コールバックされるので,コールバック関数関数メソッド呼び出しを簡略化するために,デリゲートを使うため,デリゲート処理,イベントを処理するということで,イベント・ハンドラと呼ばれる。